o0640042614771014825このあいだツイッターにこんな投稿があった。
うちの小学生の子、かかとが痛いと言い出したので、整形外科に連れて行ったら『あ〜、これマスクですね』『えっ?マスク?』『最近やたら多いんですよ。子によって腰とか、背中とか痛む場所は違いますが。マスクで呼吸しづらく、横隔膜が正常に動かないからなんです。』と・・。
これに対して
多くの人から、「うちの子も太ももが痛むといっている」とか「足が痛いといっている」というコメントがあった。
投稿主は「横隔膜の動きが悪くなることで、いわゆるリンパの流れに支障をきたすそうです。子によって、少し弱ってる箇所に痛みや違和感が出るみたいですね。」と医者から言われたという。
また東京頭痛クリニックのHPでは「
十分な酸素が吸えない、自分の吐いた息をすぐに吸うため二酸化炭素が多く含まれた空気を吸うことになります。二酸化炭素は頭蓋内血管を最も強く拡張させる化学的因子なのです」と、マスク着用により頭痛が引き起こされることが指摘されている。
EaGUyRbU0AAKIrC

また1931年にノーベル生理学医学賞を受賞したDr.オットー・ハインリッヒ・ワールブルクは、低酸素濃度下の細胞内で腫瘍(癌細胞)が発達することを最初に実証しました。酸素が不足すると、体内が酸性に傾きます。
Dr.ワールブックは癌細胞は嫌気的(酸素を取り込まない)であり、高酸素濃度下(アルカリ性に傾いた状態)では生き残ることができないことも発見した。
正常な細胞は酸素を必要としますが、癌細胞は例外なく酸素を必要としない。
細胞の酸素濃度が35%減った状態が48時間続くとその細胞は癌化する可能性があると発表している。
press-140116img1
このあいだ店に来た二十代の女性も、仕事上長時間マスクを着けていると、吹き出物がひどくなるといっていた。
マスク内での雑菌の繁殖によるものと思われる。
皮膚科もいつもと同じ時期の二十倍もの患者が受診しているという。
吹き出物で済んでいるうちはいいが、低酸素呼吸により体内で癌細胞が発生するようなことにでもなったらシャレではすまない。
maxresdefaultウィズ・コロナだの新しい生活スタイルだのキャッチコピーはいいが、中身は「自粛から自衛へ」
いつの頃からか流行っている「自己責任」でどうにかしろってことだ。
八十代のある女性は「お国の仰せに振り回されて、自分たちで考えないでいいなりになっているうちに取り返しがつかなくなった戦争前の雰囲気によく似ている。新鮮な空気を吸って、太陽によくあたり、たくさん笑って美味しいものを食べていれば大丈夫。毎日ビクビクして生きているなんてそんなのは生きているとは言わない。わたしはマスクはしない!」とネットに書いていた(お孫さんの投稿)。

とにかく納得のいくまでいろいろな情報を集めることが第一歩になる。
中身のないキャッチコピーは百害あって一利もない。
EbqHt-wVAAE0YfP