1947023珍しく昼前に起きたので、午前中のタイムセールなるものに行って来た。
芦別は高齢化が進んでいるので、スーパーなどは午前中のほうが客が多い。
案の定、そのスーパーもじいさん、ばあさんで混雑していた。
とにかくテンポも歩幅も違うので、あちこちでぶつかりそうになりながらやっとレジに並んだ。
見るともなしに2つ前のおばあさんの買い物に目がいった。

仏花と牛乳、柿が二個と和菓子が六個ほど。
あとは長ネギなどの野菜が少し。

「よっぽどあのお菓子が好きなんだべなぁ。仏壇にお供えしたあとに食べるんだべか。」とか思いながら並んでいたら、なにやらレジの人と話し込んでいる。
よくよく見てみると手に持った千円札が二枚。
会計がその二千円を超えているらしい。
困ったおばあさんは、まず柿を戻し、次に野菜をいくつか戻したがまだ二千円では足りないみたいで、名残惜しそうに和菓子を六つとも戻してしまった。

03来年の春になると、このおばあさんにも消費税増税がやってくる。
「食品には消費税をかけないでもらえないべか」という意見もあったが、「広く公平に」ってなことで、みんなにまんべんなく増税してくれる。
それだけじゃ足りないらしく、落ち着いた頃を見計らって10%にもしてくれる予定らしい。

そうなった日にゃ、あのばあさんは仏壇に上げる花もあきらめなきゃなんなくなるんだべか・・。
アベノミクスでどこの景気がよくなってんだかしらないけど、年寄りが好きなお菓子ぐらい好きなだけ食えるようにしてもらえないもんだべか。
003

ま、金のために食い物をガマンしたことのないおぼっちゃまくんにゃわかってもらえないか・・。