P42000515月も半ばってぇのに、いっこうに暖かくならず、しまいにゃストーブまで焚かなきゃいけないぐらいだ。
そのせいだけでもないだろうが、商売の方もそれほど忙しくはないので、ちょいと旅に出かけることにした。
この稼業のいいところは、世間が込み合う時期を避けて旅に行けるところだ。
夫婦で仕事をしていると決定も早い。
社長であるマダムが「行く!」といって、社員の私が「はい」といえば即決定。
マダムは、いつもどおり沖縄方面に出かけたそうだったが、狭いようで広い日本、まだ足を踏み入れたことのないところはいくらでもある。
遷宮前の伊勢神宮に行ったのが2005年、今からちょうど十年前だ 。
言葉ではうまくいえないほどの荘厳な佇まいに圧倒され、遷宮後も必ず来ようと思っていた。

P_20150520_080504が、昨年伊勢神宮と時を同じくして、出雲大社でも60年ぶりの遷宮が行われた。
日本の神社の表と裏、伊勢神宮と出雲大社
こりゃ行くなら今しかないってことで、大国主命の鎮座まします出雲大社に行くことにした。
最初は、鳥取空港にしようと思ったが、時間的にちょいと厳しいので、広島空港に向かうことにした。

初めての土地というのは、距離感がうまくつかめず、地図の上では近く見えても、実際行ってみるととんでもなく時間がかかったりするものだ。
P_20150517_202423_HDR

それで何度もえらい目にあったことがあるので、時間的に余裕のあるスケジュールを組むことが大事だ。
せっかく広島に一泊分のホテルが付いているので、安芸の宮島にも参詣することにした。 
初めて降り立った広島は、ひとことでいうなら、まるで札幌
これほどの都会とは思わなかったわ。
どちらかってぇと田舎に親しみを覚える方なので、どうも尻の座りの悪い心持ちがする。

広島空港から町まで、シャトルバスで約50分
地図の上では近くに見えた、安芸の宮島までは路面電車で行ったが、いやはやその遠いこと遠いこと。
朝の四時に家を出て、飯も食わずにたどり着いのが午後三時半
やはりどんなところも実際行ってみなきゃわからんわ・・。

やっとの思いで宮島名物の「あなごめし」を食べて人心地。
そして10分ほどのクルーズで安芸の宮島に到着。
いやはやなんとも初日からハードなこと。
さて、この先どうなることやら・・で、続く・・・かも。 

P_20150517_155218