世間様も8月は盆だのなんだのと忙しかっただろうが、わが家もなにかと慌ただしくこのブログのことはすっかり頭から消えていた。
7月28日のスイスギターズのライブが終わり、やれやれと一息ついたのもつかの間、急遽猛暑の東京へ突然4日間も行くはめになり、戻ってきたらお盆だ夏風邪だと追いまくられ、気がついたら早や9月になっていた。
こんな調子じゃ古稀まであっという間だな・・・。
ってことで、旅の備忘録のつもりで、ここに記録を残しておいて、老後に読み返すのを楽しみにするか。

DSC00663初めての敦賀の夜も無事に過ぎ、深酒もしなかったおかげで清々しい朝が来た。
まずは北陸総鎮守「気比神宮」に遅ればせながらも、ご挨拶の参拝。
高さ11mの大鳥居は、春日大社(奈良県)・厳島神社(広島県)と並ぶ日本三大木造大鳥居の一つに数えられている。
境内には松尾芭蕉の像があり、月に照らされた神前の白砂に感動して詠んだという「月清し遊行の持てる砂の上」の句碑も建っている。
旅の安全を祈り、境内に湧く「長命水」をペットボトルに詰めて、神宮をあとにした。
目指すは北陸のハワイ、エメラルドグリーンの海に浮かぶ「水島」
ってなことで、町を抜け、敦賀半島をひたすら北上する。
DSC00669

DSC00686しばらく海沿いの道を走っていると、あちこちに景色のいい場所があって、つい車を止めて見入ってしまい、なかなか目的地に着かない。
で、ようやく水島らしきものが見えてきたので、近づいてみたがどうやら橋のようなものはない。
途中で「船着き場」という看板があったのを思い出して、そこまで戻ってみる。
が、なぜか船着き場には一艘の船もない
そばに売店があったので尋ねてみると、夏休みシーズンしか島には渡れないという。
すぐそこに見えているだけになんとも口惜しいが、ここから見える海も十分にきれいなので、そこいらを散策して水島をあとにした。
きちんと調べていけばよかった・・・。
DSC00698

泣く泣く水島をあとにして、次なる目的地永平寺町を目指す。
といっても曹洞宗に宗旨替えをして、参禅して悟りのひとつでも開いてやろうなんてわけではない。
ふだん愛飲している福井の名酒「黒龍」の酒蔵が永平寺町にあるのだ。
で、美浜原発を右手に眺め、敦賀湾をグルッと廻り国道8号線を北へ向かう。
途中何気なく寄ったそば屋でランチをしたが、やはり福井の蕎麦とくにおろし蕎麦はうまい
「福井ねぇ・・・蕎麦ぐらいしかないよ」といった北陸出身のS先生のことばを思い出しつつ完食。
運転じゃなきゃ一杯やるところなんだがなぁ・・。
IMG_20190513_105909