P_20170603_161645借りてきた本を全部読んでしまったので、図書館に行こうとしたら、整理日のため臨時休館だった。
しかたがないので、物置から古い「サライ」を二冊ばかり引っ張りだして読むことにした。
ニュースというページに、築66年の旅館を改装して芝居小屋にした「はっぽん館」の記事があった。
この小劇場は、俳優の山谷初男さんの実家だった旅館を移築したものだ。
若い人は山谷初男といってもピンと来ないかもしれないが、朴訥とした味のあるいい役者さんだ。

秋田県角館にあるこの劇場は、ステージ部分を建て増して、250人ぐらいは収容できるという。
武家屋敷を除けば、これほどの古い家は数軒もないらしい。
サライの発行日をみると1995年4月とある。
ってことは、今から22年前の記事だ。
以前秋田に旅行したことがあったが、角館には寄ることが出来なかった。
もし、まだはっぽん館があるのなら訪ねてみるのも面白いかと、ネットで現在の様子を検索してみた。
P_20170603_161659

P_20170603_161707すると、そこには「秋田県角館のはっぽん館を買いませんか」とある。
考えてみれば、山谷さんは今年85歳
2015年日刊ゲンダイのインタビューで「数年前までは永(六輔)さんが定期的に出演してくれ、そのたびに満席にしてもらってた。でも、今は人が集まらず、売りに出してるんだよ。ちゃんと維持してもらえるなら、タダで譲ってもかまわないんだけど」と言っている。

また不動産屋のページでは、「土地面積457.58㎡( 約323.9坪)
建物述べ床面積457.58㎡  木造2F建 劇場ホール+7DK
劇場ホール付和風建築。旅館風の仕上がり  3700万円 ※価格応談」ともある。
写真を見ると、グランドピアノもある。
でもタダと3700万円じゃ天と地ほども違う。

山谷さんの「タダで譲ってもかまわない」という言葉にかけて、交渉してみるべか?
旅館の免許もとって、泊まれるライブ劇場なんてどうだべか?
あ、ちなみに「はっぽん」っていうのは、山谷さんの子供時代からのあだ名だそうだ。
b4fd95786ba78b2c2772ef0243c5523d20150123154639031_262_262