20131106173802サーバーのクラッシュは、いまだ復旧の兆しもない
おかげでHP移転の情報も載せることができない。
ひとまずFBで新しいアドレスを告知したあと、主だった人たちにはメールで知らせた。
しかしGoogleでディランを検索しても、以前のHPしか検索できないので、困っている人もいるに違いない。
昨夜も東京から来たお客さんが「あとでHP探してみます」といっていたが、事情を説明して少し様子を見てもらうことにした。
おまけにサーバーに問い合わせようにも、ログインパスワードを失念してしまっている。
まったく困ったもんだ・・・。
ま、ネット依存度がますます加速している昨今、いま少しの不便もいいかもしれない。
以前ならライブのオファーなども、電話や手紙だったのが、今はほとんどがメールだ。
プロフィールや音源なども「HPを見てください」「YouTubeを観てください」とくる。
便利な半面、味気ないといえばなんとも味気ない

さて、そんなこんなのドタバタで滞っていた瀬戸内の旅日記
こんな調子じゃ今年中に終わるのかも怪しくなってきた。
どんどん記憶も薄れていっているので、さっさと書き進めようっと。

img_6394阿智神社のすさまじい石段で、すっかり疲労困憊した二人は、アルコール・エナジーを充填すべく、いそいそと夜の街へと繰り出した。
倉敷は早い時間に閉店する店が多いと聞いたので、目星をつけておいた店を数軒訪ねると、どの店も閉店。
日曜日なので休んでいる店が多いようだ。
いっそのこと、コンビニでとりあえず喉を潤そうかと、ホテルの方へ歩いて行ったら、すぐそばに雰囲気のよさそうな店「創味魚菜 いわ倉」を発見。
なにも遠くをウロウロすることもなかった。
青い鳥はすぐそばにいたってわけだ。

美観地区にふさわしい上品な店作りにちょいと気後れしながらも、とりあえず酒を飲んでしまえば5分で自分のうちのようにくつろげる便利な特技があるので、さっそくビールを注文。
ぐいっと飲み干しながら、日本酒のメニューに目を通す。
地元でしかお目にかかれないような酒を見つけるのも、旅の楽しみのひとつだ。
あるある・・「みたけつる」「ぼたんのつる」「燦然」「喜平」どれも飲んだことのない酒ばかりだ。
P_20160515_193521

さ、岡山名物ままかりでも肴に、いっちょうイッてみるか!

P_20160515_193340