泥酔亭の成り行き日記

今回の旅は千歳から福岡空港への直行便。
出発は午前11時
いつもと違って、わりとゆっくりできる。
といっても、パーキングに車を預けたり、搭乗手続きののことなどを考え、6時半には家を出た。
今回は行きも帰りもスカイマーク
ネットで予約したが、メールで予約番号が送られてきたっきりなので、なんとなく心細い。
20180513_094902
で、自動チェックイン機に予約番号を入力すると、「お取り扱いはありません」と出る。
電話番号を入力してもダメ、名前を入れてもダメなので、係の人に尋ねたところ、なにやら姓名が逆になっていたらしい。
座席は予約してあったので、よもや乗れないことはないだろうとは思ったが少し冷や汗をかいた。
いつもなら早すぎて開いていないレストラン街も、ぼちぼち開店しだした。
今日一日は運転もないってんで、その中の一軒を選んで、晴天祈願と旅の安全を祈って「富士山麓ハイボール」で乾杯。
ではしゅっぱーつ!!

P_20180513_141748去年の旅行と違って今回はそれほど雨の予報はないが、今日だけ九州地方は雨らしい。
しかしホテルも駅のすぐそばだし、折りたたみの傘もあるので、なんの心配もない。
歌の文句じゃないけれど、雨の長崎ってのもオツなもんだろう。
ほろりと酔ったところで搭乗し、約二時間半の空の旅
福岡空港は予報通りの雨だった。
電車で天神まで出て、長崎行きのバス乗り場を探す。
へたにウロウロするより、人に尋ねた方が早いってんで、聞いてみるとすぐそばのビルの三階でチケットを売っているという。
なんでまたいちいち三階まで行ってチケットを買わなきゃなんないんだべか?と、不思議に思いながらも上がってみた。
P_20180513_141741

すると驚くことに、バスはここ三階から発車するという。
いろんなところでバスに乗ったけど、三階から発車するバスターミナルなんて初めてだ!!
どんな仕組みになっているのかよくわからなかったけど、きちんとバスは三階の乗り場にやってきて、一般の車道へ下って何事もなく出発した。
搭乗予約のドタバタといい、三階のバス乗り場といい、初日からなかなか刺激のある旅ですこと。

やはり自分で組み立てる旅は、不便とハプニングが楽しい。
どんとこい!!トラブル。
P_20180513_142907

P5100063夫婦で初めて遠くへ旅行に行ったのが、沖縄本島と久米島だった。
二人とも北海道の内陸で生まれ育ったため、海には強いあこがれがある。
しかもそのとき見た久米島のさらに離島「はての浜」の、この世のものとは思われないコバルトブルーの海と白い砂浜にぶっ飛び、すっかり沖縄にハマり、本島を素通りしては、石垣島、西表島、竹富島、座間味島、黒島etcと島巡りのようなものをしてきた。

その沖縄の島々の中で一番のお気に入りは、なんといっても宮古島だった。
今のようにそれほど開発も進んでいない頃はあちらこちらに、なんとものどかな風景が残っていて南国特有のゆったりした空気が流れていた。
池間島、来間島の二島を結ぶ長い海中道路
P7090076そして小石ひとつ持ち込むことも持ち帰ることもしてはいけない神秘の島「大神島」
以前はフェリーでしか渡れなかった伊良部島にも、つい最近3540mという日本一長い海中道路が完成した。
行くたびに、島はどんどん様変わりして、今ではすっかり昔の面影のない都会的な島になった。
しかし「宮古ブルー」といわれる海の青さはまったくかわりがない。

で、今年の旅行もとうぜん宮古島が候補に挙がったが、いつも出かけるG.W明けは、どうも梅雨に入りそうだってんで、ほかの場所を探すことにした。
それで次に候補に出たのが「奄美大島」
PA180024ここはなかなか安い航空券と乗り継ぎのにいいのがなく断念。
マダムのいつものリクエスト「離島」と「青い海」を満たすところはどこかにないかと、格安航空チケットと地図を眺めながら、次に浮かんだのが「五島列島」
ここならばふたつの条件を満たしているし、長崎からの連絡もいい。
しかも海の美しさは折り紙付きだ。

ではここに決めようと、五島列島の情報を集めたり、チケットを検索したりしていた。
五島列島の特徴はなんといっても天主堂といわれる教会群
キリシタンの遺跡であふれている・・・が、マダムはキリスト教にはさっぱり興味がわかないそうだ。
P1010924以前奈良県吉野の「天河神社」に行ったときに味わった神秘的で荘厳な雰囲気のせいで、どちらかというと神社に興味がある。

ならばってんで次に探した結果が長崎県「壱岐の島」
ここは神社庁登録の神社だけでも150社もあり、「日本神道発祥の地」ともいわれている。
大小合わせれば1000社を超える神社が点在している神社の島だ
中には大神島のように小枝一本持ち帰ることも許されない「小島神社」という所もある。
海の青さもまったく申し分ない。
ってなことで、今年の旅は長崎から壱岐の島で決定!!

あとは筋金入りの雨女であるマダムの精進にかかっている。
IMG_8422-

o0320045214155950611さて4月もあっという間に終わり、G.Wも無事?終了。
4月後半はまさに春到来という暖かい日が続いて、桜も満開を迎えたというのに、G.Wに入ったとたん天気がぐずついて気温も上がらなかった。
で、G.Wが終わったとたん晴れるとは・・・。

先頃、吉永小百合主演の「北の桜守」という映画が公開された。
これは「北の零年」「北のカナリア」に続く「北の三部作」の最終章だという。
映画の方はまだ観ていないが、この桜守で知られるのが佐野藤衛門という人。
日本全国を飛び回り、傷ついた桜の手当をし、桜の新種を探している。
天保時代から京都の仁和寺に仕えてきた造園師で、代々「藤衛門」を名乗り、当代で十六代目という。
といっても、桜の守をするようになったのは十四代目からで、桜守としては三代目になる。
もっとも本人にいわせると、じいさんの代から始まった道楽で、桜守などという仕事はないという。

その藤衛門さんにいわせると、花見もけっこうだけどカラオケはよくないらしい。
4062175193あの機械の音で花びらがこすれて、花びらのまわりが茶色くなり色あせるらしい。
さらに焼き肉もダメで、目に見えない油の粒子が花びらにべっとりとこびりついて、ひらひらと散らなくなるという。
その点むかしの三味線、太鼓、笛などの歌舞音曲はカラオケの機械「音」と違い「響き」なのであたりが柔らかく花にもいいという。
藤衛門さんいわく「それに手拍子でもあったら花も一緒に踊りよる」

そういわれると、若い頃花見の席にギターを持ち込んで、高歌放吟してひんしゅくを買っていたことは花にとってはよかったってことだ。
これからの花見は、焼き肉やカラオケなんぞは止して、花見弁当に歌舞音曲ってのが粋かも。
さいわいお客さんに三味線弾きもいることだし、弁当でもあつらえて花と一緒に踊ってみるか。

でもこう寒くっちゃ今イチ腰が上がらんわ・・。

20150623_829851






このページのトップヘ