indy1201奈良のイン様こと「インディー」←がひょんなことから、芦別名物「ガタタン」のテーマソングを歌うことになった。
タイトルは「エブリバディ・ガタタン」
去年の暮れのディラン・ライブでお披露目したところ、関係者の目に止まりトントン拍子で話が進んだ。

その昔芦別の小さな中華料理店「幸楽」のマスターが考案したシーフードや山菜などが入った具沢山のあんかけスープ。
「含多湯」と書いて、ガタタンと読み、呑んだあとの〆などに重宝がられていた。
幸楽は閉店してしまったが、そこで働いていたひと、直接作り方を教わったひとなどが店のメニューに加えるようになった。

オーソドックスなスタイルのほか、チャーハンやうどん、ラーメンなど店によってバリエーションも多く生まれ、少しずつ広がっていった。
現在芦別では13店が提供している。
もともと家庭料理ではなく、「幸楽」で出していたオリジナル料理なので、市民でもまったく知らなかった人も多い。images

一村一品ではないが、これといった名物料理のない芦別なので、なんとかガタタンも広がってほしいものだ。
関係者の中には「インディーなんていう聞いたこともない歌手に制作費を出してまで作る必要があるのか」という声もあるという。
しかし、ディランだけでなく北の京のステージにも立ったこともあるインディーが毎年のように芦別に来るようになって十五年以上にもなる。
いくら有名であろうと、芦別と縁もゆかりもないミュージシャンに大枚をはたいて、気のない歌を作ってもらうよりは、ずっとマシだと思うのだが。

fuji0002しかもCDのプロデュースは、これまたディランだけでなく芦別のいろいろな場所でライブをしてくれている「藤井康一」さんが引き受けてくれた。

以前テレビでも顔の売れている芸能人が、芦別でコンサートを行った時「赤平の皆さんはじめまして」とまじめに言ったことがあった。
すくなくともインディーや藤井さんは芦別と赤平を間違えるようなことはない。

さきほど藤井さんから電話があり、今日からレコーディングを始めたという。
キャンペーンにふさわしく、レゲエ・テイストも加えた明るいイメージのアレンジらしい。

8/25は、芦別商工まつりで「エブリバディ・ガタタン」の完成記念ライブも行われる。
北海道のギタリストの頂点「関ヒトシ」さんもサポートで来てくれることになっている。

みなさん是非応援よろしくお願いします!