泥酔亭の成り行き日記

images1月も今日で終わり。
この時期でこんなに雪が積もってないのって初めてだ。
グレタお嬢様のいう通りこれも地球温暖化のせいなんだべか?
もっともこういう温暖化ならこちとら大歓迎だ。
ただ「アインシュタインの後継者」と評されるフリーマン・ダイソン博士は、2015年にこう発言している。
「CO2が何をするかつかめたという研究者はいますが、とうていその段階には至っていません。そもそも、植物の生育を助けて地球の緑化を進め、人類社会をも豊かにするCO2を減らそうというのは、正気の沙汰ではないでしょう。気候を理解したというのは気候学者の思い上がりにすぎません。彼らが頼るコンピュータシミュレーションなど、変数をいじればどんな結果でも出せる代物ですからね。気候変動の話は科学の目で見るとナンセンスそのものです」。

グレタお嬢様は「誰もが科学者に耳を傾け、事実を認めれば、私たち(学生)は全員学校に戻ることができる」と言っている。
彼女がいう科学者ってのは、博士のいう「思い上がった気候学者」なんだろうけど、そこらへんはどう思ってるんだべか?
お嬢様はフリーマン・ダイソン博士のこと知らないんだろうか?
こういう様々な意見が絡み合っている問題は、もっと幅広い視点で見直したほうがいいと思うけどね、感情的にならず。
images3

o10800702146682938572019年8月英国のプリマスから米国のニューヨークまで、ソーラーパネルと水中タービンを備えたヨットで航海して大西洋を渡ったお嬢様だけど、このとき数人の乗組員がヨットをヨーロッパに戻すためにニューヨークに飛行機で飛び、ヨットの共同船長は飛行機でヨーロッパに戻ったという。
お嬢様が乗らなくても飛行機は飛ぶんだから、素直に飛行機に乗っていけばいいと思うんだけど。
こんなパフォーマンスになにか意味ある?
しかもヨットは世界的な大富豪のロスチャイルド家がドイツの大物実業家のGerhard Senft氏に譲渡した16億4000万円もする豪華ヨット
記者から「ヨット以外にどんな安い移動交通手段を勧めるか」と問われると、「今回の旅は地球に優しい別の選択肢があることを示すのが目的。他人の行動に口出しはしない」。
そんな選択肢いちいち示してもらわなくてもいいんですけど。
gy

ま、子供が真剣にやっていることを少しでも批判すると、袋叩きに合うからね。
グレタお嬢様、これからもせいぜいグレないで登校拒否続けてください。
images2

53464671_295544731111190_2924143095236788224_n新しい年が明けたと思ったら、あっという間にもう半月が経った。
1月の末にライブをやったことはあるが、今年は12日に「ORESAMA KINGS」をやった。
スイスギターズで今まで三回ほど来てくれている夢野カブの別ユニットだ。
メンバーは日本を代表すると言っても過言ではないベーシストの早川岳晴モジョハウスなどで長く北海道のライブシーンを牽引してきたギタリストでヴァイオリニストの鈴木裕(ゆたか)だ。

もう三十年以上前になるが、新十津川の小さな公園で、早川岳晴をで聴いたことがあった。
その頃はまだ売り出し中の民謡歌手伊藤多喜雄とのデュオだった。
打ち上げでその時の話を聞いてみたら、なんでもNHKの企画で北海道の市町村をぜんぶ廻るという企画だったらしい。
その小さな公園にもろくに観客はいなく、伊藤多喜雄の歌声と早川岳晴のベースだけが響いていた。
そこで聴いたベースの音がなぜかいつまでも耳に残った。
次に早川を聴いたのは、仲井戸麗市とのデュオのDVDだった。
まるでギターやボーカルと一緒に歌っているかのような鮮烈で表情の豊かなベースだった。
neonhall20160417_55-

そのあともいろいろな場面で早川のベースを聴くたびに、いつかまた生で聴いてみたいと思っていた。
そこへ来たのが夢野カブからのオファー。
ついに念願かなって生で聴くことができる。
しかも自分の店でなんて夢のようだ。
さらに以前から注目していた鈴木裕の演奏も聴かれる。
DSC01005

そして始まったORESAMA KINGSのライブ。
DSC01020想像をはるかに超えるベースの重厚な響き、その一音一音の存在感に圧倒された。
早川を知らないお客さんも一曲目から「このベースすごくない?」と驚いていた。
そばにあったアップライトピアノの上の小物が地響きのようなサウンドで落ちる落ちる。
そこに切り込むマシンガンのようなカブのギターとボーカル、鈴木裕の静かに燃え上がるヴァイオリン。

その日初めて父親に連れてきてもらった高校生などは夢中になって手を叩いていた。
ふだんテレビからは流れることのない、熱いライブの息吹を存分に感じたようだ。
二部のはじめには早川岳晴のソロコーナーもあり、レナード・コーエンの代表作「ハレルヤ」では渋いボーカルも聴かせてくれた。
そしてやはりハイライトは、昨年4月に亡くなった遠藤ミチロウメドレー。
「ジャスト・ライク・ア・ボーイ」から「ワルシャワ幻想」でライブは最高潮に達した。
オープニングからアンコールまで一気に駆け抜けたような疾走感のあるライブだった。
82495856_2712951365599027_5297324392718532608_n

一年のはじめから極上なライブを味わうことができた。
やはりライブは元気になる!


IMG_20190515_183904宿に戻ってうつらうつらしていると、「お食事できましたよ」と息子さん(50代?)が呼びに来た。
どうもこの宿は、昼間会った大女将さん(80歳超え?)と大旦那さん(二度ほど対面)と二人の息子さんで(どちらも50代?)で切り盛りしているようだ。
夕食も息子さんが作っているらしく、忙しそうに立ち働いている。
料理も手慣れている様子で、山海の珍味が盛り沢山
「すごい豪勢ですね」というと、「宿が古いんで食事だけでも喜んでいただきたいと思って」と言っていた。
ふと戸棚の上を見ると、見たことのない「キンカメ」という酒が置いてあるので、それを熱燗でいただく。
息子さんによると、姫路城を別名白鷺城というように、彦根城の別名は金亀(きんき)城というそうだ。
料理はどれも酒に合う味付けで、酒坏が進むこと。
胃袋も肝臓も大満足の彦根の夜でした。
IMG_20190516_074921

IMG_20190515_180353鴉カァで夜が明けて、マダムは「24時間沸いているっていうから」といって朝湯と洒落込んだ。
こちらも洗面所で顔を洗っていると、そのうしろが浴室なので、ついでにってんでご入浴。
運転でもなけりゃ朝酒とでもいきたいところだが、レンタカーを返さなきゃいけないので、そうもいってられない。
チェックアウトの時間まで、宿においてある無料の貸し出し自転車でウロウロしていると、いきなりモダンな町並みにぶつかった。
昨日足を向けなかったあたりが、「四番街スクエア」として再開発されたらしい。
キャッチフレーズは「大正ロマンあふれるまち」。
くぅ〜昨日知ってれば・・・・。
ついでといっちゃなんだけど彦根城のまわりも散策する。
城下町ってのはなんとも良い風情ですこと。
IMG_20190515_164851

宿に戻り勘定を済ませて(なんと一泊二食二名合計¥12,960!)、レンタカーを返却。
あとはセントレア空港から北海道へ戻るだけだが、飛行機の時間は15:15
神宮前で途中下車して、お参りでもしようかと熱田神宮の近くを歩いていたら、「鰻 大和田」と書かれた看板が目に入った。
信心と鰻をはかりにかけりゃ、鰻が重たい伊藤家の常識・・?
で、飯にしようかとも思ったが、ここはやっぱり肝焼きにビールと熱燗
締めでうな丼をかっ込んで、大満足。
それにしてもどこへ行っても鰻喰ってるなぁ、この夫婦。
IMG_20190516_121754

ってなことで、無事セントレア空港に到着し、機上の人と相成った。
長いようであっという間だった敦賀、美浜、彦根の旅。
今回も色々な思い出ができました。
さ、来年はどこに行くべか?
IMG_20190516_122714





このページのトップヘ