IMG_20190513_211619敦賀の夜の魔窟から無事?脱出したらしく、ホテルのベッドの上で目が覚めた。
とりあえず所持品を確認したところ、なくし物、落とし物もないようだ。
時計を見るとam8:30、チェックアウトまでもう少し眠れそうだと横になったが、なにか大事なことを忘れているような気がする。
酒のたっぷり残った頭をフル稼働させると、大変な言葉がよみがえってきた。
昨夜の「哲ちゃん」のおかみサンは「朝九時まで移動させれば駐車しても大丈夫ですよ」というようなことを言っていた。
九時を過ぎたらどういうことが起きるかを考えるより、今はまず車を移動させなければ・・・と、考えているあいだにも時間は容赦なく過ぎている。

「タクシー呼んだら?」とマダムは言うが、初日の夜呼んだタクシーは到着まで二十分以上かかったではないか。
駐車場までは約2km、1km約十分で歩くとしてギリギリ間に合うかもしれない。
ってんで、車のキーと携帯を持ってホテルを飛び出した。
外へ出てみるとピーカンのいいお天気・・・なんてのんきなことを考えている場合ではない。
通勤、通学らしき人々を追い越しながら駐車スペースへ急ぐが、思ったように足が動いてくれない。
途中、松本零士のモニュメントが目に入る。
落ち込んでいる男のそばで女が空を見上げている、見ようによっては不吉な像を横目に通り過ぎる。
IMG_20190514_085523

IMG_20190514_085814ようようのことで駐車場までたどり着いたが、記憶していたよりずっと広くこの時間でもまだたくさんの車が停まっている。
しかもレンタカーのため、どれが自分の車かよくわからない。
キーに付いてあるナンバーで一台一台確認して歩く姿は、不審人物そのものだ。
と、○○銀行の前で発見!!・・・街頭時計を見ると8:57・・・・!!
次々と出社してくる行員たちに不審がられないように、平静を装って乗車。
エンジンをかけて安全な場所まで移動して、マダムにラインを送信した。
「愛車奪還計画 ミッション完了 これより帰還」。
気分はイスカンダル星から放射能除去装置を載せて地球へワープする宇宙戦艦ヤマトだ。

紙一重で危機を脱し、無事ホテルをチェック・アウトすることができた。
これも北陸総鎮守気比大社の御神徳であろう。
さらば敦賀の町よ・・もう二度と来ることはないだろうが、濃厚な思い出をありがとう。
朝っぱらから体も脳みそもフル稼働したせいかなにやら腹も減ってきた。
美浜に向かう前に敦賀最後の朝飯でも食うとするか。
IMG_20190512_152616

午後から天気は崩れるというが、今のところは心地よい青空が広がっている。
ってことで、やっと福井県三日目の旅が始まった。
IMG_20190512_152836