IMG_3980昼飯の蕎麦もこなれて、温泉にも入り、仮眠をとって万全の体制で夕暮れ迫る帯広の町を駅に向かって歩いた。
札幌や旭川に比べると、人の数も車も少ない
歳とともに人混みや混雑が嫌いになってきているので、これぐらいのにぎやかさがちょうどいい。
帯広駅の裏に出てタクシーを拾い「うなしんまで」というと、「もうそんな季節ですか」と運転手がいう。
ほんとはうなぎは冬のほうが脂が乗って美味いんだとか・・。
ま、酒飲みにとっちゃどうでもいいことだけどね。
で、ほどなく「うなしん」にご到着。

客はカウンターに1人、小上がりに4人、こちらも腰を落ち着ける気満々なので、小上がりに陣取らせていただく。
まずはビールで乾杯し、「串やき5本セット」を2セット注文。
最初にやってきたのは、希少なレバー
「なくなり次第売り切れ!」という、当たり前のコピーが光る一品だ。
プリプリっとした食感がたまらない。
すかさず熱燗を二合注文。
間髪を入れずに焼きあがってくる「かしら」「ひれ」「短尺」「肝」のお歴々。
una01
すっきりしたものも欲しいってんで「うざく」も注文。
una02  una03日本酒なら蒲焼きよりも「白焼き」がよかろうってんで、白焼きと柳川も注文する。
あとはひたすら呑みかつ喰らうだけだ。
ふと気が付くと、カウンターの男性も、こちらに負けじと色々注文しながら、酎ハイを飲んでいる。
気分は「孤独のグルメ」ってところか?
いや「孤独の〜」は酒を飲まないから、さしずめ「酒場放浪記」ってところか。

あとは自分の好きな串を何本かいただき、酒も追加して本日のメインイベント終了。
マダムもすっかりご満悦のご様子だ。
タクシーを呼んでもらって、帯広の町を散策して、通りすがりの店で少し飲んでホテルに戻った。
するとそこには宿泊者用に、夜食のうどんが用意されていた。
部屋も広いし、眺めもいい、飲み屋も近くて、コーヒーは飲み放題、おまけに夜食まで付いてくる。
これでお二人様¥6,800
帯広の定宿に決定だな。

ってことで、明日は雨らしいので、インドア中心の計画を練るとするか。

una05