泥酔亭の成り行き日記

o0300040014240949414北海道らしくない猛暑が数日間続いたと思ったら、もう朝晩涼しい風が吹いている。
しのぎやすいのはけっこうだがギャップの大きい分、体調を崩している人も多いようだ。
なんだか日の暮れるのも早くなってきている気がするし、マダムは盆前だというのに「もう秋だねぇ」なんてぼやいている。
あちこちでも花火大会や、夏のイベントが目白押しだ。
短い北海道の夏、いろいろと楽しまなきゃ。

で、初めて渡った壱岐の島
地図で見るとほんの小さな島だが、古代から大陸からの玄関口として重要な島らしく、「魏志倭人伝」にも一支国(いきこく、原文では一大国)として書かれている。
大陸からの使者を受け入れるだけの、大きなクニが栄えていたらしく、島のあちらこちらに古跡や大きな遺跡が点在している。
そして日本神道発祥の地といわれるように、大小様々な神社が千以上もあるという。
明日はレンタカーを借りて、行き当たりばったりでいくつかの神社を廻ってみようと思っている。
Tsushima_map

なんとなく懐かしい感じのする海岸を一時間ほど散歩しているうちに、日が傾いてきたので宿に戻ることにした。
来るときに通ったトンネルは暗くなると薄気味悪いので、滑走路を迂回するように海岸線を歩いて宿に戻った。
季節外れということもあるのか、今夜泊まっているのはわれわれ2人だけ。
長崎のスーパーで仕入れたおかずをつまみに、軽い晩酌。
昨夜の豪勢な宴と180度ちがう質素な夕食だ。
P_20180514_201423

で、食べ終わると何もすることがないので、早々とご就寝。
明日は日の昇る前に起きて、恒例の朝日遥拝および朝のお散歩の予定だ。
長崎散策から始まって、なかなかに中身の濃い一日だったので、2人ともあっというまに眠りに落ちた。
聞こえてくるのは波と風の音だけ・・・。
卑弥呼の時代に想いを馳せてGood Night・・・・。
P_20180514_182104_HDR

largeもう夏なんか来ないんじゃないかと思わせるような連日のぐずついた天気も、ある日を境に一気に猛暑に突入した。
まるで今までのもやもやを晴らすかのように、毎日とんでもない暑さが大暴れしている。
慣れる間もないうちに、一度に熱帯化してしまったもんだから、体の方もたまったもんじゃない。
うちは2人ともクーラーが苦手だが、客商売ともなるとそんなこともいってられない。
ってんで、クーラーをかけていたら案の定2人とも夏風邪をひいてしまった。
おかげさまでこじらせずに回復したが、この暑さ・・・いつまで続くことやら。
やっと体もなれた頃、短い秋のあとにまた長い冬が来るのか?
そんな猛暑にとてもパソコンに向かう気力もなかったが、今朝少し雨が降ったせいか、今日は時々風が吹いて過ごしやすい。
ってことで、どこまで書いたかわからなくなっていた、旅行記の続きでも・・・。

P_20180514_173319たしか長崎空港から小型機に乗って、壱岐の島を目指したところまで書いてたはずだ。
17:10発のOC45便は一瞬!!水平飛行したあと、すぐに着陸態勢に入り17:40には壱岐空港に着陸した。
想像以上に小さな壱岐空港を出て、今夜の宿へ向かう。
グーグルマップを当てに歩くこと15分、やっとペンション「かもめのとまり木」に到着。
ところが玄関のドアは開くが、いくら呼んでも誰も出てこない。
「御用の方はこちらへ」という電話番号も応答なし
いくら予約してあるとはいっても、まさか勝手に部屋に入るわけにも行かず、途方に暮れてしまった。
P_20180514_173433

そうしてかなり時間が経った頃、マダムが「声が聞こえる」といって、宿の裏の方へ向かった。
するとそこでは宿の夫婦らしい2人がのんびりとBBQをやっていた・・・。
奥さんらしき人はまるで何事もなかったように「ああ・・そういえば伊藤さん?」ってな感じで、部屋に案内してくれた。
いかにも「島」らしい対応といえばそうもいえるが、マダムが気付かなければどうなっていたことやら・・・。
kamo

部屋に荷物を置き、買ってきた飲み物などを冷蔵庫に入れ、ひとまず壱岐で一番きれいだという「大浜」に行くことにした。
宿のすぐそばなのだが、浜に行くには、滑走路の下をくぐらなければ行けない。
その薄暗いトンネルをおそるおそる歩いて、やっとのこと大浜へ出た。
南国の浜辺というより、日本昔話に出てくるような懐かしい風情の浜だ。
生ぬるい風も心地よく、岩に生えている松がこれまたいい味を出している。

宿のまわりには、ジュースの自販機がひとつあるだけで、商店の一軒もない。
散歩のあとはまちがいなく何もすることがないので、日が傾くまで浜を歩き回った。
さ、そろそろ宿に帰って、スーパーで買ったつまみで一杯飲んで寝るか!!
なんだかえらく長い一日だった・・・。
P_20180514_183808


P1090687ディランにおける今年の初夏の2大イベント遠藤ミチロウ、中村達也によるアコースティック・パンクユニット「Touch Me」、江戸落語の本流「柳家さん生落語会」
どちらも超満員の大盛況で幕をとじた。
TouchMeの方はコアなパンクファンが道内のあちこちから集まってくれたのに対して、柳家さん生の方は市内のお客さんがほとんどを占めた。

スターリンの4代目ドラムをつとめた中村達也の演奏は、前評判をはるかに超える強烈なもので、ミチロウさんとの魂を削るような瞬間瞬間には戦慄をおぼえるほどだった。
ミチロウさんも、あと数年で古希を迎えるとは思えないエネルギッシュなパフォーマンスを見せつけてくれた。
P1090688しかも数年前から「全身性エリテマトーデス」という難病に冒され、股関節が壊死しかけているというのに、それをまったく感じさせないライブだった。
30年以上もライブをやってきて、たくさんのライブを体験してきたが、この夜のライブは間違いなくベスト3に入るすばらしさだった。
もちろんお客さんにもそれは伝わり、熱狂と興奮の夜になった。

そして昭和の大名人五代目柳家小さんの流れをくむ本格派柳家さん生の落語会。
イベントが目白押しの芦別だったが、この日も超満員のにぎわい。
去年札幌のライブハウス「ファッジ」の原崎さんから紹介されて、今回で二回目
噺の中でも言っていたが、遊郭吉原では最初を初会、二度目を裏、三度以上からなじみという。
今回は吉原流に言えば「裏」にあたる。
Nさんが年に一度やっていた「三遊亭小円朝を聴く会」が一昨年十回を迎えて終了した。
まるでその跡を継ぐかのように持ちかけられた柳家さん生落語会。
37238826_1799859156757999_7293577414683131904_n

37299974_1802484533162128_6624975822740520960_n前座を務めたのは去年と同じ唄と三味線の原田一寿
飄々とした唄と三味線で開場を和ませてくれた。
今回さん生師匠が一席目に選んだのは「天狗裁き」
去年と違ってあまり長いまくらは振らず、すっと噺に入る。
亭主が見た夢の中身を女房、隣人、大家、お奉行に執拗に尋ねられる滑稽話だ。
どんどん話しが大きくなっていき、はてには天狗にまで問いつめられる始末。
途中から「ははぁ」と落ちがわかりかけてくるが、そこをテンポよく笑わせながら落ちまで持っていくのが噺家の力量だ。
小気味よくストンっと落としたあとは、中入りをはさんでの二席目は大ネタ「柳田格乃進」
お客さんたちは咳払いひとつせず、噺に入り込んでいた。

この落語会のいいところは、酒を飲みながら鑑賞できることだ。
蒸し暑い日だったのでビールもたくさん出たが、落語のせいかカップ酒も飛ぶように売れた
6時に始まった落語会も打ち上げがハネたのは、夜中の2時・・・。
次の日2人とも抜け殻のようだったのもいうまでもない。

ついでながら、片付けの最中腰をひねって現在も療養中である。
PB1-71

このページのトップヘ