泥酔亭の成り行き日記

申告の方もあらかた終わったんで、このあいだの休みにふと思い立って旭川に一泊で飲みに行くことにした。
rect_62921622楽天トラベルで検索したら、サンロクに近いホテルで二人合わせて四千円ぐらいで見つかった。
一軒目の居酒屋は、ちょいと不安があったが食べログで検索
なんでも魚屋直営の居酒屋があり、「鮪の一本買い」をしているので、いろんな部位を楽しむことが出来るのがウリらしい。

で、どんなもんかと入口まで行ってみると、どうにも今風な薄っぺらさ満開の店構え
ま、店構えっていってもビルの地下なのだが、大漁旗を貼り付けたり、漁網をぶら下げたりしているがドラマのセットのようでどうにも安っぽい。
入り口で帰ろうかとも思ったが、外は冷えるのでダメ元と入ることにした。
店内はベニヤ!で仕切られていて、ひとつの区切りには大きな掘りごたつ式のテーブルが四つ五つある。
今風の居酒屋はどこもそうらしいが、いろんなプランがメニュー書かれていてややこしいことこの上ない。
なんでも「赤字覚悟!」の10分百円の飲み放題がお得らしい。
めんどくさいんで「じゃ、それ!」というと、最初に時間を決めろという。
入った時から長居する気は失せていたので、ひとまず60分にしといた。
ふとみると日本酒の好きな銘柄があったので、それを注文。
で、これまたウリだという「生まぐろ三種盛り(¥550)」「マグロのユッケ」「ネギま串」「カラスはもの蒲焼き」などを注文。
kame

店内はそこそこに混んでいたので料理が出るまでに、またさっきと同じ酒を注文すると「このお酒は飲み放題には含まれていませんが・・」という。
negi最初から言えよ!ってんで、今さら飲み放題のメニューを見せられる始末。
でもって、出てきた料理はどれもこれも子供だまし程度の代物
「マグロのユッケ」なんぞは、味見したのか?ってぐらいしょっぱかった。
もっとも作っているのはろくに修行もしていないような、あんちゃん、ねえちゃんだろうから、期待するほうがアホだ。

浅田次郎がエッセイで「近ごろは外食がぞんざいになってきている気がする」と書いていたが、まったく味も素っ気も深みもない。
問題は、これから料理を学ぶ連中がこの程度の味をベースにして、さらに手抜きしてどんどん劣化していくことだ。
魚屋直営だかなんだか知らないが、チェーン化でもして一儲けしてやろうの考えがスケスケだ。
キャッチコピーだけご立派にすりゃ千客万来と思ってけつかる。
せいぜい軽い頭をひねって儲けてくれ。
マグロ専門のはずが、結局「カラスはもの蒲焼き」が一番うまかった。
あ〜あ、すっかり時間と金をムダにしたわ。
P_20180305_200224

60分も経っていなかったが、さっさと退散して知り合いのライブハウスに出かけることにした。
あと何年もしないうちに、居酒屋文化は無味乾燥の砂漠地帯になる気がするわ。
P_20180305_223933

2056129018_001「逃げる」というだけあって、あっというまに2月は逃げていった。
3月は「去る」なんていうから、これまたあっというまに去っていくんだろう。
二日間の猛吹雪で家からほとんど出られず、おかげで申告作業もはかどりゴール間近。
今回は年度を間違えることもなく、順調に進んだ。
毎年のこととはいえ、なんともしちめんどくさいシステムですこと。
ましてこちとら工業高校中退の身の上、簿記なんぞ言葉も知らなかったぐらいだし・・。

それはそうと、昨日は三月三日のひな祭り、俗に「桃の節句」ともいう女の子の祭りだ。
正式には「上巳(じょうし)の節句」といって、陰陽五行では縁起の悪い日とされている。
5月5日の「端午の節句」、7月7日の「七夕(しちせき)」、9月9日の「重陽(ちょうよう)の節句」などと並んで五節句の一つに数えられている。

sekku_yoko_1105

ひな祭りももともとは凶の日とされていて、中国ではお祓いをしていた。
陰陽道とともに日本に渡ってきて、厄を人形(ひとがた)に移して川に流す行事が、そのころ流行っていた貴族の人形遊びと合体して、今のようなひな祭りになったようだ。

お雛様の顔にも時代が巧みに取り入れられて、どんどん現代的な表情になっている。
子供の頃、家にあったお雛様のあの無表情な顔ってなんか不気味だった思い出がある。
とくに五人囃子もなんとなく怖かったなぁ。
あのオカッパ頭がなんだか妖怪みたいで・・。
なんで一人だけ楽器もってないんだべか・・・?とか。
なにか深い因縁でもあるんだべかと思ってたら、あれは「謡い(うたい)」っていって、ボーカル担当なんだってね。
go_gakki

ま、ひな祭りの声を聞けば春の足音はそこまで聞こえている。
冬将軍のいさぎよい撤退を望むわ!
src_10864459

日本酒c2去る2/17(土)午後七時より、ディランの冬の恒例行事「全国の地酒を楽しむ会」が開かれた。
今回で十二回目になる。
毎回「四国四県味めぐり」とか「近畿、東海の地酒味くらべ」などと地域を決めてきたが、今回は初心に戻って「しぼりたて新酒飲みくらべ」という風にしてみた。
最初は2月はヒマな時期なのと、自分の誕生日もあるため、どうせなら好きな日本酒とそれに合うツマミで一杯やろうというのがそもそもの始まりだった。

最初のころは全国あちらこちらから山海の珍味を取り寄せたり、自分で調理をしたりしていたが、あまりに忙しいので仕出しを頼むことにした。
日本酒の好きな「板垣鮮魚」さんに刺し身を盛り合わせてもらったり、ここ何回かは「仕出しのひる川商店」さんにおつまみの折り詰めをお願いしたりしている。
どちらも芦別の老舗だけあって、お客さんの評判もすこぶるいい。

肝心の酒も北は秋田県から南は熊本県まで十二種類のしぼりたて生原酒。
特別本醸造、おりがらみ、山廃純米、吟醸と種類もバラエティに富んでいる。
DSC_0303今回は珍しく、九州の酒が三種類も入っている。
お客さんが「九州にもこんなに酒蔵があるんだ・・・?」と驚いていたが、何年か前までは焼酎王国鹿児島が日本で唯一日本酒を作っていない県だったが、約40年ぶりに焼酎メーカーが日本酒を作り始めた。
これで北海道から沖縄まで、どの県にも日本酒の酒蔵があることになった。

ってなことで、いつものご常連さんから、初めて参加する人まで、定員いっぱいの27人
いつも思うことだが、酒の種類によって酔い方が違う気がする。
日本酒はなんとも大らかに和やかに酔っていくようだ。
たまたま隣り合った人とも気さくに打ちとけながら、楽しい宴は過ぎていった。
12本の一升瓶はほとんどが空になっていた。

で、陽気な酒呑みたちは三々五々、夜の巷に散っていったとさ・・めでたしめでたし。

27972119_1406786876122306_5221004931961407890_n



このページのトップヘ