original駅の近くでも安いホテルは、だいたい裏口?の方にある。
だもんで、飲み屋のかたまっている方へ行くのには、高架下をくぐって反対口に向かわなければならない。
初めての浜松市は予想していたよりも大きな町で、ミニ札幌といった感じだ。
日曜日なので休みの店も多く、あちらこちら歩きまわって、階段下の看板にちょいと惹かれるものを感じた店に入った。
階段をあがると、入り口はなにやら高級クラブのような佇まい。
看板に書いてあった料金は、しごく常識的な値段だったので、えいやっとドアを開けた。
・・するとそこは入り口以上におしゃれな雰囲気。
居酒屋というよりは、高級バーか洋風割烹のようだ。

教育の行き届いた従業員に促されて、カウンター席に座り、まずはビールで乾杯。
それにしても、ここ数年は単純に「居酒屋」とか「酒房」なんて書いてある店が少なくなってきている。
ここも「色彩和房」なんて肩書が付いている。
ほかにも「酒肴遊善」だの「楽食楽飲」「酒心食遊」「座ダイニング」だの色々工夫をこらしている店名を見かける。
だんだんわれわれのようなもんの居場所がなくなっていくような気がするね。
0006048070E2_740x555y

P_20171015_200245で、マダムのお目当ての「キンメダイのお造り」「ねぎま串」などを注文して、静岡の地酒「白隠正宗」に移る。
しゃれた店だったけど、いったん飲み始めたら、不思議と落ち着く。
初日でもあることだし、そろそろおいとましようかと思ったところ、頼んでいた「メゴチの唐揚げ」が出ていないことに気がついた。
忘れてるならそれでもいいかと思って、席を立とうとしたら「お待たせいたしました」と運ばれてきた。
時間をかけてじっくりと揚げられたメゴチは、頭から尻尾までサクサクと食べられる。
忘れていたわけではなく、きちんとした仕事をしていてくれたようだ。

熱田の「舟寿司」といい、ここ「色彩和房WASABI」といい、今日はなかなかにあたりが良い。
で、このまますめば浜松の夜もいい思い出ばかりだったはずなんだが・・・。
世の中、そういいことばかり続くものではない。
P_20171015_203714