釣り鯛、あじ、あおりいか他宿についてひと休みしている間に雨はどんどん強くなっている。
ここ「はっとり」は漁師の宿とうたっているとおり、主人が船を持っていて、釣り目当てのお客さんが訪れる。
玄関や廊下にはたくさんの魚拓が飾られていて、その大半は鯛だったが、いわゆる目の下三寸といわれる大物ばかりだった。
女将さんの話だと昨日までそんな釣り人でいっぱいだったが、平日のせいか今日の客はわれわれだけとのことだ。
おかげでゆっくりと静かに過ごすことができる。

で、ほどなく食事の時間になり、次の間に行ってみるとそこには鯛の姿盛りをはじめ、石鯛の煮付け、さわらの酒蒸しなど三方五湖の魚介がこれでもかと並べられていた。
酒はもちろん先ほど伺った「早瀬浦」をお燗でいただく。
料理の方は旦那さんが作るというが、どこかで修行したのかと思うほど本格的な味付けだった。
とうぜん酒も大いに進み、すっかり大満足。
昨夜の「ほっこり酒場」の出来事が遠い過去のようだ。
身も心も腹もきっちり満たされて、極楽気分で床についたら、あっという間に熟睡。
IMG_20190514_174327

IMG_20190515_083248目が覚めると雨はすっかり上がって、窓の向こうには美しい日向湖が広がっていた。
朝食をすませ、宿をあとにしたが、とうとうご主人とは合わずじまいだった。
ってことで、本日は琵琶湖を巡って彦根に向かう。
天気は晴朗、波もおだやか、絶好のドライブ日和だ。
国道8号線を南下すること約一時間、長浜市を過ぎたあたりで右手に琵琶湖が見えてきた。
国道脇の公園に車を停め、日本一の湖にご挨拶。
竹生島や浮御堂など立ち寄りたいところもいろいろあったが、今回はパスして彦根に向かう。
また機会があれば、琵琶湖を一周するのも楽しいかもしれない。
IMG_20190515_103831

今夜のお宿は彦根城下花しょうぶ通りにある「鳥羽や旅館」
料理屋として創業したのは江戸時代、その後明治十三年から旅館として営業している。
宿へ行く前に、彦根にも名水の湧き出ている「十王村」というところがあるらしい。
すっかり名水マニアになったマダムに教えると、ぜひ訪れたいという。
ナビに住所を入力して向かったが、どう見ても住宅地のど真ん中
ほんとにこんなところに名水が湧き出ているんだべか?
DSC00766