ケーヤンのライブが終わって、あっという間に一週間が過ぎてしまった。key01
今回も道内外からたくさんのファンが集ってくれて、とても楽しい時間を過ごすことができた。
去年はウルフルズの活動再開などで、スケジュールが合わずディランでのライブがなかったので、2013のハーベスト以来の再会だ。

今回は予約で満席だったので、満席用特設ステージ?での演奏になった。
key02去年、富良野でシナロケの前座をしていた「ほらふきイナズマ」のメンバーも最前列で盛り上げてくれたし、初めてのお客さんもたくさん来てくれた。

それにしてもアンコールでシナロケのTシャツに着替えたあとの、「ユー・メイ・ドリーム」には泣けたなぁ。
きっとシーナさんも天国から一緒にシャウトしてくれてたことだろう。 
いつもステージから「夢は叶うわよ!夢を持ってね」と語りかけてくれた偉大なロック・クイーン。
いまこうやって自分の生まれ育った町に作った自分の店で、大好きなミュージシャンのライブを楽しんでいる。
夢の様な時間が目の前にある。
key03これでリハの時にやっていた山口冨士夫さんの「おさらば」なんかやられたら、完璧な号泣モードに入るところだった。

打ち上げも大勢の人が残ってくれて、サインをしてもらったり、ピックをもらったり、集合写真を撮ったりで大盛り上がりの夜だった。ケーヤンは「フーテンの寅」が好きだという。
フラッとやって来て、ゴキゲンなロックンロールでみんなを笑顔にして次の町に去っていく。 
まさしくロックンロール寅さんだ。
またふらっとやってくるのを楽しみにしていよう。
 
c0227168_07161502