unnamed怒涛の2月もようやっと過ぎようとした頃、鈴木北海道知事さまから「緊急事態宣言」が出された。
といってもお得意のなんの強制力もない要請なんだが。
2/28から3/19までの三週間、特に週末には道民に不要不急の外出を控えるように呼びかけた。
われわれ飲食業界にとっては、3月は送別会をはじめ卒業式の流れなど年に何度かの書き入れ時だ。
しかも具体的な説明もほとんどないので、ひとまず各種飲み会なんぞは中止、または延期と相成った。
ふだん静かな夜の町は、輪をかけて静かになったが、ことがことだけに仕方がない。

ETq2ufLX0AA1d3Hそしてひとまず緊急事態宣言解除後の三連休、コロナ疲れか自粛疲れかちまたには人があふれかえったらしい。
内地の方じゃ桜が五分咲きとかで、上野公園も伊勢神宮も金沢もどこもかしこも満員御礼の人だかり
まるでコロナ騒動が収まったかのような有り様に、世界中から日本人の能天気さにあきれる声がネットにあふれた。
Twitterでは「私の新宿区や文京区や台東区まわりの行動半径は完全に元どおりだ。すごい人出。わさわさ。 カフェは行列。真っ直ぐ歩けないし自転車で通過できない(3/20)」という投稿が写真付きで見られた。
自粛をしないで開催したK−1には6500人が集まり非難されていたが、3/21の聖火見物にはなんと5万人もの観客が仙台に集まった。
8

そうこうしているうちに、イタリアでは新型コロナによる死者がうなぎのぼりに増え、一日に千人単位で人が亡くなった。
少し軽く考えていた日本もようやくことの重大さがわかってきたらしく、すったもんだしながらもようやくオリンピックの延期を決めた。
img_2b3724a0db6e2d3c44c0de0ba2221de285580

maxresdefaultさぁこれからが日本の危機管理能力の見せ所か?と、思っていたら、飛び出してきたのは「和牛券」「お魚券」のご提案。
いくら和牛の在庫がパンパンか知らんが、命がかかっているときに、和牛喰って喜ぶアホはいないだろう?
お次はなんだ?「メロン券」か「お米券」か?はたまた意表をついて「肩たたき券」でも飛び出すのか?と思っていたら、これまた迷走の末ようやく立ち消えになったらしい。

とまぁ、一ヶ月以上ブログも書いてなかったので書きたいことは山ほどあるが、この国では自分の命は自分で守るしかないようだ。
今のところは免疫を高めて、体力を維持して、情報を集めて乗り切るしかないわ。