P_20150517_162417写真やテレビなどで何度も見ているせいか、船の上からみた厳島の大鳥居には、それほど感動を覚えなかった。
が、上陸して近づいてみると、やはりデカイ!
しかもその日は引き潮らしく、すぐそばまで行くことが出来る。

それにしてもこのドデカイ鳥居がなんの土台もなく、海の中に突っ立ってるとは、実物を見てもなかなか信じられない。
重機も測量機器もない時代に、どんな技術でこんなものを作ったものやら・・。
現代だったらこんな工法、許可すら下りないんでないべか? 

P_20150517_162854_HDRP_20150517_163147_HDRせっかくなんで浜に降りて、鳥居のそばまで行ってみた。
水に浸かっている部分は、フジツボみたいなのでゴワゴワになっているが、なぜかそこに硬貨がたくさんはめ込まれている。
なんかのおまじないだべか?と思って、足元を見たら砂の中にもおびただしい数の硬貨が落ちている。
一瞬、ムラムラっとしたが、平家のタタリでもあると恐いので、拾い集めるのは断念した。
砂の上に落ちているのは満潮の時に海に放り込んだんだべか・・?
それにしても、さすが世界遺産
外人さんの多いこと多いこと・・で、なぜか鹿も多い。
午年のマダムが鹿と並ぶと、馬と鹿・・・馬、鹿・・。

P_20150517_165629_HDR本当だったら、ロープウェイで弥山の頂上にまでいくと、色々と見どころがあるらしいが、あちらこちらを眺めているウチに、ロープウェイの終了時間になってしまった。
ってなことで、弥山見物は次回の楽しみにとっておくことにして、千畳閣だかいうあたりを観光して、宮島を離れることにした。
土産物屋が軒を連ねる裏の路地は風情もいいので、しばらくウロウロしていたら、そこにディランで毎年ライブをやってくれる「黄金井脩」のポスターが貼ってあった。
週末に、厳島神社の高舞台でライブをやるという。
土曜日だから無理だったけど、大鳥居をバックに聴く黄金井脩は格別だろう。
さらば厳島神社。
いずれ満潮の時にもう一度訪れたいものだ。

P_20150517_170439_HDR

で、今夜はお初の広島の夜
どこで盃を傾けるべか。
P_20150517_165759_HDR