魔女に手痛い一撃を食らってから、明日で二週間になる。
若い頃は一週間ほどで回復したが、やはり歳とともに回復力は落ちている。
で、その魔女だが、決め手の一撃のほかに返す刀で、もう一撃食らわせていった。
yotu

スーパーから帰り、少しずつ傷みを増していく腰をさすりながら、その夜はなんとか店に出た。
ひと晩寝ると、案の定腰痛はひどくなり、りっぱなぎっくり腰の一丁上がり
こういうときは湿布をして、安静にしている方がいいってんでひたすら横になっていたが、ぎっくり腰のくせになぜか右足の甲がひどく痛む
腰の方は動かすと痛いのだが、足の甲はじっとしていても痛い
まるで、捻挫か骨折したような傷みだ。o-23-01

腰をかばって変な歩き方をしたせいかとも思ったが、それにしても痛すぎる。
そこで思い当たったのが、高尿酸血症による痛風の発作
こういう商売をしているせいか、お客さんを見回すと痛風経験者がとても多い。
ざっと思いつくだけでも10人近くいる。
「最初は捻挫かと思った」とか「骨折したかと思った」という人も何人かいたのを思い出した。

o-25-02身に覚えはいやというほどある。
男性で尿酸値7.0がボーダーラインだが、一時は9.8まで上昇したことがあった。
発作が出なかったのが不思議なぐらいの数値だ。
そのときはたまたまテレビで見た予防法が功を奏したらしく、すぐに6.8まで下げることができたが、ここ数年はボーダーラインの上を行ったり来たりしている。
その夜来た経験者の話によると、「ひどい痛みが、痛風発作を誘発することもよくある」らしい。

食べ物やアルコールのほかに、強いストレスも尿酸値上昇の原因ともいわれる。
たしかに体を動かすたびに激痛を覚えるぎっくり腰は、たっぷりストレスが溜まりそうだ。
それにしても、じっとしてても痛い上に、動かすと激痛・・・。
それでまたストレスが溜まって、尿酸値上昇なんて、堂々巡りじゃないのか?

今回の魔女はなかなかの強敵だった。
1434552210886