お盆が近くなったと思ったら、いきなり寒くなったのでびっくり!
噂によると、暖房をいれた家もあったとかなかったとか・・・。
これで北海道の夏もすっかり終わりかと思ったら、今日からまた暑さがよみがえってきた。
この寒暖差が北海道の夏の特徴だべかね。

でまぁ、長々と書き連ねてきたこの旅行記も、ここいらでおしまい。
幕別に入ったわれわれは、町のスーパーでお気に入りの酒を仕入れて、ふと小高い山の上を見た。
するとそのてっぺんには、なにやらどでかい建物がそびえている。
なんかの宗教施設だべか?と、ナビの言う通りに山道を登って行くと、その建物にどんどん近づいていく。
たどり着いてみると、そのどでかい建物が今夜のお宿「幕別グランヴィリオホテル」であった。
hotel-long

フロントでキーを受け取り、7階の部屋にはいると、昨夜に続いてここもベランダからの絶景が広がっている。
P_20170710_160136_HDR今回の旅は、絶景に恵まれている。
黙っていても小高い丘の上にあるってのに、さらにまた7階も上がれば、そりゃあ見晴らしがいいに決まってるってもんだ。
温泉ももちろんモール温泉で、10種類以上の湯船も備えているバブル時代の残り香あふれる湯宿だ。
ひとっ風呂浴びて、ベランダからだだっ広い十勝平野を眺めながら、ビールを飲んでいるとバカでかい観光バスが何台も駐車場に入ってくる。
で、そこから降りてくる団体さんは、爆買いでその名を轟かせている中華の方々
今夜のヴァイキング会場を想像すると、寒気がしたが、さすがそこらへんは抜かりがなく、中華系の方々の夕食会場は、われわれとは別の場所に設定されていた。

P_20170711_032700_NT大きいことはいいことだ精神の拡大主義の方々と、ヴァイキングの会場を共にするなんぞ、考えただけでも恐ろしいわ。
日本酒利酒付きのコースを味わい、遠くに大音量の中国語を聞きながら、その日の夕食はおごそかに終了。
夜明け頃目がさめてベランダに出ると、広大な十勝平野を大きな満月が照らしていた。
マダムの「うなぎで一杯やりたい」から始まった、二泊三日の十勝の旅はこんな感じで終わっていった。
降る降るといっていた雨はひと粒も降らず、芦別に入る少し手前になってから、ようやく思い出したように土砂降りになった。
これもマダムの日頃の行いの良さのおかげか。

ってなことで、マダムご生誕◯◯周年記念旅行記、第一巻の終わりとするところであります!
さらば十勝よ、また来る日まで・・・。