goyqまず、かなり前に芽が出たゴーヤ。
となりのユッカやハイビスカスに絡みつきながら、すくすくと天井まで伸びた。
ま、実はなるまいと思っていたし、この寒さでもうそろそろオシマイかと思っていたら、なんと黄色の小さい花←が咲いた。
まだつぼみがたくさんあるので、もうしばらくは楽しめそうだ。
水とお日様だけで、ここまで育つとはなんとも不思議なものだ。

さて「〇〇の秋」といわれるが、そのひとつに「芸術の秋」というのもある。
このあいだお客さんが、ポスターを持ってきたので、告知を一発。

タイトルは
伊達由之 作陶展」。
スターライト・ホテルの近くにある「芦別市陶芸センター」で指導員を25年もつとめてこられた。
1986年には第7会日本総合美術展にて国際芸術新聞社受賞、北海道クラフトグランプリ'87乳腺を受賞されている。


date詳細は
日時 2011年10月18日(火)〜10月30日(日)
会場 星の降る里百年記念館
芦別市北四条東一丁目  Tel 0124-24-2121
9:00〜17:30(休館日 月曜)


で、話はガラリと変わるが、このあいだお客さんが「引越しの手伝いにいったら、大正琴をもらったんでいらないか?」という。
なんでもたいそう立派なもので、そこいらの既製品とはモノが違うという。

すぐに持ってきてくれたので、中を見てみるとたしかにそこいらで見かけるシロモノとは出来が違う・・・ような気がする。
「ま、おいてくわ」といって、、預っているが、なにしろ相手は大正琴。
どーしたものかと思っているが、老後の楽しみに今のうちからたしなんでおくのも悪くないかとも思い始めている。
koto