P4200047ここ数年、断捨離だ、ミニマム・ライフだと、あまりモノを持たない生活が見直されてきている。
そういわれて家の中や店内を見回すと、あるわあるわ・・これでもかとモノに囲まれている。
これでも移転するときに、四トントラックに五、六台はモノを捨てたはずだ。
以前東京の「深川江戸資料館」で、長屋の暮らしを見たとき、「これぐらいのモノがあれば人は暮らしていけるんだ」と感心したことがあった。
で、そのときは「よし必要最低限のモノだけ残して、すっきりしよう!」なんて思ったんだが、喉元すぎればなんとやら・・・。

とくに多いのが、レコード、CD、本、DVD
mqdefaultさらに物置には、未練がましく積み上げられたビデオテープのダンボールの山。
おまけにカセット・テープやMDまである。
新しく観たり聴いたりしたいものも多いので、過去のものまで見なおし聴き直ししているヒマがない。
が、なんとなく捨てがたい。
レコードなんかでも貴重な海賊版などもあるが、そのほとんどが今じゃYouTubeで聴くことが出来る。
映像なんかでも、観たこともないようなのが無料で手に入る
なんともすさまじい時代になったもんだ。

C7tzmCDVAAAYGiDこのあいだも懐かしいドラマを録画したビデオを見つけて、HDにダビングしようとしたらすっかり劣化して、とても観られたもんじゃなかった。
っことは、今までこんながらくたを後生大事にためこんでたってわけだ。
寒くなると億劫になるし、あまり暑くてもやる気がしない。
となると、今時期が断捨離には最適な季節だ。
まずはビデオテープから捨てるとするか!

で、お次に使いものにならないものは・・・?
大酒飲みのぐうたら亭主?
断舎利されないように、真面目にやろうっと。

20110903_010+