泥酔亭の成り行き日記

2019年01月

AS20170216001723_commあちらこちらでインフルエンザが大流行している。
今年こそはひかないようにとマダムに促されるまま、手洗いやうがいに日々励んでいた。
しかし一月も半ばを過ぎた頃、日頃の飲酒の報いか、はたまたカラオケでのシャウトのせいか、朝起きたら鼻の奥と喉が痛い。
ふだんからアレルギー性鼻炎なので鼻水は仕方ないとしても、しつこい咳もでる。
風邪のはじめは「葛根湯」!! これ世間の常識。
ってんで、さっそく服用して水分をたくさん取り、布団に潜り込んだ。

ここ数年市販の風邪薬の服用で、深刻な副作用に悩まされた人の話しをテレビなどでみかける。
なもんで、わが家ではかかりつけの病院で漢方薬を出してもらっている。
鼻水や乾いた咳には「小青龍湯」、節々の痛む風邪には「麻黄湯」や「大防風湯」
症状に合わせて飲んでいる。
今回はそれ以上悪化しなかったし熱もでないので、インフルエンザではなかったようだ。
で、仕事をしながら(酒を飲みながら)気楽に療治していた。
sns

が、しかし23日(水)店に出る直前にマダムが頭痛を訴えた。
で、検温してみたところ38度を超えていた。
頭痛はするわ、寒気はするわ、節々は痛いわで、どうにもインフルエンザらしい。
ウイルスをまき散らかしてはいけないってんで、即臨時休業
葛根湯を飲んで、翌日かかりつけの病院で検査したところ、検査には出ていないが症状がインフルエンザっぽいので、人前には出ない方がいいという診断だった。

20150813-00010001-fumfum-000-1-viewでもって、1/27(日)まで外出禁止・・・・および接見禁止。
とうぜんディランも臨時休業。
突然一週間近い休みが出来ても、家から出ることも出来ないんじゃなんにも嬉しくない。
旧暦に出す年賀状を書いたり、二月の「日本酒の会」のはがきを出したり、店内のワックスがけをしたりとなんとか時間をつぶしている。
飲みにでも出ようかと思ったが、症状は軽くても一応病人のマダムを置いていくのも冥利が悪い。

まわりでもインフルエンザだけではなく、ふつうの風邪も流行っているみたいだ。
そういや還暦って厄年あつかいになるらしい。
誕生日まで大丈夫か・・俺?
header

※マダムは次の日から、ほんとにインフルエンザだったのかと疑うほど元気ですのでご心配なく。
P1030580

img_90115253927a9c460e079311772c592914880気ぜわしい年末もあっという間に過ぎて、平成最後の大晦日も過ぎ、平成最後の正月が来た。
元旦から営業をしていたので、これまたあっという間に平成最後の七草になってしまった。
一月七日というと、三十年前のこの日に新しい元号が発表され、平成の御代が始まった。
今回は天皇の生前退位という珍しい皇位継承だから、前回のように自粛モードにならなくてもいい。
それどころか5月1日から元号が変わるってんで、この日は一年限りの祝日になって、十連休になるとか・・・。
うらやましいような気もするが、どれだけの人間が10日も仕事を休めるんだべね。

soumen元号は中国を中心とする漢字文化圏に広まった記年法だけど、現在使用しているのは世界でも日本だけだそうだ。
なにやらあちこちの都合をいろいろ考えて、新元号の発表は4月1日にしてくれるらしい。
発表したあとに「エイプリル・フールだよーん」とかいわないべね。
で、事前に漏れた場合は、変更することになるとのこと。
なんでそんなに秘密にしなきゃならないんだべ?
サプライズ・・・なわきゃないか。

その昔はなにか悪いことが続いたりしたら、ゲンが悪いってんで、元号を何度も替えたこともある。
たとえば明和九年(1772年)、江戸を大火事が襲ったとき、語呂合わせで「迷惑年」で縁起が悪いってんで改元したこともあった。
lif18092510330018-n1一世一元号になったのは、明治時代からで、それまで天皇が決めていた元号も昭和五十四年にできた「元号法」により、政府が決めることになった。
神事と関係ないなら、なにもギリギリまで秘密にする必要もないと思うけど・・・。
一ヶ月早く発表できるんなら、元旦に発表してもよかったんでないの?……ってそっちの方が慌ただしいか。

で、その元号、総理が選んだ若干名の識者が選んだいくつかの候補を、官房長官が整理、検討して、結果を総理に報告する。
そのとき気をつけるのは、次の六項目。
  1. 国民の理想としてふさわしいようなよい意味を持つものであること。
  2. 漢字2字であること(3文字以上は不可)。
  3. 書きやすいこと。
  4. 読みやすいこと。
  5. これまでに元号又はおくり名として用いられたものでないこと(過去の元号の再使用は不可)。
  6. 俗用されているものでないこと(人名・地名・商品名・企業名等は不可)。
さぁ、お次はどんな元号になることやら。
これからなにをやるにも「平成最後の」をつけまくるぞ!!

index
Twitterより転載

このページのトップヘ