修行の旅の前から、ドイツ人の書いた生活術の本を読んでいた。
なにしろドイツ人はひとことでいえば徹底した合理主義の持ち主。
無駄というものを極力省く生活が理想だ。
だから洋服や靴を選ぶときも、車や家を買うときも、見かけより内容に徹底的にこだわる。
けっして宣伝やキャッチコピーに乗せられるということはない。

tosou1一度手に入れたものは徹底的に使い切る。
洋服や靴は修理をして長年使用するのは当たり前。
家や車もよほどのことでもない限り、自分でメンテナンスする。

それで影響を受けたわけではないが、店の壁がかなり汚れてきたので、メンテナンスをしようと以前から考えていた。
ちょうどそこへハウス・メーカーが通りかかり、サイディングを張り替えたついでに壁の塗装もしましょう、というので、塗装の値段を聞いてみたら約四万円。

ここは一番、ドイツ人を見習って自分たちでやってみるか!ということになった。
今回大阪に行ったせいもあって、「メーカーに頼んだほうがいいべか?」という思いにすかさず「そないなもん自分でやらんかい」という大阪人の声が頭に響いた。
大阪もドイツ人に負けず劣らずの合理主義者だ。

で、今日は天気もいいし、近くの金物屋さんに行って塗装一式を買ってきた。
お値段は、刷毛もコミで約¥6,000。
夫婦二人でやったらたった三時間弱で完成。

ちょっと風は冷たかったが、気分までスカっとしましたわ。
今度は二階の壁に珪藻土を塗ってみようっと。
IMG_2012
でもきっとだれも気づかないべなぁ。