泥酔亭の成り行き日記

カテゴリ: 日常

P_20170603_161645借りてきた本を全部読んでしまったので、図書館に行こうとしたら、整理日のため臨時休館だった。
しかたがないので、物置から古い「サライ」を二冊ばかり引っ張りだして読むことにした。
ニュースというページに、築66年の旅館を改装して芝居小屋にした「はっぽん館」の記事があった。
この小劇場は、俳優の山谷初男さんの実家だった旅館を移築したものだ。
若い人は山谷初男といってもピンと来ないかもしれないが、朴訥とした味のあるいい役者さんだ。

秋田県角館にあるこの劇場は、ステージ部分を建て増して、250人ぐらいは収容できるという。
武家屋敷を除けば、これほどの古い家は数軒もないらしい。
サライの発行日をみると1995年4月とある。
ってことは、今から22年前の記事だ。
以前秋田に旅行したことがあったが、角館には寄ることが出来なかった。
もし、まだはっぽん館があるのなら訪ねてみるのも面白いかと、ネットで現在の様子を検索してみた。
P_20170603_161659

P_20170603_161707すると、そこには「秋田県角館のはっぽん館を買いませんか」とある。
考えてみれば、山谷さんは今年85歳
2015年日刊ゲンダイのインタビューで「数年前までは永(六輔)さんが定期的に出演してくれ、そのたびに満席にしてもらってた。でも、今は人が集まらず、売りに出してるんだよ。ちゃんと維持してもらえるなら、タダで譲ってもかまわないんだけど」と言っている。

また不動産屋のページでは、「土地面積457.58㎡( 約323.9坪)
建物述べ床面積457.58㎡  木造2F建 劇場ホール+7DK
劇場ホール付和風建築。旅館風の仕上がり  3700万円 ※価格応談」ともある。
写真を見ると、グランドピアノもある。
でもタダと3700万円じゃ天と地ほども違う。

山谷さんの「タダで譲ってもかまわない」という言葉にかけて、交渉してみるべか?
旅館の免許もとって、泊まれるライブ劇場なんてどうだべか?
あ、ちなみに「はっぽん」っていうのは、山谷さんの子供時代からのあだ名だそうだ。
b4fd95786ba78b2c2772ef0243c5523d20150123154639031_262_262

P4200047ここ数年、断捨離だ、ミニマム・ライフだと、あまりモノを持たない生活が見直されてきている。
そういわれて家の中や店内を見回すと、あるわあるわ・・これでもかとモノに囲まれている。
これでも移転するときに、四トントラックに五、六台はモノを捨てたはずだ。
以前東京の「深川江戸資料館」で、長屋の暮らしを見たとき、「これぐらいのモノがあれば人は暮らしていけるんだ」と感心したことがあった。
で、そのときは「よし必要最低限のモノだけ残して、すっきりしよう!」なんて思ったんだが、喉元すぎればなんとやら・・・。

とくに多いのが、レコード、CD、本、DVD
mqdefaultさらに物置には、未練がましく積み上げられたビデオテープのダンボールの山。
おまけにカセット・テープやMDまである。
新しく観たり聴いたりしたいものも多いので、過去のものまで見なおし聴き直ししているヒマがない。
が、なんとなく捨てがたい。
レコードなんかでも貴重な海賊版などもあるが、そのほとんどが今じゃYouTubeで聴くことが出来る。
映像なんかでも、観たこともないようなのが無料で手に入る
なんともすさまじい時代になったもんだ。

C7tzmCDVAAAYGiDこのあいだも懐かしいドラマを録画したビデオを見つけて、HDにダビングしようとしたらすっかり劣化して、とても観られたもんじゃなかった。
っことは、今までこんながらくたを後生大事にためこんでたってわけだ。
寒くなると億劫になるし、あまり暑くてもやる気がしない。
となると、今時期が断捨離には最適な季節だ。
まずはビデオテープから捨てるとするか!

で、お次に使いものにならないものは・・・?
大酒飲みのぐうたら亭主?
断舎利されないように、真面目にやろうっと。

20110903_010+

魔女に手痛い一撃を食らってから、明日で二週間になる。
若い頃は一週間ほどで回復したが、やはり歳とともに回復力は落ちている。
で、その魔女だが、決め手の一撃のほかに返す刀で、もう一撃食らわせていった。
yotu

スーパーから帰り、少しずつ傷みを増していく腰をさすりながら、その夜はなんとか店に出た。
ひと晩寝ると、案の定腰痛はひどくなり、りっぱなぎっくり腰の一丁上がり
こういうときは湿布をして、安静にしている方がいいってんでひたすら横になっていたが、ぎっくり腰のくせになぜか右足の甲がひどく痛む
腰の方は動かすと痛いのだが、足の甲はじっとしていても痛い
まるで、捻挫か骨折したような傷みだ。o-23-01

腰をかばって変な歩き方をしたせいかとも思ったが、それにしても痛すぎる。
そこで思い当たったのが、高尿酸血症による痛風の発作
こういう商売をしているせいか、お客さんを見回すと痛風経験者がとても多い。
ざっと思いつくだけでも10人近くいる。
「最初は捻挫かと思った」とか「骨折したかと思った」という人も何人かいたのを思い出した。

o-25-02身に覚えはいやというほどある。
男性で尿酸値7.0がボーダーラインだが、一時は9.8まで上昇したことがあった。
発作が出なかったのが不思議なぐらいの数値だ。
そのときはたまたまテレビで見た予防法が功を奏したらしく、すぐに6.8まで下げることができたが、ここ数年はボーダーラインの上を行ったり来たりしている。
その夜来た経験者の話によると、「ひどい痛みが、痛風発作を誘発することもよくある」らしい。

食べ物やアルコールのほかに、強いストレスも尿酸値上昇の原因ともいわれる。
たしかに体を動かすたびに激痛を覚えるぎっくり腰は、たっぷりストレスが溜まりそうだ。
それにしても、じっとしてても痛い上に、動かすと激痛・・・。
それでまたストレスが溜まって、尿酸値上昇なんて、堂々巡りじゃないのか?

今回の魔女はなかなかの強敵だった。
1434552210886


bu90104ぎっくり腰のことを、異国の方じゃ「魔女の一撃」ともいうそうだ。
以前は何年かに一度ぐらいの割合だったが、この頃は筋肉の衰えのせいか、発症の間隔が狭くなっている気がする。
いつもなら冬の時期、ろくに柔軟体操もしないで除雪をして、魔女に一撃を食らうというパターンだった。
が、今年は油断した・・。
冬も乗り切り、桜も咲き始めた頃、折しも季節外れの冷たい雨の降る昼下がり。
いつものようにスーパーのレジに並んでいた。

医者から「加齢が原因」と見放されていた鼻炎が引き金になった。
妙齢のご婦人方の列に並んでいる時に、くしゃみが出そうになり、このマダムたちのひんしゅくを買ってはいけないと、躊躇したのがいけなかった。
ポケットからティッシュを出そうか?それとも一度列から抜けようかと、とまどっているうちにおかしな姿勢のまま、大きめのくしゃみをしてしまった。

itaそのときを魔女はねらっていたかのように、強烈な一撃を喰らわせてくれた。
腰を中心に、首のうしろからふくらはぎあたりまで、強い衝撃が走った。
ふだんの経験から「あ、こりゃあ一撃、喰らったな」と思いながら、腰をさすりながら車に乗って家に帰った。
で、あとはいつもの通り時間がたつほどに傷みは増して、次の日は寝返りにも不自由するありさま。
いつもお世話になっている整体の先生のところへ通い、治療継続中という状態だ。

冬のあいだ、隙をうかがっていた魔女は、見事今年もきつい一発をお見舞いしてくれた。
早くて一週間、遅くても半月ほどでいつもなら回復するが、問題はそのあとだ。
二足歩行の代償として、肩こりとともに腰痛がつきものになったとこのあいだ読んだ「サピエンス全史」に書いてあった。
まさか還暦を境に四つ足生活に入るわけにもいかないので、なにか予防策を考えなくては・・・。

o0647018513741611192

余談だけど、妹にプレゼントしてもらった「バンテリンサポーター」はかなりな優れものだ。
おかげでなんとかパソコンの前にも座っていられる。
それにしても、早く治らないかなぁ・・・。

g_vswaist_03


toshibadb近ごろは電子書籍が、なかなかに幅を利かせてきている。
小説や漫画、グラビア雑誌や週刊誌まで様々なジャンルのものを読むことが出来る。
かなり整理したのだが、わが家には大量の本があふれかえっている。
その点、電子書籍は何万冊あろうと少しも場所を喰うことはない。
おまけにタブレットひとつあれば、どこへでも持ち出せる。
使いようによっては、えらく便利な代物だ・・・・が、根っからのアナログ人間なのか、どうにもなじまない。
少しは使わせてもらっているが、やはり本は紙に限る

13257105_546389102215732_1600252287_nで、どんな本を読んでいるかというと、これがまったくのノンジャンル
ちょっと興味があればどんな本にでも手を伸ばす。
好奇心だけは人一倍なので、なにか気になることがあるとすぐに関連の本を探す。
おかげで、茶の間、枕元、トイレ・・etcと、あちこちに本が散らばっている。
しかも、分裂症か?ってぐらい統一性のないセレクトだ。

たとえばいま読んでいるのは、俳優の山崎努の書いた書評「柔らかな犀の角」
さすが名優ともなると、様々なジャンルの本を読んでいるし、文章にも味がある。
その山崎努が大ファンだという池澤夏樹の「アトミック・ボックス」
日本で原子爆弾製造が計画されていたというミステリーだ。
そしてなぜかサトウハチローの伝記「ぼくは浅草の不良少年」
「サウス・バウンド」や「空中ブランコ」ですっかり好きになった作家、奥田英朗のギリシャ・オリンピック観戦記「泳いで帰れ」
「ユリイカ」は、輝く知性とユーモアに惚れこんだロシア語同時通訳の米原万里の特集。

142486_n芦別出身で現在となり町の赤平市でロケット開発をしている植松努はマダムの同級生
彼の「NASAより宇宙に近い町工場」は、まっすぐな人柄が文章にもよく出ている。
森繁久彌と勝新太郎の対談が秀逸な、文藝春秋ムック「スターの肖像」石原裕次郎の若いころのエッセイや小津安二郎の映画論なども載っていておもしろい。
池上彰の的を得た質問のおかげで、難解な生命科学がすっと頭に入る「生命のしくみ」もおもしろい。
身も蓋もないタイトルにひかれて借りてきた津原泰水(つはらやすみ)の「音楽は何も与えてくれない」もタイトルと裏腹に音楽に対する愛情のあふれた本だ。
話題の本だけあって、読み始めるとぐいぐい引き込まれるユヴァル・ノア・ハラリの「サピエンス全史」
37人の文士を食という視点から探る嵐山光三郎の「文人悪食」

これらの本を片っ端から、同時進行で読み進めている。
さっぱり頭に入ってないのも無理ないわ。
こういう活字中毒を「目乞食」というらしい・・・。
なにかほかに言い方ないのかね?
P_20170507_131611_1


このページのトップヘ