泥酔亭の成り行き日記

カテゴリ: 日常

申告の方もあらかた終わったんで、このあいだの休みにふと思い立って旭川に一泊で飲みに行くことにした。
rect_62921622楽天トラベルで検索したら、サンロクに近いホテルで二人合わせて四千円ぐらいで見つかった。
一軒目の居酒屋は、ちょいと不安があったが食べログで検索
なんでも魚屋直営の居酒屋があり、「鮪の一本買い」をしているので、いろんな部位を楽しむことが出来るのがウリらしい。

で、どんなもんかと入口まで行ってみると、どうにも今風な薄っぺらさ満開の店構え
ま、店構えっていってもビルの地下なのだが、大漁旗を貼り付けたり、漁網をぶら下げたりしているがドラマのセットのようでどうにも安っぽい。
入り口で帰ろうかとも思ったが、外は冷えるのでダメ元と入ることにした。
店内はベニヤ!で仕切られていて、ひとつの区切りには大きな掘りごたつ式のテーブルが四つ五つある。
今風の居酒屋はどこもそうらしいが、いろんなプランがメニュー書かれていてややこしいことこの上ない。
なんでも「赤字覚悟!」の10分百円の飲み放題がお得らしい。
めんどくさいんで「じゃ、それ!」というと、最初に時間を決めろという。
入った時から長居する気は失せていたので、ひとまず60分にしといた。
ふとみると日本酒の好きな銘柄があったので、それを注文。
で、これまたウリだという「生まぐろ三種盛り(¥550)」「マグロのユッケ」「ネギま串」「カラスはもの蒲焼き」などを注文。
kame

店内はそこそこに混んでいたので料理が出るまでに、またさっきと同じ酒を注文すると「このお酒は飲み放題には含まれていませんが・・」という。
negi最初から言えよ!ってんで、今さら飲み放題のメニューを見せられる始末。
でもって、出てきた料理はどれもこれも子供だまし程度の代物
「マグロのユッケ」なんぞは、味見したのか?ってぐらいしょっぱかった。
もっとも作っているのはろくに修行もしていないような、あんちゃん、ねえちゃんだろうから、期待するほうがアホだ。

浅田次郎がエッセイで「近ごろは外食がぞんざいになってきている気がする」と書いていたが、まったく味も素っ気も深みもない。
問題は、これから料理を学ぶ連中がこの程度の味をベースにして、さらに手抜きしてどんどん劣化していくことだ。
魚屋直営だかなんだか知らないが、チェーン化でもして一儲けしてやろうの考えがスケスケだ。
キャッチコピーだけご立派にすりゃ千客万来と思ってけつかる。
せいぜい軽い頭をひねって儲けてくれ。
マグロ専門のはずが、結局「カラスはもの蒲焼き」が一番うまかった。
あ〜あ、すっかり時間と金をムダにしたわ。
P_20180305_200224

60分も経っていなかったが、さっさと退散して知り合いのライブハウスに出かけることにした。
あと何年もしないうちに、居酒屋文化は無味乾燥の砂漠地帯になる気がするわ。
P_20180305_223933

2056129018_001「逃げる」というだけあって、あっというまに2月は逃げていった。
3月は「去る」なんていうから、これまたあっというまに去っていくんだろう。
二日間の猛吹雪で家からほとんど出られず、おかげで申告作業もはかどりゴール間近。
今回は年度を間違えることもなく、順調に進んだ。
毎年のこととはいえ、なんともしちめんどくさいシステムですこと。
ましてこちとら工業高校中退の身の上、簿記なんぞ言葉も知らなかったぐらいだし・・。

それはそうと、昨日は三月三日のひな祭り、俗に「桃の節句」ともいう女の子の祭りだ。
正式には「上巳(じょうし)の節句」といって、陰陽五行では縁起の悪い日とされている。
5月5日の「端午の節句」、7月7日の「七夕(しちせき)」、9月9日の「重陽(ちょうよう)の節句」などと並んで五節句の一つに数えられている。

sekku_yoko_1105

ひな祭りももともとは凶の日とされていて、中国ではお祓いをしていた。
陰陽道とともに日本に渡ってきて、厄を人形(ひとがた)に移して川に流す行事が、そのころ流行っていた貴族の人形遊びと合体して、今のようなひな祭りになったようだ。

お雛様の顔にも時代が巧みに取り入れられて、どんどん現代的な表情になっている。
子供の頃、家にあったお雛様のあの無表情な顔ってなんか不気味だった思い出がある。
とくに五人囃子もなんとなく怖かったなぁ。
あのオカッパ頭がなんだか妖怪みたいで・・。
なんで一人だけ楽器もってないんだべか・・・?とか。
なにか深い因縁でもあるんだべかと思ってたら、あれは「謡い(うたい)」っていって、ボーカル担当なんだってね。
go_gakki

ま、ひな祭りの声を聞けば春の足音はそこまで聞こえている。
冬将軍のいさぎよい撤退を望むわ!
src_10864459

251551960去年はとても親しいお客さんが、3月と11月に亡くなった。
享年はどちらも六十代の後半
今の日本では早過ぎるといえる年齢だ。
そしてどちらも死因はガンだった。
方や肺がんと方や食道がんだったが、二人とも入院して三ヶ月も経たずに亡くなってしまった。
仮にIさんと、Hさんとしておくが、二人ともとても親しくしていただき、Iさんなどはほとんど毎日通いつめてくれた。
あまりに突然の訃報だったので、実感のわかないまま今日まで来たが、今ごろになって不在がかなりこたえてくる。

もはや国民病ともいえるガン。
二人に一人はガンになるご時世だとか。
新しい治療法も続々と発表されるし、民間療法も百花繚乱のにぎわいだ。
・・が、ガンの方もなかなかに手強く、いまだこれといった決定打は見つかっていない。
現場にいる医師たちも、なんとかしたいという思いはあっても、どうにもならないというのが本当のとこだろう。
treatment_1_01

lif1712300009-p2「AERA」という雑誌が今年、医師たち553人に行ったアンケートがある。
Q1の「特にかかりたくないと思うガンは?」は「第一、二期」「第三、四期」ともにすい臓がんがトップ。
理由は「効く薬がないから」「治療がしんどい」「現時点で有効な治療手段がない」だった。
で、選ぶ治療法のトップは、心身の苦痛を和らげる緩和ケアが56%
次いで化学療法の16%放射線と化学療法の併用が15%とほぼ同じ割合。
意外にも手術は8%だった。
年齢や体力、進行状態などにもよるだろうが、体にかかる負担のわりには効果が期待できないということなのだろう。

いくら文明が発達しても、人間が永遠に生きるような日が来ることはない。
またいくらなんでもそんなに生きた日にゃ誰だって退屈してしまうに違いない。
限られた寿命だからこそ、この世界が素晴らしく感じられるのかもしれない。
亡くなってしまった人の分までなどと大仰なことは考えないが、健康でいられる「いま」を楽しみ、故人を思い出すのが一番の供養かもしれない。

今でも店をあけると、ふたりがドアを開けて入ってくるような気がする。
ホントに来たら怖いけど・・・。

o0597033114060850164さ、2018年だ!新しい年だ!って心機一転してる間もなく、あっという間に半月が過ぎてしまった。
早生まれなので、還暦まではまだ一年と少しあるが、こんなザマだと一年なんざ、あっという間だろうな。
そして今年は平成30年
ついこのあいだ年号が変わったような気がするってぇのに、もう30年も経ってしまってたのか。
30年ってぇと、今まで生きてきた人生の約半分・・・
そんなに経ってたか?平成・・・。

まぁ振り返ってみると、ディランの移転も平成十年、この場所にきてからもう二十年が過ぎている。
そのあいだ、ふたつの大きな地震災害が起こり、子供の頃から恐怖の代名詞だった原子力発電所事故までが起きている。
漫画や映画の世界では、放射能漏れ=人類絶滅だが、多くの人達の不断の努力でなんとか収まっているようにみえる。
本当にアンダー・コントロールされているのかは、どうにも心もとないが。
阪神淡路大震災が平成七年、東日本大震災が平成二十三年・・・
「激動の昭和」というが、平成もかなりの激動だ。
841be2c041e3b88305928e989bec7d85

7ed4e3d8-lそして来年には、天皇陛下の生前退位があり、元号が新しくなる。
ってことは、われわれ世代は「昭和」「平成」「◯◯」を生き抜いたってことになる。
なんだかいっぺんに年を取るような心持ちがするわ。
平成三十二年にはオリンピックもあるけど、そんときは新しい元号になっている。
今度はなんていう元号になるんだべか?

そういえば近ごろはディランのお客さんにも、平成からこっちに生まれた子たちが増えている。
あの子達にとって、昭和生まれはどんな風に映るんだべか?
「昭和生まれ?ああ、あの無責任世代のほら吹きどもね!」なんていわれたりして・・・。

salaryman02

large残暑を楽しむ間もなく、季節はあっという間に秋に突入。
ってより、ここ数日の寒さときたら初冬といってもいいぐらいだ。
寒がりのマダムは、こらえきれずに昨夜からストーブをつけた。
まわりでも風邪を引いている人が多いけど、無理もないわ。
先週の休みなんぞは、旭川で買い物をしていたら、一天にわかにかき曇り、降ってきたのは直径1cmはあろうかという「雹(ひょう)」!
今年の冬もなかなかに厳しいことになりそうな予感がするね。

で、話は変わって10/8でディランも34周年を迎える。
30周年を記念した「ミュージック・ハーベスト」も、無事若手に引き継がれて、当初の目的は無事果たすことが出来た。
といって、さてこれから楽隠居の身の上なんていうお気楽な身分でもないので、今までと同じようにやっていくだけだ。
9c3412f6598470a0b8c08c673a3b5527それにしても、ここ数年同業者の廃業が続いている。
同業といっても、水商売の方じゃなく、ライブ関係のお店だが。

小樽のフォーク居酒屋「一匹長屋」が、昨年マスターの体調不良のため店を閉めた。
そのあと苫小牧の老舗「アミダ様」も廃業し、マスターのツルさんも亡くなってしまった。
どちらも30年を超える歴史を持つ名店だった。
それにとなり町のライブ喫茶も近々閉店するという。
そこも30年近い歴史に幕を下ろす。
ふとまわりを見回すと、ディランより古い店はほんの数件になってしまった。
もっとも知らないだけで、まだまだたくさんあるのかもしれないが・・・。
jp

ディランを始めるとき、お手本にさせてもらった店が次々と姿を消していくのは淋しいものだ。
が、これも世の流れ。
古いものは姿を消して、新しいものが形を変えながら生まれていく。
Times They Are A Changin' 

落ち着いたら、久々にライブハウス巡りでもしてみるか!
新しい出会いが待っているかも・・・。

news_151004

このページのトップヘ