P_20160912_210959ふだんは不信心のくせに、奈良の天河神社を訪ねて以来、神社の佇まいが好きになり、旅に出るとその土地の神社を見て回るのが恒例になってしまった。
ってなことで、ここ宮崎でも、鵜戸神宮、青島神社、宮崎神宮と三社を廻った。
レンタカーを返却し、いったんホテルに戻って、宮崎最後の夜を楽しむべく、雨上がりのニシタチへ出かけた。
目指す「北のきつね」は、まだ開いてないかもしれないってんで、軽く居酒屋で底を入れとこうと、近くの「たちばな水産」なる店に飛び込んだ。
ここがまた大当たりで、酒も大好きな「黒龍」や「五凛」なんぞも揃っている。
が、やはりここは地元宮崎の酒でいってみようってことで、日向灘の活鯛の刺し身や、サザエのつぼ焼きなんぞを肴に「千徳」「菊初御代」をいただく。

カウンターの向こうにいる坊主頭の従業員が、「どちらからいらしたんですか?」と聞くので、「北海道から希望と太陽のロックフェスに行くためにきた」というと、びっくりしていた。
P_20160912_203546「ディラン」というライブ・バーをやっているというと、自分の名札を指さしたので見ると、そこには「ボブ」と書いてある。
「海外からの出稼ぎか?」というと、生粋の宮崎っ子だという。
これもなにかの縁なので、「北海道に戻ったら、糠サンマ送ってやる」という話になった。
案の定、糠さんまや糠にしんのことは知らなかったようで、「どんな味かまったく想像がつきません」といっていた。
もしかすると、今ごろニシタチあたりに密かな糠さんまブームが起こってたりして。
P_20160912_203906

P_20160913_000046もう頃合いもよかろうってんで、ボブに別れを告げて「北のきつね」に入店。
こぢんまりした清潔感あふれる店内には、割烹着姿の女将さんと、娘さんがいた。
O浦くんとのいきさつを話し、芦別から来たというと、喜んで歓待してくれた。
おとなりの常連さんから、北海道では見かけない芋焼酎「木挽ブルー」なる酒をすすめられて飲んだが、蕎麦焼酎で有名な雲海酒造が作っているだけあって、あっさりと飲みやすい。
おつまみも北海道のものが多く「ししゃも」「鮭とば」「ホッケの開き」のほかにも「ジンギスカン」まであるには驚いた。
わざわざ松尾ジンギスカンから仕入れているとのことで、松尾の社長さんがお礼に来たこともあるといっていた。
女将さんは、野花南の出身で、二十代前半にこちらに来てそれからずっと宮崎に暮らしているという。

落ち着いた雰囲気の中で味わう、美味しい酒と料理と会話は格別で、宮崎最後の夜にふさわしい時間を過ごすことができた。
ゆったりと落ち着いた風情の町、宮崎。
ぜひまた訪れたい町だ。
今度は必ず高千穂峡に行くぞ!
P_20160912_234616

ってことで、なんとか今年中に書き終えることができた。
さて来年はどこに行ってみるべか?
P_20160912_235905_1