泥酔亭の成り行き日記

ふと気がつくと今年も、はや半年が過ぎようとしている。
しかも最後にブログを書いてから、一週間以上も経っている。
歳をとったら時間の過ぎるのが早く感じるのはなんでだべ?
なにも書くことがなくて一週間もブログを書かなかったわけではなく、書きたいことは山ほどあったがパソコンに向かう時間がまったくなかった。

yagi1102たとえば八木のぶお&関ヒトシ・ライブは昼間の「永昌寺 釈尊生誕記念 飛び込み無料ライブ」も本番の夜のライブも含めて、書きだせばキリがないほどのエピソード満載の一日だった。

密かに楽しみにしていた富良野クラシックカー・フェスティバルも、保健所の検査が近いため、26日は一日いっぱい大そうじ。
小人閑居してなんとやら・・、忙しくしていればいかに小人といえども不善を為すひまもない。

そんな忙しい毎日でも、気になるのはやはり原発を含めた東日本大震災のこと。
権力の亡者の居座り総理を始めとして、原発再会の説明行脚に歩く亡国経産大臣。
おまけに自民党の谷垣代表も、原発再開せよとのたまう始末。
無能な民主党にもうんざりだが、利権絡みで原発をバガスカ日本中におっ建ててきた自民党にもこれからの復興は任せられない。
いっそ暴動でも起こしたろか?と、不穏な考えも湧いてくる今日この頃だ。

shimiおまけに騒動の当事者である東電には反省の色などまったく見られない。
このたび社長をお辞めになる清水正孝さまなどは、退職金5億円、顧問としての年収は9千万円が毎年懐に入れられるご様子。
つまり退職なされたあとも顧問として月給750万円、月20日勤務として日給37万5千円という高給で厚遇されるわけだ。
電力屋稼業はやめられまへんな。

もちろん未だ解決の糸口も見つからない原発のことを思えば、その大部分を被災地に寄付されることであろうが、それにしてもいいご身分であらせられる。
それも全部電気料金に跳ね返ってくるってんだから、国民もいい面の皮である。

そんな中、山口県知事が上関原発の埋立工事の延長を認めないといううれしいニュースも飛び込んできた。
高橋はるみ北海道知事も、プルサーマルに疑問の声を上げ始めている。
ぜひこの流れを全国に広めたいものだ。

このあいだの計画停電は捏造だったこともはっきりしたというのに、またつい先日も電力の使用量がピーク時の90%まで迫ったなどといって、それも捏造だったことをすっぱ抜かれた。
マスコミを抱き込んでさえいれば、情報操作など造作はないと思っているようだが、今のところ国民にはインターネットというツールがある。
見え見えの情報操作など、すぐに見破られるのが関の山だ。

まだまだ書きたいことは山ほどあるが、本日はコレぐらいにしておかないと、また頭に血が登ってねらんなくなっちゃう。
こんなとき人生幸朗が生きていてくれたらなぁ。
508085

前回のサンタラの時、打ち上げの料理を写真に撮っておいたおかげで、次回の時の盛り付けなどの参考になってとても便利だ。
で、今回も撮っておくことにした。
まず
IMG_1460
煮玉子、ブロッコリー、オクラなどを載せたラーメン・サラダ
IMG_1462
冬の定番、おでん
なに?今は冬じゃない?
いいんだよ北海道はいつも冬で!
IMG_1464
アスパラとエビのハーブソルト炒め
IMG_1467
マダムお得意、山芋のめんつゆ漬け
IMG_1468
これまたマダム特製、三つ葉のゆずポン酢和え
IMG_1465
りっぱな椎茸を頂いたので椎茸とニラのゴーヤチャンプル
IMG_1469
天然のタケノコをいただいたので、立派な椎茸などと一緒に煮てみました(マダムが)
関さんは夕張出身の生粋の道産子だけど、八木さんは内地の人なので
山菜やアスパラなど、季節のものを取り入れ、年齢的なことも考えて肉類は少なくしました。

さ、これから八木さんと関さんを連れて、永昌寺の「地蔵祭り」へレッツラゴー。
なんでも100人近いお年寄りが待ちかまえているとか・・・。
どんな曲を聴かせてくれるのか楽しみです。


こないだ・・・といっても、神楽岡公園を散歩した時だから一ヶ月ぐらい前。
ついでに旭川の買物公園を歩いていたら、不思議な車を見つけた。
どっか外国の車だべか?・・と、よくみるとHONDAと書いてある。
新しく発売したにしては、ほとんど見かけない。
とりあえず写真だけはとっておいた。
kurumaその後、写真を整理してたらまた気になりだしたので調べてみることにした。

まずはHONDAのHP。
まったく載っていない。
手がかりのHONDAをたどって色々検索すること一時間。
やっと見つけました!

こやつは昭和45年11月ホンダ発売された「バモス・ホンダ」というシロモノだった

TN360トラックをベースに、2人乗、4人乗のスペースを幌で覆った、「バモス2」「バモス4」。そして荷台までも幌で覆う「バモスフル幌」の3タイプがあったという。

昭和45年ってえと吾輩は、おん歳九歳か。
この仕様じゃ北海道の冬は辛いだろうから、見かけなかったのも無理はない。

このページに詳しいことは書いてあるが、48年にはめでたく販売中止になったという。
この時代の自動車メーカーって(バイクメーカーも)かなり独創的なことをやっていたんだなぁ。
ついでにこのページでは愛知県での旧車イベントの様子が書かれている。
なんとも個性的なツラ構えの車ばかり。
kuruma2

その中にはバモスの白バージョンまであった。
となり町の赤平市では、かなり大規模なクラシックカー・フェスティバルがある(中止になったとも聞いたけどまだやってるんだべか?)。

今まであんまり興味のなかったクラシックカーたけど、なんだか少し興味が湧いてきた。
これも歳をとったってことだべか。

富良野でも
6月26日(日)クラシックカーミーティングってのが開催される。
場所:ワインハウス下ぶどうが丘公園駐車場ってことだ。
時間:AM9時~PM3時。

ぶらっと昭和の香りでも嗅ぎに行ってみるべか・・。

このページのトップヘ