IMG_1481イルカパークから小島神社へ向かう車内では、さっきの△△さん(26)の男前な対応の話題で持ち切りだった。
「○○(23)潜水の用意!!」と叫んでからの迅速な動き。
30分以上も冷たい海に潜っていたにもかかわらず、いやな顔ひとつ見せず「見つかってよかったですね」と言った時の爽やかな笑顔。
近くに住んでたら毎日でも通いたいぐらいだね・・・迷惑だろうけど。

ってなことをしゃべっているうちに、小島神社に着いた。
さて、あれだけあった参道の水は無事に引いているだろうか?
近づいてみると、堤防のそばに車が何台も停まっていて、神職の姿も見える。
神道では一日と十五日がお参りの日なので、今日十五日は受け持ちの宮司さんが祝詞でも挙げにきたのだろう。
そのまわりを若い女性が何人かで取り囲んでいる。
近頃はスタンプラリーのように御朱印帳を集めたり、パワースポットめぐりとやらで開運祈願や恋愛成就などのご利益を求めて方々の神社を廻るのが流行りらしい。
にぎわうのはけっこうだが、テーマパーク気分でキャアキャアやってる連中も少なからずいる。
なかには参拝の作法も知らず、ただ賽銭を放り込んで、願い事を祈っているようなのもいる。
鳥居をくぐる時は一礼ぐらいしましょうね。
あと参道の真ん中は歩かないこと!!
P_20180515_153452

P_20180515_100505で、肝心の小島神社はというと、見事に参道まできっちりと潮が引いている
まるで十戒のモーゼのような気分で島に渡り、裏側にある鳥居をくぐって、お参りをすませた。
ご祭神は、伊弉册尊(いざなみのみこと)、軻遇突智命(かぐつちのみこと)、埴安姫命(はにやすひめのみこと)となっている
古事記によれば、イザナミの命がカグツチの神を生んだとき、やけどで死んでしまい、その排泄物から生まれた神がハニヤスの神ということになっている。
ってことは、この神社は黄泉の国をあらわしてるんだべか?
この神社も宮古島の大神島と同じく、小石ひとつ枝一本持ち出し、持ち込みもしてはいけないという。
なにやら謎の多い神社だ。
P_20180515_154411

ってなことで早めに今夜の宿泊地、郷ノ浦地区へ向かう。
壱岐の島には何カ所か温泉もあるというので、途中見かけたら立ち寄ってみるのもいいかも。
それにしても地図で見ると小さな点のようなこの壱岐。
なかなか回りごたえのある島ですこと。
P_20180515_154847