泥酔亭の成り行き日記

今回のコロナ騒ぎで地球環境がかなり改善されているという。
CO2の排出量は中国だけでも国内の排出量の25%に当たる2億トンもの量が減っている
リーマンショックのときは3%減だというから、かなりのものだ。
衛星写真でもはっきりとわかるぐらい大気がきれいになっている。
グレタちゃんがヒステリックにならなくても、地球は地球で自浄能力を発揮しているわけだ。
たとえそれが人間を滅ぼすかもしれないウイルスや天変地異だろうと、地球側からすれば大地を蝕む病原菌のような人間の振る舞いをいつまでも許しておくわけにはいかないってことだろう。
e11

gaiaイギリスの学者ジェームズ・ラブロックが1960年代に提唱した「ガイア仮説」というのがある。
これは地球を、自己調節能力を持ったひとつの生命体(有機体)であるとみなす説だ。
地球にとって、ごくつい最近登場した人類という種はまたたく間に増殖を繰り返し、多くの生物を絶滅に追いやり、自然環境を破壊し、たくさんの化学物質を撒き散らしている。
地球が巨大な生命体とすると、それらの行動に対して免疫作用が働く。
必然性があって生まれてきた生命体とはいっても、地球環境を自分たちでさえ住めないまでに破壊するとあっては、放ってはおけなくなる。

たとえば地球にとって人間が病原菌だとすると、温暖化は体温が上昇していることになるし、大気汚染は呼吸不全のようなものだ。
それに対する治療として大型台風や地震、噴火のような自然災害が起こる。
それでも熱が下がらなかったり咳が止まらなくなったとき、人間が抗生物質を服用するように、ウイルスが流行するのかもしれない。
地球側から見れば人間なんて腸内細菌みたいなもので、あまり増え過ぎれば体調が悪くなるので、適当に調整したほうがいい。
optimum-001

EU8V7MWWkAI-TF3地球に生命が誕生した頃は今のような大気ではなく、シアノバクテリアが酸素を大量に放出して大気ができ、オゾン層が有害な宇宙線を遮断することによって、今のような生物群が地上に生まれた。
地球にとって今の生物群が有害となったとき、環境をまったく変えてしまって、また違う形態の生命の世界になるかもしれない。

オーストラリアの沖合で、「アポレミア」という地球最長のクラゲの仲間が発見された。
長さは120mを超えている。
この生き物は数千〜数百万単位の個体が合体してできているという。
しかも、すべての個体は、別個の器官として異なる機能を担っているというから、一つの生命体ともいえる。
エサを摂取した個体は、全員が繋がっている軸に栄養素だけを流すことでエネルギーを共有する。
それぞれが自分の仕事をこなしながら、また、全体は1つの大きな共同体として行動する。
もしこの生物が人間に取って代わったとしたら、不完全な言語によらなくても意思の疎通は完璧にでき、決して争わず、生命に必要な環境は破壊しない
文明や文化も経済も宗教もこのような生物には一切必要はない。
apo

まるでジョン・レノンの「イマジン」のような世界だ。
もし地球が次の主人をこのアポレミアに定めたら、さぞかし静かで美しい世界になるだろう。
もっともそのときは人間の住む場所などどこにもなくなっているだろうけど。

hqdefaultそれにしても安倍内閣ときたら、次から次へとマシンガンのように笑いを振りまいてくれる。
こりゃ笑点がいつ終わっても大丈夫だな。
それにしても外出は差し控えろと言ったその口で、「旅行代金の助成制度」なんてのが飛び出してきたのにはひっくり返ったわ。
自粛ムードが真っ盛りの2/20、東京・六本木の高級中華『中國飯店』で二時間にも渡るお誕生会をお開きになった2F幹事長様が旅行業協会の会長なので、そんなトンチンカンなアイディアが飛び出したともっぱらの評判だ。
さすがにこの珍作戦も「和牛券」や「お魚券」とともに立ち消えた。

お次に安倍晋三内閣総理大臣さまより 「かつてない規模で」 「異次元で」 「大胆な」 「前例のない」 「思い切った」 「全国津々浦々へ」 「きめ細やかに」 「躊躇なく」決定なされたのは、「布マスク二枚配布」の大英断!
なんでも官邸官僚の一人が「
全国民に布マスクを配れば、不安パッと消えますから」と進言したのを真に受けたらしい。
育ちがいいとこういう間抜けな冗談もジョークに聞こえないらしい
しかも発表した日がエイプリル・フールときたから恐れ入る。
いくら大胆なことがお好きな総理でも、ここでこの冗談はないだろうとだれもが思った。
が、本気だとするともっとたちが悪い。
VpIizpg

マスク配布費用このたかだか二枚の布マスク、国民全員ではなく、一世帯単位
このたかだか二枚の布マスク、国民全員ではなく、一世帯に対しての二枚だ。
とまぁなにも二度繰り返すこともないんだが・・。
三十万円の現金給付といい、とことこん世帯単位がお好きなようだ。
一世帯となれば、大家族もいれば独り者もいる。
しかも「どんな場合でも推奨しない」とWHOのお墨付きの布マスク。
どんな思い切ったかつてない規模の前例のない救済策が飛び出すかと待ち望んでいた、お人好しの国民もこれにはひっくり返った。
わざわざ怒らせるために送りつけるかのようなこの布マスク配布に200億円以上の予算が使われる。

58f62bf9-sさすが笑いの質がわれわれ下級国民とは違い元手がかかってますな。
で、ひとしきり笑いが収まるまもなく、飛び出してきたお次の爆笑アイディア!
名付けて「Go To Eat 」「Go To Travel」大作戦
やはり不死身のコメディアン2F幹事長様はあきらめてはいなかったようだ。
世界中が未知のウイルスに恐怖しているさなか、なかなかこういう笑いは振りまけない。
しかもネットでは「
Go to eat→Eat out (外食しよう) Go to travel→Take a trip (旅行しよう)」という文法の間違いまで指摘されている念の入れよう。
官邸にはまともに英語を使える人材もいないらしい。

さてお次はどんな爽やかなギャグをご披露してくれるものやら。
せめて吉本興業に100億円もの税金を投入した分ぐらいは笑わせていただきたいものだ。
Image-1



unnamed怒涛の2月もようやっと過ぎようとした頃、鈴木北海道知事さまから「緊急事態宣言」が出された。
といってもお得意のなんの強制力もない要請なんだが。
2/28から3/19までの三週間、特に週末には道民に不要不急の外出を控えるように呼びかけた。
われわれ飲食業界にとっては、3月は送別会をはじめ卒業式の流れなど年に何度かの書き入れ時だ。
しかも具体的な説明もほとんどないので、ひとまず各種飲み会なんぞは中止、または延期と相成った。
ふだん静かな夜の町は、輪をかけて静かになったが、ことがことだけに仕方がない。

ETq2ufLX0AA1d3Hそしてひとまず緊急事態宣言解除後の三連休、コロナ疲れか自粛疲れかちまたには人があふれかえったらしい。
内地の方じゃ桜が五分咲きとかで、上野公園も伊勢神宮も金沢もどこもかしこも満員御礼の人だかり
まるでコロナ騒動が収まったかのような有り様に、世界中から日本人の能天気さにあきれる声がネットにあふれた。
Twitterでは「私の新宿区や文京区や台東区まわりの行動半径は完全に元どおりだ。すごい人出。わさわさ。 カフェは行列。真っ直ぐ歩けないし自転車で通過できない(3/20)」という投稿が写真付きで見られた。
自粛をしないで開催したK−1には6500人が集まり非難されていたが、3/21の聖火見物にはなんと5万人もの観客が仙台に集まった。
8

そうこうしているうちに、イタリアでは新型コロナによる死者がうなぎのぼりに増え、一日に千人単位で人が亡くなった。
少し軽く考えていた日本もようやくことの重大さがわかってきたらしく、すったもんだしながらもようやくオリンピックの延期を決めた。
img_2b3724a0db6e2d3c44c0de0ba2221de285580

maxresdefaultさぁこれからが日本の危機管理能力の見せ所か?と、思っていたら、飛び出してきたのは「和牛券」「お魚券」のご提案。
いくら和牛の在庫がパンパンか知らんが、命がかかっているときに、和牛喰って喜ぶアホはいないだろう?
お次はなんだ?「メロン券」か「お米券」か?はたまた意表をついて「肩たたき券」でも飛び出すのか?と思っていたら、これまた迷走の末ようやく立ち消えになったらしい。

とまぁ、一ヶ月以上ブログも書いてなかったので書きたいことは山ほどあるが、この国では自分の命は自分で守るしかないようだ。
今のところは免疫を高めて、体力を維持して、情報を集めて乗り切るしかないわ。

このページのトップヘ