神奈川県の大和という町に、ロック・スピリッツ満開のイカした店があるという話を、ナミさんこと南正人に聞いたのはもう十年ぐらい前だった。
そのうち友人のクレイジー・ジョーが横須賀に住みだしたので、機会があったら行ってみようと思っていた。

bonanza2007の夏、念願かなって横須賀から大和の方へ旅することになった。
お目当ての店の名は「菩南座(ボナンザ)」。
「大当たり」とか「一発当てる」とかいう意味のスペイン語らしい。

HPで確認してみると、ちょうどその日は「南正人ライブ」。
なんとも「大当たり」な展開だ。
小雨の降る中、やっと探し当てて中に入ると、まるで以前のディランをもっと狭くしたようないい感じの店内。
やっと一人が座れるような小さなステージ・・・というかスペース。
ここに憂歌団の木村さんや恭蔵さん、近藤房之助などが熱いライブを繰り広げたのだ。

横須賀からはジョーも来てくれて、帰りの電車ギリギリまで楽しい夜を過ごした。taro
帰り際マスターの太郎さんこと戸川凛太郎さんにご挨拶。
この太郎さん、まるで映画のような人生を送ってきた人だ。
詳しいことは「菩南座」のHPに載っているのでぜひ!

太郎さんは若い頃、北海道まで逃亡してきたことがあり、そのとき名乗っていた偽名が「南部鉄也」。
その頃の太郎さんたちの仲間の、その後を書いた本がこの間出版されていたので、懐かしいだろうと送らせていただいた。

実はその前に懐かしい本を2冊送ってもらったお返しのつもりだったのだが、またまたこのあいだ菩南座から素敵な贈り物が届いた。

haru1包みを開いてみると、大阪の野外フェスティバル「春一番」のポストカード集。
「春一番」にはアズミ、三宅伸治、シバ、友部正人、リクオなどディランでおなじみのミュージシャンがこれでもかと出演している。
そのポスターはいつも雰囲気のある素敵な版画が使われていた。

大和から吹いてきた「春一番」。
部屋の中にエイトビートが響いたような気分だ。
さっそく店に飾らせていただいた。

太郎さん、ありがとうございました。
放射能なんざ吹っ飛ばして、したたかに生きましょう!

またブラっと遊びに行きます。