fukushi01ちょっと遅くなったけど、以前ブログで書いた被災地で貸し出すDVDをやっと送ることができた。

「DVDが集まりません(T_T)どなたか陸前高田市民のために!!
被災地で無料で貸し出しているDVDが不足しているとのことだ。
もう見なくなったDVDがあったら、ディランに持ってきてください。
責任をもって送ります。」

と、そのとき書いたのだが、あとでブログを読み返してみたら締切りがあった。
それで当人に電話してみたところ、DVDはまだ受け付けているということだった。

それで家の中を見回してみたら、ほとんど音楽のソフトかコピーばかりで、映画はほんの少ししかない。
コピーは著作権の都合上、うまくないべ?ってことでパス。
それで映画好きの友達にメールを出したら、すぐに何枚かもって来てくれた。
それに自宅にあった何枚かを足して、ゆうメールで送ることにした。

とにかく、長期戦を覚悟するしかないこの震災。
出来ることをできる人間が、出来る範囲でやり続けるしかない。
だからといって、今日スーパーで見かけたコレはいただけない。fukushi02
ただの地震だとか洪水だとかで被害にあった地域と違うのだ。

「食べて応援しよう」が、「食べて一緒に被爆しよう」じゃ洒落にならないだろう。

勝間某がいくら「今回の原発事故で死人が出ましたか?(当時)」といおうと、池田某が「飛行機事故があったといって飛行機に乗らないというのか?酒や煙草のほうがよっぽど体に害がある」といおうと、おいそれとこいつらの話にのるわけにはいかない。
大体がこいつらって経済学者だべ?
いくらギャラが出るからって、いっていいことと悪いことがあるんでないのか?

子供の頃「四つの約束って歌があったが、このあいだ読んだ浅田次郎のエッセイに、自分を戒めてきた三つのことが書いてあった。
ひとつ「嘘はつかない」。
ふたつ「愚痴はいわない」。
みっつ「見栄は張らない」。


どれも自分の深いところと向き合わなければいけないことばかりだ。
人間はともすれば自分に対していとも簡単に嘘をつく。
まわりをごまかすことはできても、自分にいつまでも嘘をつくことはできない。
社会や時代やまわりの人間のせいにするのも愚痴のひとつだ。

wataru高田渡さんのお父さんはつねづね渡さんに
「贅沢は知ってもいい。
しかしそれに慣れ親しんではいけない。
貧乏をしてもいい。
しかし、それに慣れ親しんではいけない」
といっていたと聞いた。

馴れてしまえばどちらも楽なのだ。

これからは、自分とどう向き合っていくかを問われる時代になる。