IMG_20190512_102156出発前夜の旧友との再会も、朝まで騒ぎたい気持ちをグッとこらえて、なんとか乗り切った。
酒は途中でやめたが、閉店したのは午前二時過ぎ。
丹念に後片付けをして、寝床に入ったのは三時近くになっていた。
予定では朝四時三十分出発・・・。
もう眠るのはあきらめて、旅のシュミレーションをしているうちに出発の時間とあいなった。
さらば芦別!! 五日後にまた戻ってくるぜ!!

ってなことで、いつものパーキングに車を預けて、道民の翼AIR DO 130便に乗り込む。
昨今はLINEアプリでQRコードを提示するだけで搭乗できる。
なんとも便利なような、味気ないような時代になったもんだ。
一睡もしていないので、飛行機の中で寝ようとしたが、変に目がさえて眠れない。
で、お手製の旅程表なんぞを引っ張り出して、またぞろ旅のシミュレーション
飛行機が着陸態勢に入った頃には、頭の中では芦別に無事戻っていた。
が、現実はここから旅の始まり。

IMG_20190512_104207空港から出ている名鉄空港特急ミュースカイなるものに乗り込み、一路名鉄名古屋駅を目指す。
このミュースカイなる特急電車、最高時速120kmものスピードでかっ飛ばしてくれる。
しかも江の電のように、建物のすぐそばを走るために、まるでジェットコースターのようなスリルが味わえる。
名鉄名古屋駅に到着したのはいいが、切符売り場に岐阜行きの表示がない。
おまけに駅は日曜日だからか大混雑。
なんとか窓口を見つけて、岐阜への行き方を尋ねたところ、非常に言いづらそうに「それはJRさんの方です」と教えてくれた。
入念にシミュレーションしていたにもかかわらず、名鉄からJRに移動するのを忘れていた。

ってんで、一度名鉄を出てJR駅を探したが、名古屋駅前の混んでいるのいないの。
観光客から地元の連中から、はては募金活動、署名運動、ティッシュ配り・・・、出発の時間が迫っている中、文字通り人混みをかき分けて、ようやくぎりぎりで岐阜行きに乗り込むことができた。
それにしてもここいらじゃ、キオスクはすっかり姿を消して、ホームにもコンビニが乗り込んできている。
パンやおつまみも自動販売機で売られていて、以前のような駅のホームの風情はまったくなくなってしまった。
駅弁売りの声や冷凍ミカンが懐かしいわ。
IMG_20190512_112719

さてあとは岐阜で敦賀行きに乗り換えれば、本日の移動は終了。
敦賀でレンタカーを借りるために、車内で一杯やれないのだけが残念だ。
index_1
「喜劇 駅前弁当」より