泥酔亭の成り行き日記

yaku-blog-20181103-02なんでも還暦は厄年にあたるってんで、歳の初めに神社からお祓いのお知らせが届いていた。
が、厄年であろうとなかろうと、いろんなことは起こるし、なにか悪いことがあったからって厄年のせいにしてもなんにもならない。
いいことがあれば素直に喜び、悪いことがあったら全力で解決策を見つける。
中には自分の力じゃどうしようもないこともあるし、時間が経たなきゃどうしようもないこともある。
道産子なので吹雪やしばれのときは、過ぎ去るまでじたばたしないことが一番いいのはよく知っている。
風向きの悪いときは頭を下げてやり過ごすしか手はない。
ってなことで、お祓いには行かなかった。

imagesで、なにか悪いことが起きたかというと、今のところこれといって大したことは起きていない。
ただ数年前からぐらついていた奥歯が上下二本抜けてしまった。
今まで保っていたのが不思議なぐらいの歯だし、どちらも痛みも腫れもなく枯れるように抜けていった。
歯医者の先生曰く「みごと寿命を全うしたってことです」とのこと。
大きな歯なのに、抜けたあとは出血もなく傷口はすでに閉じていた。
先生も「めったにないことです」と首をかしげていた。
人生おしまいのときもこうありたいものだ。
歯は抜けるときには抜けるもんだし、厄年とは関係ないだろう。

で、ほかにはってぇと、このしばれるさなか、突然ストーブが故障した。
stove_title今まで何度か修理したときと同じ症状だが、運悪く連休で業者は休みときている。
これも二十年近く経つストーブなので、そろそろ寿命がきてもおかしくない。
東日本大震災のときに買っておいたポータブル・ストーブがこんなときに役に立った。
備えあればなんとやら。
これもただの故障だし、厄年とは関係ないだろう。

あとはといえば長年使っていた申告ソフトが突然入力できなくなった。
半日ほどかかっていろいろ調べたら、年号も変わるってんで、バージョンアップしなければいけない。
ってなことで、新しいソフトを購入して無事バージョンアップ終了。
ちょいと不都合なところがあるが、業者は連休で休みのため、問い合わせが出来ない。
これもただのバージョンアップ問題なので、厄年とは関係ない。

あとはこの頃鳴りをひそめていた持病の鼻炎がここ数日ひどくなって、薬がなかなか効きづらい。
これも厄年とは・・・。

あれ?もしかして、けっこう厄年を気にしてるんでないべか・・・。
お祓いも終わっちゃったしなぁ。

8303a6b9cbe616a6fd977008d57547a5_600

images今日は運転免許の更新時講習だ。
本当にひさしぶりの優良講習なので、三十分で済む。
いつやったんだか思い出せないぐらい昔の速度超過違反
その後二度ほど二時間の更新時講習をやっているから、六年以上前の違反のはずだ。
場所は市の単身者住宅の前、時間は夕方の四時半頃
あまりに古いので何キロの超過かも思い出せないが、たしか罰金は一万ちょっとだった。
免停にもならなかったから、それほどのスピードじゃなかったはずだけど、その前の違反(90日の免停 罰金六万円)がたたっていたようだ。
indexってことで、平成最後の年に晴れてゴールド免許
しかも今月で還暦を迎えるので、ダブルでめでたいような気分になる。
還暦祝いってことで、特別にレッド免許なんてのにしてくれないもんだべか。

そういや還暦ってなんで赤い色にこだわるんだべか?
干支がひとまわりして生まれた年の干支と同じ(今年は己亥)になるから、もう一度赤ちゃんからやり直せってこと?
ファーストフード業界では「赤は時間を早く感じさせる色」として、内装などに取り入れているそうだ。
還暦祝いに時間を早く感じさせる色を贈るって、なんだか「あとがつかえてますから、早くご退場願います」っていわれてるみたい。
んなわけでもないだろうけど、情熱の色ともいわれているから、歳を取ってもますますお達者で!!ってことだべかね。
dda269f4a255f00ced688c35914591c588134b6c_large

ま、人生初の還暦なんでどんな変化があるかわからないけど、その日を境にいきなり老人になるわけでもない。
ちょうどその日二月十六日は、毎年恒例の「全国の地酒を楽しむ会」と重なっている。
Sさんから贈られた赤いTシャツを着て、しぼりたての新酒を味わおうと楽しみにしている。

そういや免許証の「○○何年まで有効」ってところの元号ってやっぱり「平成」なんだべか?

e3167b7d56b04fea964dc974d9c772d1

(ちがうみたい・・・。)



AS20170216001723_commあちらこちらでインフルエンザが大流行している。
今年こそはひかないようにとマダムに促されるまま、手洗いやうがいに日々励んでいた。
しかし一月も半ばを過ぎた頃、日頃の飲酒の報いか、はたまたカラオケでのシャウトのせいか、朝起きたら鼻の奥と喉が痛い。
ふだんからアレルギー性鼻炎なので鼻水は仕方ないとしても、しつこい咳もでる。
風邪のはじめは「葛根湯」!! これ世間の常識。
ってんで、さっそく服用して水分をたくさん取り、布団に潜り込んだ。

ここ数年市販の風邪薬の服用で、深刻な副作用に悩まされた人の話しをテレビなどでみかける。
なもんで、わが家ではかかりつけの病院で漢方薬を出してもらっている。
鼻水や乾いた咳には「小青龍湯」、節々の痛む風邪には「麻黄湯」や「大防風湯」
症状に合わせて飲んでいる。
今回はそれ以上悪化しなかったし熱もでないので、インフルエンザではなかったようだ。
で、仕事をしながら(酒を飲みながら)気楽に療治していた。
sns

が、しかし23日(水)店に出る直前にマダムが頭痛を訴えた。
で、検温してみたところ38度を超えていた。
頭痛はするわ、寒気はするわ、節々は痛いわで、どうにもインフルエンザらしい。
ウイルスをまき散らかしてはいけないってんで、即臨時休業
葛根湯を飲んで、翌日かかりつけの病院で検査したところ、検査には出ていないが症状がインフルエンザっぽいので、人前には出ない方がいいという診断だった。

20150813-00010001-fumfum-000-1-viewでもって、1/27(日)まで外出禁止・・・・および接見禁止。
とうぜんディランも臨時休業。
突然一週間近い休みが出来ても、家から出ることも出来ないんじゃなんにも嬉しくない。
旧暦に出す年賀状を書いたり、二月の「日本酒の会」のはがきを出したり、店内のワックスがけをしたりとなんとか時間をつぶしている。
飲みにでも出ようかと思ったが、症状は軽くても一応病人のマダムを置いていくのも冥利が悪い。

まわりでもインフルエンザだけではなく、ふつうの風邪も流行っているみたいだ。
そういや還暦って厄年あつかいになるらしい。
誕生日まで大丈夫か・・俺?
header

※マダムは次の日から、ほんとにインフルエンザだったのかと疑うほど元気ですのでご心配なく。
P1030580

このページのトップヘ