P_20150517_202732_HDR「源蔵」で呑んだあと、ちょいと商売柄、広島の夜の町を観察してみることにした。
街のあちこちには意外なぐらい、オープン・テラスの飲み屋が多かった。
北海道じゃストーブを焚いてるってのに、ここ広島じゃ夜風に吹かれながら、星空の下ワインなんぞを嗜んでいる。
暖かいところで飲み屋をやるってのは、こういうところがいいねぇ。 
何軒かを覗いたが、オープン・テラスの店はどこも満席。
ホテルに帰る途中に、洒落た店があったので、看板を見ると「ドイツ・パブ」みたいなことを書いてある。
うろつきまわって、喉も乾いたことだし、本場ドイツのビールでも飲んでやるべぇと、ドアを開けた。
P_20150517_213602_LLさすが看板に謳っているだけあって、たくさんのビールがあったので、適当に頼んで、ムール貝のスープ煮?やムール貝のパスタなんぞをつまみに小一時間ほど飲んで、ホテルに帰った。
初日にしてはなかなかお行儀のよいことである。
それにしても、ムール貝ってドイツの名産なのか? 

P_20150518_113831部屋に戻ってから、明日の天気を調べると、どうやら天気は午後からかなり崩れるらしい。
せっかくだから、山口県にも足を踏み入れたいので、広島から近い岩国の名所「錦帯橋」に行くつもりだった。
で、そのあと一路、今回のハイライト出雲大社でご参拝。
明日の午前中は晴れるらしいんで、ここは健康的に朝の散歩としゃれ込むか。
ってんで、その夜はいつもの悪癖、追加のコンビニ酒はよして早々?と眠りについた。

で、からすカァで夜が明けて、窓の外を見ると今のところいい天気。P_20150518_070944
ホテルのそばが川だったので、そのまわりを少し散歩するか・・・と、歩き出したらいつのまにか広島平和公園に着いてしまった。
今日は行かねばならないとは思っていたが、まさか散歩の途中に足を踏み入れるとは・・。
遠くには写真などで何度もみた原爆ドームが建っている。

昭和39年から、核廃絶の祈りを込めて、燃え続けている「平和の灯」や、多くの折り鶴のそばに立つ「原爆の子の像」などにお参りしたが、そこに書かれている「これはぼくらの叫びです。これは私達の祈りです。世界に平和をきずくための」には言葉を失うしかなかった。

核廃絶どころか、経済最優先で、原発を再稼働し、平和の名のもとに軍備強化を繰り返している21世紀の日本には、原爆の子の叫びは届かないらしい。

フェイス・ブックにも載せたが、原爆ドームを写した一枚の写真は、加工もしていないのに、不思議なブレ方をしていた。
これも多くの声なき叫びの一つだったのか。
P_20150518_071216_HDR