DSC00706国道8号線を越前、鯖江、福井市と北上していくと、町がどんどん大きくりっぱになっていく。
福井市を超え、黒龍酒造の名前の由来でもある九頭竜川の手前を右に入り、ナビに従って黒龍酒造に到着。
創業は文化元年(1804年)、二百年以上の歴史を持つ福井の老舗酒蔵だ。
さて蔵元見学はどのようになっているのかと、スマホで検索してみる。
するとそこには「観光蔵としての設計をしていないため、蔵内には危険個所も多く、一般の方の蔵見学はお断り致しております」・・・という無情なお言葉。
ちゃんと調べてから来ればよかった・・。
仕方がないので、ネットなどでも手に入らない珍しい酒を何本か買わせていただき、泣く泣く黒龍酒造をあとにした。

DSC00710気を取り直して、お次の目的地「平泉寺白山神社」を目指す。
石川、岐阜、福井三県をまたがり、富士山、立山と並んで三大霊峰に数えられる白山。
この白山を祀る神社は全国に二千六百以上もあるという。
ご祭神は菊理媛(くくりひめ)という女神様で、イザナギ、イザナミ御両神がケンカをした際に仲をとりもったと日本書紀に一度だけ登場する謎の多い神だ。
それまでだれも足を踏み入れることのなかった白山に初めて登拝したのが、修験僧だった泰澄(たいちょう)大師。
平泉寺はこの泰澄大師が開山して1300年の歴史がある。
広大な社地一面は苔に覆われ、泰澄が白山権現のお姿を見たとされる霊泉「御手洗池」もある。
DSC00714

ってんで、駐車場に車を停め、白山神社へ続く長い石段を上る。
一歩境内に踏み込むと、空気ががらりと変わるのを感じる。
あたり一面を覆っている苔がよけいに荘厳な雰囲気を醸し出している。
本殿に参拝したあと、泰澄大師が白山権現のお姿を見たとされる御手洗池にも行ってみる。
そこは、今までの雰囲気ともまた違い、まるで別の世界に迷い込んだようなまさしく神域といえる不思議な空間だった。
DSC00723

IMG_20190513_144343なんとなく夢見心地のまま、駐車場へ向かっていたら、マダムが珍しくソフトクリームを食べるという。
車でしばらく待っても来ないので、その店に入ってみると、中はお土産物と骨董が所狭しと並べられている。
ならばってんで、土産物をいろいろと物色していたら、マダムがあるものに目を付けた。
以前から欲しいと言っていた「銘々膳」とかいう代物。
しかも値札の横には「バドミントン山口茜選手の蔵出し品です」と書いてある。
山口茜選手が誰だかもわからないのに、ありがたがってどうしても購入するという。
いくら軽いものとはいえ、旅先でこんなかさばるものを買うことはないだろうと、反対したがとうとう押し切られてしまった・・・。

で、ここでもありがたいご神水をいただき、次なる目的地に向かった。
DSC00720