馬鹿は相手にするな!と、思いながらついブログで色々書いてしまった。1305
それもこれも、これだけ大きな国民のメッセージを、きちんと報道しないマスコミのせいだ。
震災からこっちマスコミの体たらくにはもうすっかり愛想が尽きた。
民放も公共もあったもんではない。
しょせん権力のお先棒担ぎ。
少しでも期待していたのが馬鹿ってもんだ。

10万人を超えたという首相官邸前デモの時、野ダメはひとこと「大きい音だね」とおっしゃれたそうだ。
国民の声が「音」にしか聞こえないような、どツンボにゃなにをいっても無駄。
さっさと首相官邸を福島第一原発に移して、オスプレイで国会にでも通ってくれや。

とまぁ、怒っちゃイカンといいながら、またぞろ頭から湯気を立ててしまった。
しかし、三流茶番劇の政治は別にして、民間の中には素晴らしい人達が大勢いる。
img_202055_21194021_8大田区の「日本テクノ」の社長、下町の発明王こと大政龍晋さん、71歳が発明した「オオマサガス」などは水を原料とした新しい燃料だ。
安全性が確立されたら文字通りの燃料革命が起きるかもしれない。

さらに兵庫県では42人の集落が自力で太陽光発電機を作り、一世帯年間六万円以上もかかっていた自治会費が来年には無料になるほどの利益を上げているという。
「過疎地なので土地だけはたくさんある」なんてのは、芦別にも大いに当てはまる。
国民の声が「音」にしか聞こえないド阿呆どもには、もうなにを期待しても無駄だ。
やりたい放題ができないようにキチンと監視して、あとは国民だけでやったほうがよっぽどいいわ。

01