20101117-12このあいだたまたま点けてあったテレビで、外国のよくわからん学者風のオヤジが物騒なことをしゃべっていた。
なんでもアメリカのジョージア州に「ガイドストーン」とかいう高さ6mの石のオブジェが建っている。
そこには英語、スペイン語、スワヒリ語、ヒンディー語、ヘブライ語、アラビア語、中国語、ロシア語の8つの言語が刻まれていて、近代国家の進むべき指針が刻まれている。
理性の新時代の十戎」ともいわれているようで、「 公正な法律および正しい法廷で人々と国20101116-4家を保護しよう」とか「 すべての国家は、世界法廷において国家間の紛争を内面的に解決しよう」なんていうものから「 取るに足らない法律および無駄な公務員を減らそう」なんていうごもっともなものまで書かれている。

が、番組で問題にしていたのは、第一に書かれている次の文句。
「自然界の永久の調和として人口5億人を維持しよう」。
おいおい・・・現在地球上にゃ73億の人間が暮らしてるってぇのに、5億人を維持しようってどういうこと?
8つの言語で書かれているというが、そこには日本語はない
ってことは、減らす対象の68億人には日本人も入ってるってこと?
たしかにこりゃぁ物騒な話だわ。

しかも建てられた時の話もちょっとオカルトめいている。
1979年6月に、見知らぬ人がエルバート郡にある会社のオフィスを訪れて、人類にメッセージを送るための記念碑を建てたいと提案した。
835d4fedR.C.ク リスチャン」と自らを名乗ったその人物は、人間性に方向を提示する1グループを代表し、「神を信頼する忠実な米国人の小グループ」であると述べていた が、多くの通信社による調査にもかかわらず、R.C.クリスチャン及び、彼のグループの正体は今日まで不明だという。

世界人口が5億人だったのは、17世紀の半ば頃
徳川家康が江戸幕府を開き鎖国を始めた頃だ。
そう考えるとたしかに世界人口は爆発的に増えたってことになる。
CaoTfyCVAAEaILUサラエボで60億人目の子どもが誕生したのが、1999年10月。
それから15年ほどで13億人も増えたわけだ。

その番組では、人口削減の方法としてワクチン接種やら、ウイルスの蔓延、気象兵器なんかを利用するらしい。
途上国が発展すれば人口は縮小に進むはずだ」という学者もいる。
R.Cクリスチャンのお仲間が、どっちを選ぶかしらないが、こちとらR.Cといえばサクセションに決まってる。
合言葉はもちろん「愛し合ってるかい?」だ。
ぜひそっちの方向でやってもらいたいね。
kiyo