11002053935毎月同じことを書くようだが、あっという間に7月
今年ももう半年が過ぎてしまった
若い頃は毎日ひまを持て余して、ろくでもないことばかりやっていたのがウソのようだ。
あの頃と時間の進み方が違うんだべかね?
取り返せるなら、あの頃のありあまっていたひまを取り返したいぐらいだ。

6月はこれでもかっていうぐらい用事が立て込んで、このブログもほとんど手付かず状態。
覗いてくれる奇特な方々には申し訳ないが、とてもブログまで手が回らなかった。
とはいうものの、このあいだの保健所の検査でやっとひと段落つき、ようやく手が空いた。
さて、これからは野外の季節
太陽の下、キリッと冷えた純米酒でも・・・なんて思っていたら、この梅雨のような天気。
どーなってんの?北海道。
daikま、お天道さまに楯突いてもしかたがないので、せっせと晴天祈願祭に精を出すか。

そういやぁ6/18の大工哲弘ライブ
これがまた格別の夜だった。
泡盛を飲みながら聴く三線と大工さんの歌声。
目をつぶっていると北海道にいることを忘れてしまう。
とくにアンコールで聴かせてくれた十八番「とぅばらーま」は絶品だった。
若い頃から大工さんのこの歌はよく知られていて、とぅばらーまの大工か、大工のとぅばらーまかといわれていた。
名古屋から来たファンの女性が入れる合いの手も美しく、店の中に沖縄の風が吹いているようだった。
daiku02
沖縄音楽の長老たちが世を去って、今では大工さんが名実ともに沖縄音楽界の最高峰だ。
八重山民謡の無形文化財保持者で、沖縄民謡九団体の会長もしている。
そんな人がぶらりと遊びに来て、歌声を聴かせてくれる。
こんな贅沢な夜はなかった。
こういう夜があるから、何十年も続けてこられたんだなぁ。
ライブ万歳!