玉置宏じゃないけど(古いか?)またまたこのブログも「一週間のご無沙汰」。tama
いくつか重なっていた用事も少し片付き、なんとかひと息つく時間ができた。

昨日は夏に予定している野外ライブの初のスタッフ・ミーティング。
最初から大勢集めてもまとまらないので、とりあえず中心的な人間を集めることにした。
初対面の人も多いので、まずは自己紹介から。
野外ライブもイベンターまかせにしないとなると、実にいろいろな仕事があるので、様々な分野から経験者を集めなければいけない。

今回はアートの展示もやる予定なので、そちらのエキスパートにも来ていただいた。
ステージ設営やポスター、チケットのデザイン、広告、広報、電気や水道の工事、仮設トイレの設置、駐車場の確保、警備、ミュージシャンの手配、宿泊や食事の手配、各種手続きetc・・、やらなければいけないことは山ほどある。

7月の末といっても、あっと言う間に時間は過ぎる。
meetごきげんなライブをみんなで楽しむためには、入念な準備が必要だ。
さすがに色々なイベントをこなしてきたメンバーが多かったので、次から次へとアイディアが出て頼もしい限りだ。
「今の芦別に見合った身の丈に合うこぢんまりした規模で」というお客様の意見もあったが、どうせ苦労するなら、「北海道に芦別あり!」ってところを見せつけるようなイベントにしてみたい。

まして今回は「次世代への継承」も目的のひとつ。
心意気ひとつでここまでやれる!ってなものを伝えておきたい。
このあいだも70代のお客さんがわざわざ吹雪の中来てくれて「あんたがなにかやると聞いたけど、及ばずながら自分の名前もスタッフに入れておいてくれ」といってくれた。
「町がさびしくなると、考え方まで萎縮してしまうから、あんたみたいな人に頑張ってもらいたい」と、これまたありがたいお言葉をいただいた。

豚もおだてりゃなんとやら。
こりゃあ、不肖ディランの怠け者も死ぬ気で頑張らねば!と気合が入った。
どんなものを皆さんの前にお届けできるかは見てのお楽しみ。
7月は芦別に集合せよ!
yoshioka2