庶民の願いの ひとつは「景気よくしてくれ」だと思う。6b08b20b
橋下のブレーンである竹中平蔵様は「若者には貧乏になる自由がある」といい、やる気のないもの、力のないものは勝手に貧乏人になってくれ。そのかわり成功者の足を引っ張るな!と、おっしゃっておられる。

さすが小泉構造改革で日本を弱肉強食のジャングルに叩き込んだお人だけある。
竹中様によれば、力のあるものが勝利を納めれば、そのしずくが貧乏人にまで行き渡るはずだという理屈である。
つねに供給側、つまり資本家、富裕層、大企業側に立っている。
6b30いわゆる勝ち組サイドからの理屈だ。
しかし「構造改革」「規制緩和」で市場競争に勝ち残った企業に集まった富は市場に回ることなく、内部留保、海外投資などに回された。
で、今のこのザマである。

とまぁ、経済のド素人がグズグズいうより、このHPを見れば誰にでもわかるようにこの仕組が書かれている。
ぜひ読んでもらいたい。

http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-224.html

これを読んだあと、どの政党に投票するかは自由だが、威勢のいい言葉やキャッチコピーに騙されないように、自分で調べて自分で考えなければまた元の木阿弥だ。

12/7の三陸沖地震が、東日本大震災の前に起きたマグニチュード7クラスの前震に似ているとの指摘もある。
http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11423398423.html

ということは、東日本大震災クラスの巨大地震が日本を再び襲うかもしれない。
政治家が無能だとどれほど危機に対応できないかは、尖閣問題を始め、北朝鮮からのミサイル発射時の対応の遅れ、東日本大震災などでの民主党の対応で嫌というほど見せつけてもらった。
おまけにまったく守られないマニフェストにいたっては茶番を通り越している。
マスコミに頼らず自分で情報を見つけ、正しい判断を身につけるようにしなければ、今度こそ日本は再起不能になってしまう。
images