pack-F初めて頭脳警察を聴いたのは、中学三年の頃だった。
やっと少しギターを覚えたての頃で、流行りだったフォークソングをなんとなくダラダラと弾いていた。
拓郎や泉谷なんかを聴いた時思ったのは、ウマイのどうのより、こんな身近なことを自分の言葉で歌ってもいいんだべか?ってことだった。
それまでのフォークソングや歌謡曲といやぁ、きちんとした作詞家の先生が美しいフレーズを並べ立て、それをまた作曲家の先生が、美しいメロディーに乗せるってのが定番だった。
ところが、岡林信康や高石ともやなんぞは、自分のまわりの出来事や考えを自分で作曲して歌っていた。
さらにボブ・ディランたちの影響だろうが、反体制ソングまで歌っていた。
しかも簡単なコード進行で・・。

img_1フォークの世界はざっとそんな感じだったが、その当時の日本のロック界といえば、「日本語でロックは歌えるのか?」なんてぇことが、真剣に論じられていた。
たしかにロックのリズムに日本語を乗せると、どうにもしっくりこない。
もともとアチラの音楽なので仕方がないが、フォークのように自分の言葉でロックをやりたいと思うのも当然だった。
そこへ出てきたのが、はっぴいえんどで、日本語をロックに乗せるために、じつに様々なやり方で挑戦していた。
しかし、田舎のぼんくらロック少年には、はっぴいえんどはなんとなく上品で、インテリの匂いがして好きだったけどイマイチしっくり来なかった。

でもって、放課後遊びに行った友達の部屋で聴かされたのが、頭脳警察だった。
1stアルバムは発売中止2ndアルバムは発売後すぐに自主回収、やっと出たのがこの「頭脳警察3 」だということだった。76014893
そして流れてきたA面一曲目タイトルは「ふざけるんじゃねえよ」
拓郎や泉谷が、自分たちの言葉で歌を作ったことにも驚いたが、こんなタイトルが許されるのか?
鋭いカッティングのギターとドラムに乗せて流れてきたその歌は、あまりに今まで聴いてきた曲と違うので、最初は英語かと思ったぐらい衝撃的だった。
歌詞カードを見ながら、聴き直すとそれはたしかに日本語で、見事にロックのビートに乗っている。

さて、それからというもの、その歌が耳について離れない。
日本語でロックが出来る!
しかもかっこよく!
XATB-1019027そのあと矢継ぎ早に、村八分、外道、サンハウス、カルメンマキ&オズ、サウス・トゥ・サウスなど、日本語によるロックの壁をやすやすと乗り越えるバンドが登場してきた。
しかし、自分にとって一番最初にその可能性を見せてくれたのは、まぎれもなく頭脳警察だった。

それからあとは、解散するまで頭脳警察のアルバムを買い、パンタがソロになってもずっと聴き続けた。
それだけ影響を与えてくれた、頭脳警察のパンタが、ディランでLIVEをやってくれた。
今までロックのおかげで、たくさんの夢がかなったが、まさかこんな夢まで叶うとは想像もできなかった。
あの頃の自分に聞かせても、きっと信用しないだろう。
ロック・ピープルに奇跡はつきものだと、ジョン・レノンは言った。
ジョン!また奇跡が起こったわ!
ロック万歳ってな気分だ。