泥酔亭の成り行き日記

カテゴリ: 日常

o0320045214155950611さて4月もあっという間に終わり、G.Wも無事?終了。
4月後半はまさに春到来という暖かい日が続いて、桜も満開を迎えたというのに、G.Wに入ったとたん天気がぐずついて気温も上がらなかった。
で、G.Wが終わったとたん晴れるとは・・・。

先頃、吉永小百合主演の「北の桜守」という映画が公開された。
これは「北の零年」「北のカナリア」に続く「北の三部作」の最終章だという。
映画の方はまだ観ていないが、この桜守で知られるのが佐野藤衛門という人。
日本全国を飛び回り、傷ついた桜の手当をし、桜の新種を探している。
天保時代から京都の仁和寺に仕えてきた造園師で、代々「藤衛門」を名乗り、当代で十六代目という。
といっても、桜の守をするようになったのは十四代目からで、桜守としては三代目になる。
もっとも本人にいわせると、じいさんの代から始まった道楽で、桜守などという仕事はないという。

その藤衛門さんにいわせると、花見もけっこうだけどカラオケはよくないらしい。
4062175193あの機械の音で花びらがこすれて、花びらのまわりが茶色くなり色あせるらしい。
さらに焼き肉もダメで、目に見えない油の粒子が花びらにべっとりとこびりついて、ひらひらと散らなくなるという。
その点むかしの三味線、太鼓、笛などの歌舞音曲はカラオケの機械「音」と違い「響き」なのであたりが柔らかく花にもいいという。
藤衛門さんいわく「それに手拍子でもあったら花も一緒に踊りよる」

そういわれると、若い頃花見の席にギターを持ち込んで、高歌放吟してひんしゅくを買っていたことは花にとってはよかったってことだ。
これからの花見は、焼き肉やカラオケなんぞは止して、花見弁当に歌舞音曲ってのが粋かも。
さいわいお客さんに三味線弾きもいることだし、弁当でもあつらえて花と一緒に踊ってみるか。

でもこう寒くっちゃ今イチ腰が上がらんわ・・。

20150623_829851






酒飲みにとってのバロメーターともいえるγ.GTP
若い頃からのたゆまぬ積み重ねにより、順調に右肩上がりの成長を続けてきた。
それでも二十代の頃は、いくら飲んでも異常値にならず、「俺の肝臓もたいしたもんだ」と調子に乗っていたが、三十代頃から100の壁を突破して数値はつねに三桁をキープするようになった。
で、そのうち百いくつだったのが、二百の壁を飛び越えてここ数年は三百を超えるようになっていた。
ganmagtphyou

γ-GTPちなみにこのγ.GTPというのはなにかというと、肝臓がアルコールなどを分解するするときに作用する酵素のことで、GTPとは「グルタミル トランス ペプチターゼ」の略
肝臓はなにもアルコールの分解だけが仕事ではなく、食べ物の消化を助ける胆汁酸を作ったり、元気のもとであるグリコーゲンを作ったり、アンモニアを尿素に変換したりとじつに多方面の活躍をしている。
しかも別名「沈黙の臓器」といわれるように、めったなことではグチもいわなきゃふてくされもしない。
労働者の鏡のような存在だ。

supportで、このγ.GTPはそのがまん強い肝臓の声なき声が、血液の中から聞こえてくるメッセージってわけだ。
アルコール分解や薬剤など、原因は様々らしいが、この酵素が異常に分泌されて血液中に漏れだすのがγ.GTPの数値になる。
ちなみに女性と男性は正常値が違っていて、女性は30以下、男性は80以下となっている。
なもんで、三桁を超えるってのはまちがいなく異常であり、それが三百を超えるなんてのは、言語道断!!
ウコンをのんだり、ヘパリーゼでしのいだりできる範囲を超えている。

ちょいと控えめにしてみるかってんで、心持ち晩酌を少なめにしたせいか、昨年の健康診断では396だった数値がなんと!!146に下がっていた
ついに肝臓バブル崩壊か?と、マダムの受診のついでに血液を採ってもらったら、243・・・・
なんとも微妙な数字だった。
これからまた上がり始めるのか、それとも下がっていくのか?と、ひとまず様子を見てこのあいだ二月の採血の結果を聞きにいった。

797ae187d52724ab2073fe7512b85aa7-246x200で、結果はというと初の四百代突破!!
見事なV字回復・・・。
おまけにだいたいセットで上昇する尿酸値も8.4
こいつも7を超えると異常値で、その先には地獄の痛みを伴う通風発作や透析などが待ち構えている。
ふだんは温厚な先生もさすがに、「尿酸値の薬を出します!! お酒は控えてくださいね!!」と、強めに注意された。
赤の他人の健康をここまで心配してくれて、仕事とはいえなんともありがたいことだ。
この気持ちを踏みにじっちゃ男がすたるってんで、本日から生まれ変わった気持ちで節酒に励みます!!

でもなぜ・・断酒といえなかなぁ・・・。
20160625161635

P1060426ふだんひとっ所で暮らしているせいか、夫婦とも旅が好きでよくあちこちへ出かける。
といっても、時間やら費用の都合もあり、そんなに頻繁には出かけられない。
なもんで、テレビの旅番組なんぞを見ては、行った気分になったりしている。
予算がそれほどかかからないせいか、ちょいと近間をブラブラする「町散歩」のような番組が、山のようにある。

この頃気に入っているのは「三宅裕司のふるさと探訪」というBSの番組だ。
視聴者からの手紙に書いてあるお国自慢を探して歩くという内容だが、途中でイレギュラーに出会う人や景色が面白い。
やはりこのテの番組は、主役のキャラが立ってないと面白くない。
その点、三宅裕司は日大の落研出身で、お笑い劇団の座長をしているだけあってまったく申し分ない。

thumb-img

出かける先もいわゆる観光地ではなく、あまりガイドブックやネットでは見かけない穴場的なところが多い。
そのせいかどこの町も中心地が閑散としているのが目につく。
これが町の空洞化ってやつなんだべか・・・。
なんだかどの町も芦別と重なって見えてくる。
やっぱり国中が便利になってくると、町は活気をなくしていくんだべかね?
FH000009
自分たちの小さい頃は、自家用車なんて夢の夢だし、電話もなければ、家に風呂もない
移動するにしても、歩けるところは歩いて、あとはバスか汽車に乗る。
とにかく家から出なくては用事が足せなかった。
そのせいか、町には人があふれていた。

ところが今ときたら、こうやって椅子に座ったまま、ほとんどのものを取り寄せることが出来る。
しかも宅配のおかげで、玄関まできちんと配達してくれる。
自家用車があるおかげで、遠く離れた大型デパートなんかも簡単に行かれる。
これじゃあ、町に人が出なくなっても不思議じゃない。
なんとも味気ない世の中になったもんだ。

そのうちバーチャル飲み屋なんてのが出て来ないことを祈るわ。

smile

連日晴れた日が続いたおかげで、あれほど大量に積み上がっていた雪もすっかり溶けてしまった。
それにしても、あんなにたくさんの雪が一度に溶けて、よく洪水にならないもんだこと。
このあいだお客さんが「雪の多かった年の夏は猛暑だぞ」なんて言ってたけどホントだべか・・・。
あんまりの猛暑は勘弁だが、やっぱり夏は暑くないとね。
今年は海に山にあちこち遊びまわりたいもんだ。
shalemon_tscsrd-kanreki-glico_1
来年で人生の暦が一周りして、還暦なんてことになるわけだが、それを前になにか気の利いた趣味のひとつでも持ちたいと思っている。
ふだんからろくに体を動かさないので、あまり体力を使うものは嫌だし、かといって、1ヶ所でじっとしているのもつまらない。
今はといえば、せいぜいギターを弾くこととを飲むこと、ひと月に何度かの太極拳、暖かい時期だけのサイクリング、読書、映画鑑賞あたりが趣味といえば趣味のようなものだ。

まわりの同年代を見渡すと、多いのがゴルフ釣り、次いでウォーキングといったところか。
ゴルフはまったく興味がないし、釣りも想像しただけで面倒くさい。
ウォーキングときた日には、飽きるのが目に見えている。
米原万里は「欲望とその実現までのプロセスこそが文化なのだ」といっている。
たしかにしっかりお膳立てされて、すぐに完成品が手に入るなんてのは面白くもなんともない。
楽器でも太極拳でもできなかったことがひとつでもできるようになるのが楽しいのだ。

ex2610_g1

中国には「一時間幸せになりたかったら酒を飲みなさい。三日間幸せになりたかったら結婚しなさい・・・中略・・・永遠に幸せになりたかったら釣りを覚えなさい」なんてことわざもある。
イギリスでは古い家を買って、日曜大工でコツコツと修理したり、自分で家具を作ったりするのが高級な趣味に挙げられている。
また鉄道模型なども趣味の王様とされている。
日本では盆栽、焼き物、茶道、絵画あたりが高尚な趣味の代表といったところか。

syumi

どれもピンと来ないなぁ・・・。
ネットで探してみると、「趣味がない大人のための400の趣味探し」なんてサイトもある。
どうも無趣味で悩んでいる人も多いらしいね。
ひまつぶしに400の趣味をかたっぱしから見てみるか。

で、趣味を探すのが趣味になったりして・・・。

1025koike5

201708150085_box_img2_Aさんざん大暴れしやがった冬将軍様も、いよいよ退却の準備を始めたようだ。
ラニーニャの影響だか、マッデン・ジュリアン振動のせいだかしらないけど、もうそろそろ退散していただきたいものだ。
高知の方では桜の開花も観測されたとか。
いよいよ春近しって感じだ。

春といえば心配なのが花粉症だが、一年中悩ましてくれているこのアレルギー性鼻炎
医者のお見立てによると、花粉とは関係なく原因は「加齢」
歳をとったせいで、免疫のスイッチが誤作動するのが原因だとか。
薬によって症状を抑えるしかテはなく、治癒することはないという。
ま、くしゃみと鼻水で命にかかわることではないから、深刻に考えることもないが、なんともあずましくない。
いただいたお薬も効く時と効かない時があるし、いつどこでスイッチが入るかわからない。
以前歯の治療している時に、ムズムズっときて冷や汗をかいたこともあった。

それにしても「加齢」とか「ストレス」っていう言葉。
医者にとっては、たいそう使い勝手のいい言葉だ。
「お年のせいですね」とか「ストレスが原因です」なんていわれると、反論できなくなる。
「ストレスは溜まってませんね」なんていうと「ストレスがまったくないのもストレスを感じるんですよ」なんて、禅問答みたいなことをいわれる始末。
stress01

雪国には「冬季うつ病」なんていうのもあるらしい。
たしかに毎日のように雪だシバレだなんて曇り空ばかり見ていると、どんよりした気分になっても来るわ。
さいわい酒と音楽とマダムとの楽しい会話のおかげで、うつにもならずに今回の冬も乗り越えた。
さて、春になったらなにをして遊ぼうか。

header-spring

このページのトップヘ