zuk9/3の「ミュージック・ハーベスト」、一週間後の9/10「パンタ・ライブ」が終わったと思ったら、どうも夏も一緒に終わってしまったようだ。
日が差すと少しは暖かいが、雨なんぞ降るとぐっと冷え込む。
おかげで大雪山の紅葉も一気に進んだようだ。

ハーベストで一番心配だった天気も、台風がそれてくれて、朝からいい天気。
心地よい秋風の中、素晴らしいライブを楽しむことが出来た。
どのバンドもよかったが、今回のハイライトは初出演の「ズクナシ」
女性3人の編成だが、ゴリゴリの本格的なソウル・ミュージックで会場を沸かせてくれた。
歌よし、リズムよし、パフォーマンス最高で、さすが三宅伸治さんが目をかけただけのことはある。

zukubaby2017-001ボーカルの出産のため、一時活動を休止していたが、出産後三宅伸治プロデュースでアルバムを制作。
一緒にツアーを回ったりしている。
今回も三宅さんが保護者のように付き添っていた。
もちろんステージでも、ギターはもちろんマンドリンも弾いて盛り上げてくれた。
YOU TUBEで事前に調べてはいたのだが、やはり生の迫力は格別なものがあった。
お客さんはもとより、スタッフたちも気に入ったようで、「ぜひディランで呼んでください」と何人もにいわれた。
打ち上げで当人たちからも「こんどディランでライブやらせてください」といわれたので、いずれライブが実現するかもしれない。

pantaそして去年に続いてのパンタ・ライブ
「ラブ・マイナス・ゼロ」「マイティ・クイン」「アイ・シャル・ビー・リリースト」と3曲もディランの曲をカヴァーしてくれた。
頭脳警察の硬派なイメージとは違い、なんとも気さくな人で、アンコールでは「これでパブリック・イメージは終了!もうあとは好きな曲歌わせてもらうね」とキャロル・キングの「Will You Still Love Me Tomorrow ?」やドリフターズ(いかりやさんの方でなく)の「Mexican Divorce」なんて珍しい曲を歌ってくれた。
打ち上げでも楽しい話を色々と聞かせてくれて、残ったお客さんたちも喜んでくれた。

ってなことで、2つの大きなイベントが終わり、かなり「燃え尽き症候群」状態だ。
そこへもってきて、マダムからは「いつ旅行に連れてってくれるの?!!」と連日矢のような催促。
燃えカスにもう一度火をつけて、もう少しがんばるか・・・。