CPMDrONU8AAc-PF.png_large四年に一度のまつりが始まった。
といっても、オリンピックじゃなく統一地方選挙
まつりといってもお祭りじゃなく、政(まつりごと)の方。
今回の芦別市議選は定数12議席のところ、14人が立候補している。
いつもなら市長選もあるんだが、前市長が2年でリタイヤしたため、ずれてしまった。
ってなことで、落選する候補は2人
新人さんも何人か出てきてなかなかにぎやかだが、その2人には入らないだろうと思っているのか?どうにも全体にテンションが低く感じる。
昨夜来たお客さんも「なんだか盛り上がってないですね」と言っていた。

41RSZ5RK0YL._SX326_BO1,204,203,200_そういえばこのあいだ来たお客さんの言っていた話しが面白かった。
現役議員と会ったとき「どうして議員になることを選んだんですか?」と聞いたら「食えないから!!」と即答したという。
つまりふつうに稼いで生活する能力のない人間が、なにかの選ばれるだけの要素があって(人気とか愛嬌とか etc・・)議員にはなれたってことか。
それにしても「食えないから!!」とはなんともストレートなご発言。
たぶん本人に聞けば「そんなのジョークに決まってるだろう」というだろうが、まさしく洒落にならない。
で、その本人が選挙カーから「仕事をさせてください」と言って手を振っている姿は、もう漫画の世界だ。
当人にとっては、四年に一度の就職活動ってところか・・・。

別の議員に「議員になってなにをやるんですか?」と聞いたら「やらなきゃならないことを全力でやるだけです!!」とというので、「やらなきゃならないことってなんですか?」と聞いたら「とにかく全力で取り組みます」といわれ空いた口が塞がらなかったという。
どの候補もお決まりの台詞を連呼するだけの選挙戦もあと数日で終わる。
ふだんなら聞きたくもない名前で目を覚ます朝の不愉快なこと。
「受かったらまったく顔を見なくなるよね」と言ったお客さんもいた。

内田裕也の愛唱歌「コミック雑誌なんかいらない」が毎日頭の中でリフレインしている。