wst1803020120-p1雷鳴の轟く中、車中でマダムに「鵜ノ瀬」をかんたんにご説明する。
鵜の瀬のある遠敷川(おにゅうがわ)の神様が釣りにかまけて、奈良東大寺の二月堂建立に間に合わなかったため、お詫びのしるしに毎年「お香水」を送る約束をした。
3/2の夜、白装束の僧たちが神宮寺の井戸から汲んだ「お香水」を遠敷川に流し、この水が十日間かけて奈良東大寺にある二月堂の若狭井に届くという。
東大寺では毎年3/12にこの「お香水」を汲むお水取り神事が行われている。
と、にわか御神水マニアにレクチャーしているうちに、ポツポツと雨が降り出してきた。

鵜の瀬は想像していたよりも開けた明るい感じで、風通しのいい清らかなところだった。
DSC00761ひとしきりあたりを散策して、ここでも御神水を少しいただく。
なぜこれほど水に興味が出てきたのかと思い返したところ、どうも2017年の静岡旅行のさい富士山の伏流水を飲んで、あまりの美味しさに感激したのがきっかけのような気がする。
それから旅に出るときは必ずのように、水に関する場所を盛り込んでいる。
いよいよ雨脚も強くなってきたので、遠敷明神を祀るお堂に参拝して、鵜の瀬をあとにする。

今夜の宿は、三方五湖のひとつ日向湖(ひるがこ)湖畔にある「漁師の宿はっとり」。
その前に近くの温泉「きららの湯」に寄ることにした。
さて入浴!と思って、二階に上がるとそこにはなんと「鍼灸」の文字が・・・。
マッサージやカイロは見たことがあるが、温泉に鍼灸があるのは珍しい。
ってことで、自宅で灸をするほどの鍼灸マニアのマダムはさっそく施術していただくことした。
思いのほか雨で体も冷えていたらしく、温泉がことのほか体に染み渡る。
IMG_20190514_131808

IMG_20190514_162748鍼灸だの温泉だので英気を養ったあと、すぐさま宿屋に直行したいところだが、その前に近くにある「早瀬浦」の酒蔵を訪ねることにした。
ナビを頼りに近くまで行くと、車一台がやっと通れるような道しかない。
付近をぐるぐる廻ったあげく仕方がないので、雨の降る路地を歩いて探すことにした。
しばらく歩くと細い道の向こうに高い煙突がそびえている。
ここに違いないと、車に戻り車幅ぎりぎりの道をなんとかして早瀬浦酒造に到着。
時間も遅かったので、酒蔵の仕事は終わっていたが、社長さんからいろいろな話を聞くことができた。
北海道でも早瀬浦が買えることを言うと、「どこから廻っていってるんだろう?」と、不思議そうにしていた。
ふと蔵の方を見ると、そこには外人さんが一人蔵人に混じっていた。
ここ数年外人さんの蔵人も増えているという。
そこらへんも聞きたかったが、あまり長居をしてもいけないので、四合瓶を購入して蔵をあとにした。
IMG_20190514_162641

さ、今夜はフィリピン居酒屋にハマる心配もなく、若狭の海の幸で一杯やるとするか。
IMG_20190514_165626