kanいつもブログを読んでくれているお客さんから「今月はずいぶん更新してるね」なんぞといわれれて喜んでいたら、あっという間に滞ってしまった。
書くことがなかったわけではなく、忙しくて書くヒマがなかったわけでもない。
いったんおさまったかに見えた寒暖差アレルギー・・のようなものが、またぞろぶり返してブログどころではない状態だったのだ。

一日いっぱいくしゃみと鼻水に悩まされる日もあったので、意を決してマダムの通う病院に診察に行ってきたのが二週間ほど前
「アレルギーの検査をしましょう」ってんで血を抜かれ、なぜか コンドロイチンを注入され、抗アレルギー薬をもらって帰ってきた。
sakeが、その薬もほとんど効果がなく、やっとの思いで週末の慌ただしさを乗り越えた。
週明けに電話でアレルギー検査の結果を聞いたところ、200以内で収まるナントカという数値が350以上あるので、何らかのアレルギーが原因だと思われるという。
とはいえ、ハウスダストではないらしい。

一瞬「酒か?」とも思ったが、「じゃあ試しに禁酒してみてください」なんていわれると困るので、グッと飲み込んだ。
で、またもや怒涛の週末が迫ってきたので、ここはいっちょう専門家のお知恵を拝借とばかりに、以前かかったことのある耳鼻咽喉科へ行くことにした。
そこで吸入をして、別の薬と点鼻薬なるものをいただき、これで週末は大丈夫と安心していた。

201508091431277ceが、その期待も空しく週末の大混雑の中、またもや店のキッチンにこもりっきりでくしゃみ、鼻水に苦しめられた。
おまけにどこがどうなったもんだか、はパンパンに張るわ、眼の奥はジンジン痛むわ、こめかみや眉間までもガンガンと痛み出す始末。
アレルギーで死ぬ人もいるってえのが、なんとなくわかる気がしたね。
いま思い返してもよくあの状態で、週末の大混乱を乗り越えたものだ。
そして忙しさも一段落したと思ったら、嘘のように症状が楽になった。

はたして薬が効いたおかげなのかはわからないが、治るんならあの忙しい時に治ってくれりゃよかったのに・・。
で、落ち着いてからネットであれこれ検索してみたら、ほとんど同じ症状で苦しんだ人のブログがあった。
その人は大学病院を含む三つの病院を回り、皮膚科までいったがとうとう原因は特定されなかったという。
さいわい症状は収まり、今のところ再発していないという。
こっちの方も再発しないでいただきたいわ・・・。
01