アッという間に一週間が過ぎてしまった。
光陰矢のごとし、どころの話でないわ。

そういや昔ドリフターズ(日本のほう)の歌の文句にこんなのがあった。
♪汽車は早いし電車も早い ジェットはなお早い
うちのカカアの早えこったら 3日で家出した
キタカサッサ ホイサッサ ♪

肝心なことはすぐに忘れるくせに、なんでこんな歌おぼえてるもんだか?
このころからすでに日本はスピードや効率をがむしゃらに追い求めて、忙しくなっていったんだなぁ。
piano
でまぁ、有馬みどりさんのピアノ・リサイタルも無事終わり、世にも珍しいアップライトピアノによるリストの超絶技巧練習曲も心ゆくまで堪能することができた。
主催のSさんは芦別出身なので「なにか芦別に恩返しをしたい」といつも気にかけてくれていると言っていた。
なんともありがたいことだ。
その気持ちに答えるべく地元の人間はもっと知恵を出さないと、松本元大臣に恫喝されちゃうね。

で、リストの余韻に浸るまもなく、芦別は健夏祭りに突入。
yamaふと飛び込んできた博多の青年と意気投合し、ああだこうだと語り合っているところへやって来たのは、青年の先輩たち。
博多はモチロンのこと、とくに七百年以上の歴史を持つ博多祇園山笠では絶対的な縦社会らしい。
「先輩にはじぇったい逆らえましぇん」ってなことで、なぜか全員でカラオケにいくこと・・・。

曲はもちろん、甲斐バンド、CHAGE and ASKA、長渕剛と福岡出身のミュージシャンからの選曲。
知り合いがカウンターで飲んだいたのだが、九州勢に対抗してカラオケを歌うといってふらつく足でステージ歩いていった。
グラス片手にヨレヨレして歌っていたら案の定転倒
持っていたグラスで手をバックリと切り、血が止まらないので救急車まで出動するという怒涛の夜となった。
グラス片手に気取るからそういうことになるんじゃい!このどあほ。

まだまだ思い出すだけで頭がクラクラするような日々だったが、それはまた次回ということで。
なんだか書いているだけで酔っ払いそう・・・。
yama2