なんだか雨後の筍のようにワラワラと新党が出てきて、今のところ14もの政党がある。11573
解散した途端に野ダメ・アカンターレは、野党気分に逆戻りして、せっせと自民党攻撃に精を出している。
やっぱりこの民主党という素人政治集団、他人の上げ足を取る程度がお似合いの政党だったってわけだ。
その姿を見ているとまさに水を得た魚・・ってより、田んぼに戻ったドジョウのように活き活きとしている。 
ま、このマニフェスト詐欺どもに、もう一度騙されてみたいと思っている人はいないと思うけど、世の中はなにが起きても不思議じゃないからね〜。
くわばらくわばら。

じゃひるがえって自民党はどうかってぇと、原発再稼働を始め、国防軍だのTPPだのと、これまた危なっかしい。
しかも国民の唯一ともいえる権力者からの防波堤、日本国憲法までを権力者側から改定しようとしている。

ken2この憲法改正案では国防関連のことだけがクローズアップされているが、もっともヤバいのは、基本的人権の削除だ。
たとえば第21条は、「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」との現行規定に「前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない」という条文を追加したのだ。
 これだと権力者が「公益及び公の秩序を害する」と判断したら、表現の自由が許されなくなってしまうことになる。

第12条にも「自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、常に公益及び公の秩序に反してはならない」と書かれている。 
結局、秩序優先、公益優先で、権力者の意向次第で、国民の基本的人権は制約されてしまう。
もうすっかり政権をとったつもりの自民党だが、そこいらを見極めないとまたもや暴走政権ができてしまうことになる。

120411aそもそも権力者から民衆を守るために、最高法規として位置づけられている憲法を権力者につごうよく
 変えられた日にゃ何のための憲法かわからない。
どの政党を選ぶのも自由だが、この三年ちょっとで日本がどれほどガタガタになったか振り返ってみれば、次の選挙は棄権なんぞ できるもんではない。
マスコミもあてにならない今、いろいろな方法で隠されている情報を集めるしかない。

で、とりあえず「原発再稼働」「消費税増税」「TPP」についての各党の政策方針をひとつ。

seitou