泥酔亭の成り行き日記

カテゴリ: 日常

unnamed怒涛の2月もようやっと過ぎようとした頃、鈴木北海道知事さまから「緊急事態宣言」が出された。
といってもお得意のなんの強制力もない要請なんだが。
2/28から3/19までの三週間、特に週末には道民に不要不急の外出を控えるように呼びかけた。
われわれ飲食業界にとっては、3月は送別会をはじめ卒業式の流れなど年に何度かの書き入れ時だ。
しかも具体的な説明もほとんどないので、ひとまず各種飲み会なんぞは中止、または延期と相成った。
ふだん静かな夜の町は、輪をかけて静かになったが、ことがことだけに仕方がない。

ETq2ufLX0AA1d3Hそしてひとまず緊急事態宣言解除後の三連休、コロナ疲れか自粛疲れかちまたには人があふれかえったらしい。
内地の方じゃ桜が五分咲きとかで、上野公園も伊勢神宮も金沢もどこもかしこも満員御礼の人だかり
まるでコロナ騒動が収まったかのような有り様に、世界中から日本人の能天気さにあきれる声がネットにあふれた。
Twitterでは「私の新宿区や文京区や台東区まわりの行動半径は完全に元どおりだ。すごい人出。わさわさ。 カフェは行列。真っ直ぐ歩けないし自転車で通過できない(3/20)」という投稿が写真付きで見られた。
自粛をしないで開催したK−1には6500人が集まり非難されていたが、3/21の聖火見物にはなんと5万人もの観客が仙台に集まった。
8

そうこうしているうちに、イタリアでは新型コロナによる死者がうなぎのぼりに増え、一日に千人単位で人が亡くなった。
少し軽く考えていた日本もようやくことの重大さがわかってきたらしく、すったもんだしながらもようやくオリンピックの延期を決めた。
img_2b3724a0db6e2d3c44c0de0ba2221de285580

maxresdefaultさぁこれからが日本の危機管理能力の見せ所か?と、思っていたら、飛び出してきたのは「和牛券」「お魚券」のご提案。
いくら和牛の在庫がパンパンか知らんが、命がかかっているときに、和牛喰って喜ぶアホはいないだろう?
お次はなんだ?「メロン券」か「お米券」か?はたまた意表をついて「肩たたき券」でも飛び出すのか?と思っていたら、これまた迷走の末ようやく立ち消えになったらしい。

とまぁ、一ヶ月以上ブログも書いてなかったので書きたいことは山ほどあるが、この国では自分の命は自分で守るしかないようだ。
今のところは免疫を高めて、体力を維持して、情報を集めて乗り切るしかないわ。

顔「男は40歳過ぎたら自分の顔に責任を持て!」
アメリカの元大統領リンカーン様のお言葉である。
大統領就任後、組閣をしていたリンカーンにある人がたいそう有能な人物を推薦したところ、意外と返事はNO!
理由を聞くとひとこと「俺はあいつの顔が嫌いなんだ」と言う。
さすがに推薦人も「顔で判断するのはいかがなものか」と言ったら、飛び出したのがこのひとこと。
人間の心の持ちようや生き方は必ず顔に出る。見る者が見れば隠しようがないってわけだ。

顔2大宅壮一も「男の顔は履歴書」なんて言ってるしね。
もっともこれは元安藤組組長「安藤昇」との対談での言葉だけど。
安藤昇は世間でいう犯罪は犯したけど、悪事は働いていないって自負はあったらしい。
この人もたしかに解散後俳優になっただけあって、いい面構えをしている。
同じくいろいろ問題は起こしたけど、不思議と憎まれなかった勝新太郎も同様だ。

このあいだ伝説のロックバンドといわれる「村八分」のギタリスト「山口冨士夫」の本(SO WHAT)を読んでいたら、その中の写真に目が止まった。
たぶん40歳は過ぎていると思うけど、なんとも澄んだきれいな目をしている。
この人も世間の常識法律とはなかなか折り合いのつかない人生を歩んだけど、自分のやったことに対してはきっちりとけじめを付けてきた人だ。
そう思って好きなミュージシャンの写真を見直してみると、みんないい顔をしている。
自分の筋を通したがために、様々なトラブルを経験してきても、嘘のない人生を歩いてきた素敵な目つきをしている。

ここで比べるのも申し訳ないが、その対極にいると思えるのが、近頃の政治家たち。
なんともいえない顔つきをしている。
あの顔を見せて、子どもたちに「大きくなったらこういう人になりなさい」なんてとても言えない。
もしリンカーンだったら全員クビにしているのでは・・。
Collage_Fotor
はからずもほとんど自民党議員になってしまったけど、他意はございません。あしからず。

images1月も今日で終わり。
この時期でこんなに雪が積もってないのって初めてだ。
グレタお嬢様のいう通りこれも地球温暖化のせいなんだべか?
もっともこういう温暖化ならこちとら大歓迎だ。
ただ「アインシュタインの後継者」と評されるフリーマン・ダイソン博士は、2015年にこう発言している。
「CO2が何をするかつかめたという研究者はいますが、とうていその段階には至っていません。そもそも、植物の生育を助けて地球の緑化を進め、人類社会をも豊かにするCO2を減らそうというのは、正気の沙汰ではないでしょう。気候を理解したというのは気候学者の思い上がりにすぎません。彼らが頼るコンピュータシミュレーションなど、変数をいじればどんな結果でも出せる代物ですからね。気候変動の話は科学の目で見るとナンセンスそのものです」。

グレタお嬢様は「誰もが科学者に耳を傾け、事実を認めれば、私たち(学生)は全員学校に戻ることができる」と言っている。
彼女がいう科学者ってのは、博士のいう「思い上がった気候学者」なんだろうけど、そこらへんはどう思ってるんだべか?
お嬢様はフリーマン・ダイソン博士のこと知らないんだろうか?
こういう様々な意見が絡み合っている問題は、もっと幅広い視点で見直したほうがいいと思うけどね、感情的にならず。
images3

o10800702146682938572019年8月英国のプリマスから米国のニューヨークまで、ソーラーパネルと水中タービンを備えたヨットで航海して大西洋を渡ったお嬢様だけど、このとき数人の乗組員がヨットをヨーロッパに戻すためにニューヨークに飛行機で飛び、ヨットの共同船長は飛行機でヨーロッパに戻ったという。
お嬢様が乗らなくても飛行機は飛ぶんだから、素直に飛行機に乗っていけばいいと思うんだけど。
こんなパフォーマンスになにか意味ある?
しかもヨットは世界的な大富豪のロスチャイルド家がドイツの大物実業家のGerhard Senft氏に譲渡した16億4000万円もする豪華ヨット
記者から「ヨット以外にどんな安い移動交通手段を勧めるか」と問われると、「今回の旅は地球に優しい別の選択肢があることを示すのが目的。他人の行動に口出しはしない」。
そんな選択肢いちいち示してもらわなくてもいいんですけど。
gy

ま、子供が真剣にやっていることを少しでも批判すると、袋叩きに合うからね。
グレタお嬢様、これからもせいぜいグレないで登校拒否続けてください。
images2

iStock-173595132雪の積もった坂道を車でバックしようとしたら、まったくブレーキが利かなくなって、ハンドルを切ろうにもスリップしてコントロールが利かない
車はどんどんスピードを上げていくのに、ブレーキペダルはいくら踏んでも止まらない。
やっとどこにもぶつからずに、雪山に乗り上げて停止したところで目が覚めた。
朝っぱらからなんとも忙しいを見たもんだ。
おそらくここ数日の連続して起きた交通事故のニュースが、頭の中に強く残ってたせいかもしれない。

4/19「池袋暴走事故」4/21「神戸バス暴走事故」4/23「木更津横断歩道での信号無視事故」。
一日おきに驚くような内容の事故が立て続けに起き、どの事故にも死亡者が出てしまった。
4/19 池袋の事故で運転していたのは87歳の男性。自転車に乗っていた31歳の母親と3歳の娘が亡くなり、10人が負傷した。
運転していたのは、旧通産省の高級官僚で現在入院中のため逮捕されていない。
ネット上では「4/21の神戸市営バス暴走事故の運転手が現行犯逮捕されたのに、なぜこちらは逮捕されないのか?」と言う声が多数あがっている。
また専門家は、退院を待って過失運転致死傷で起訴されても、執行猶予判決が出る可能性もあるという。
池袋事故の犯人が逮捕されない理由

4/21 神戸市営バス暴走事故で逮捕された運転手は64歳。現場で現行犯逮捕。
こちらは歩行者8人をはね、20代の男性と20歳の女子大生が亡くなった。
運転手には過去13件の事故歴があり、そのうち3件が人身事故だった。
13件のうち瑕疵のない事故も含まれているが、神戸市交通局は再任用した判断に問題はなかったと述べている。
GE000000000000027477

そして一日おいた4/23、千葉県木更津で赤信号で減速せずに突っ込んだ軽乗用車が、横断歩道を渡っていた登校中の小学生の女児2人をはねて、1人が死亡、1人が重傷を負った。
運転していたのは49歳の自称アルバイトでこちらも現行犯逮捕。
容疑者の男性は「ぼーっとしていて信号を見ていなかった」と供述しているという。
こちらはドライブレコーダーを搭載していないため、事故の状況がわからないが、付近の住民の書き込みによると、見通しのいい直線道路のせいか携帯電話を操作しながら運転している人をよく見かけるという。
もし仮にそうだとしても、実証は難しい。
kisarazu2-1024x582

たしかに近頃対向車を見ると、あからさまに携帯電話を操作している運転手を見かけることが多い。
メールを打っているのか、ゲームをしているのか知らないが、100%うつむいているのも珍しくない。
あいかわらず携帯電話で通話している運転手も多い。
取り締まりや罰則を強化するにも限度があるんだろうか?
そんな連中の運転する車にぶつけられても、けっして操作していたことは認めないだろう。

信号も横断歩道も交通法規も、ましてや常識なんぞを信用していては命取りになる時代だ。
危険予知能力を高めなきゃ生き残れないかも・・・。
Texting-and-driving-e1427476460776

CPMDrONU8AAc-PF.png_large四年に一度のまつりが始まった。
といっても、オリンピックじゃなく統一地方選挙
まつりといってもお祭りじゃなく、政(まつりごと)の方。
今回の芦別市議選は定数12議席のところ、14人が立候補している。
いつもなら市長選もあるんだが、前市長が2年でリタイヤしたため、ずれてしまった。
ってなことで、落選する候補は2人
新人さんも何人か出てきてなかなかにぎやかだが、その2人には入らないだろうと思っているのか?どうにも全体にテンションが低く感じる。
昨夜来たお客さんも「なんだか盛り上がってないですね」と言っていた。

41RSZ5RK0YL._SX326_BO1,204,203,200_そういえばこのあいだ来たお客さんの言っていた話しが面白かった。
現役議員と会ったとき「どうして議員になることを選んだんですか?」と聞いたら「食えないから!!」と即答したという。
つまりふつうに稼いで生活する能力のない人間が、なにかの選ばれるだけの要素があって(人気とか愛嬌とか etc・・)議員にはなれたってことか。
それにしても「食えないから!!」とはなんともストレートなご発言。
たぶん本人に聞けば「そんなのジョークに決まってるだろう」というだろうが、まさしく洒落にならない。
で、その本人が選挙カーから「仕事をさせてください」と言って手を振っている姿は、もう漫画の世界だ。
当人にとっては、四年に一度の就職活動ってところか・・・。

別の議員に「議員になってなにをやるんですか?」と聞いたら「やらなきゃならないことを全力でやるだけです!!」とというので、「やらなきゃならないことってなんですか?」と聞いたら「とにかく全力で取り組みます」といわれ空いた口が塞がらなかったという。
どの候補もお決まりの台詞を連呼するだけの選挙戦もあと数日で終わる。
ふだんなら聞きたくもない名前で目を覚ます朝の不愉快なこと。
「受かったらまったく顔を見なくなるよね」と言ったお客さんもいた。

内田裕也の愛唱歌「コミック雑誌なんかいらない」が毎日頭の中でリフレインしている。

このページのトップヘ