泥酔亭の成り行き日記

カテゴリ: 日常

toshibadb近ごろは電子書籍が、なかなかに幅を利かせてきている。
小説や漫画、グラビア雑誌や週刊誌まで様々なジャンルのものを読むことが出来る。
かなり整理したのだが、わが家には大量の本があふれかえっている。
その点、電子書籍は何万冊あろうと少しも場所を喰うことはない。
おまけにタブレットひとつあれば、どこへでも持ち出せる。
使いようによっては、えらく便利な代物だ・・・・が、根っからのアナログ人間なのか、どうにもなじまない。
少しは使わせてもらっているが、やはり本は紙に限る

13257105_546389102215732_1600252287_nで、どんな本を読んでいるかというと、これがまったくのノンジャンル
ちょっと興味があればどんな本にでも手を伸ばす。
好奇心だけは人一倍なので、なにか気になることがあるとすぐに関連の本を探す。
おかげで、茶の間、枕元、トイレ・・etcと、あちこちに本が散らばっている。
しかも、分裂症か?ってぐらい統一性のないセレクトだ。

たとえばいま読んでいるのは、俳優の山崎努の書いた書評「柔らかな犀の角」
さすが名優ともなると、様々なジャンルの本を読んでいるし、文章にも味がある。
その山崎努が大ファンだという池澤夏樹の「アトミック・ボックス」
日本で原子爆弾製造が計画されていたというミステリーだ。
そしてなぜかサトウハチローの伝記「ぼくは浅草の不良少年」
「サウス・バウンド」や「空中ブランコ」ですっかり好きになった作家、奥田英朗のギリシャ・オリンピック観戦記「泳いで帰れ」
「ユリイカ」は、輝く知性とユーモアに惚れこんだロシア語同時通訳の米原万里の特集。

142486_n芦別出身で現在となり町の赤平市でロケット開発をしている植松努はマダムの同級生
彼の「NASAより宇宙に近い町工場」は、まっすぐな人柄が文章にもよく出ている。
森繁久彌と勝新太郎の対談が秀逸な、文藝春秋ムック「スターの肖像」石原裕次郎の若いころのエッセイや小津安二郎の映画論なども載っていておもしろい。
池上彰の的を得た質問のおかげで、難解な生命科学がすっと頭に入る「生命のしくみ」もおもしろい。
身も蓋もないタイトルにひかれて借りてきた津原泰水(つはらやすみ)の「音楽は何も与えてくれない」もタイトルと裏腹に音楽に対する愛情のあふれた本だ。
話題の本だけあって、読み始めるとぐいぐい引き込まれるユヴァル・ノア・ハラリの「サピエンス全史」
37人の文士を食という視点から探る嵐山光三郎の「文人悪食」

これらの本を片っ端から、同時進行で読み進めている。
さっぱり頭に入ってないのも無理ないわ。
こういう活字中毒を「目乞食」というらしい・・・。
なにかほかに言い方ないのかね?
P_20170507_131611_1


世間様は黄金週間とやらに突入して、西へ東へ行楽を求めて飛び回っているようだ。
こちとら、ゴールデン・ウィークもプレミアム・フライデーも一切関係なし。
粛々と日々の務めをこなすだけだ。
そういえば世の中に出てからというもの、ゴールデン・ウィークもなければボーナスってぇのも一度ももらったことがない。
これも高校中退者の定めってやつだべか。
ま、もちろん自業自得ってやつですが・・・。
mainVis

p1いつもなら今時期は、夫婦でに出ているころなんだが、今年はちょいとおあずけだ。
原因はというと、わが家のマイカー。
一応おフランス生まれで、ルノーから出ているカングーという車種だ。
おフランス車といっても、地元では郵便や配達などに使われているという準商業車
荷物がたくさん積めるのと、なんとなく愛嬌のあるルックスが気に入って五年ほど前に購入。

しかしこのマドモアゼル・カングーときたら、なかなかの金食い虫なのだ。
2e5393e19bad91de943830414668a450このご時世にハイオクで、燃費もリッター10Kmそこそこ。
しかも買って半年もしないうちに、オルタネーターとやらが壊れて交換で十万近い出費
その後も走っている途中に、怪しげな音がしたと思ったら、エンジンを支えているボルトが折れたとか・・。
それはボルト一本だったので、車検の時についでに直してもらった。
車検もよくあるお安いところでは敬遠される・・というより、なかなか引き受けてもらえない。
前回の車検でやっと見つけた工場が大当たりで、技術もあり比較的安い。

640d153721a92e6201985884255c8e8f4fd9b7f71468595851が、今回の車検では、定期的に取り替えなければいけない部品があって、それを含めると約18万円とのこと。
タイミング・ベルトとウォーター・ポンプという壊れると取り返しの付かない部品らしいので、仕方がないとお願いした。
するとすぐに電話が来て、開けてみると、あれやこれや交換しなければならないところが出てきたという。
で、お値段は一気に25万円ほどに跳ね上がった。
ゴールデン・ウィークのため、部品の取り寄せに時間がかかるので、出来上がりは5/10すぎらしい。

ってなことで、旅行計画どころの騒ぎじゃなくなり、日々マダムの嫌味を聞かされつつ、針のむしろに座っている。
それにしても代車の快適なこと
アイドリング・ストップにエネ・チャージ、室温も自動調整、ボタンひとつでエンジンスタートときた。
まったく日本車ってはいたれりつくせりですな。

th2

090714jo-thumb子供の頃は今よりずっとラジオやテレビで落語をやっていた。
何気なく聴いているうちに、だんだんと好きになり、そのうち興津要の「古典落語」なんて本まで買うようになった。
文学や芸術より、漫画と落語とロック・ミュージック
どうりでこんな大人が出来るわけだ。

さてその落語だが、いまいちピンとこなかったのは、貨幣価値
「その頃は十両盗むと首が飛ぶといいまして、九両三分二朱までは大丈夫だったそうでございます」と志ん生にいわれても、「十両ありゃあ一年遊んで暮らせる」と金馬にいわれても、十両っていまの金にするといくらだかわからない。
ものの本によると、江戸時代は貨幣価値もかなり変動し、江戸初期と幕末では倍近くも違うらしい。
9793a23ac99ec62e3308c0e4f7d4666dしかし大まかにでもわかっていないと、文七が落とした五十両がどれくらいなのか?そば屋がかすめとられた一文がどれくらいなのか?実感がわかない。

で、ちょうどよさそうな本があったのでいろいろ見てみると、一両は安い時で今の五万円ほど、高い時で十万円ぐらいだったそうだ。
だとすると、十両ありゃあ・・・って今の百万ぐらい?
百万円で一年寝て暮らせるか?・・とも思うが、その当時は物価も安く、ほとんどの町人は今でいうミニマムな暮らし向きで、あまり金がかからなかったようだ。
家は一般的な裏長屋の九尺二間(2,7m☓3,7m)で、ひと月四百文。
風呂なし、トイレ共同、1Kでひと月¥8,000ってところだ。
風呂は近所の湯屋で、風呂銭が¥120、体を洗う糠袋が¥40。
小腹が減ったので、屋台のそばを食べると¥320。
P4200046
(ちなみに稲荷ずしは今の四倍ぐらいの大きさで売っていた)

そんなことを考えると、たしかに十両ありゃあ一年は・・って話もうなずける。
200x200_P2_G3145294Wただ思っていたよりもずっと高価だったものもかなりある。
たとえば傘は高級品で、一本¥16,000もしたという。
なるほど「金明竹」で、傘を貸すのを渋るわけだ。
時代劇などで、好きな女の子に櫛を贈ったりするが、柘植などの木に蒔絵を施したもので¥20,000から¥40,000、鼈甲あたりの高級品だと4、50万はした。
もっともいまの百均のような店もあり、なんでも三十八文(¥760)で買えるところもあったらしい。

一番気になっていたのが富くじ
ほとんどが百両(一千万)が一番富だったが、「富久」のように千両富もあったらしい。
くじの値段は二朱(¥12,500)ぐらいだったが、久蔵の買ったのは千両富だったので、一分(約¥25,000)
そうなると「懐にあるこの一分、親とも兄弟ともたとえがたい。今別れると今度いつ会えるやら・・」と借金まみれの久蔵が惜しむのもわかる。
金の価値がわかると、落語を聞く楽しみ方も少し変わるかも。

ちなみにこの本は、いずみ朔庵著の「財布でひも解く江戸あんない」です。
_SX349_BO1,204,203,200_

090518突然ですが、宝くじで七億円当たったので、タヒチに引っ越します。
長らくお世話になりました。ではアディオス!

・・・と、せっかくのエイプリルフールなので、小学生みたいな嘘を一発かましてみました。失敬!
だいたい宝くじもなにも、買わないものは当たらないのが道理。
しかもわれわれ夫婦には、くじ運なんてものはこれっぽっちもない。
地道に稼いで、これからも芦別でほそぼそと生きていきます。

「2月は逃げる 3月は去る」とか毎年のようにいっているけど、今年の3月は「散々」の3月だった。
月はじめに二人そろって風邪をひいて寝込むわ、身内のように親しくしていたお客さんは亡くなるわ、月末にはまたそろって風邪で寝込むわと、ふんだり蹴ったりの月だった。

dylan17去年の暮れに突然入院することになったそのお客さんは、入院してたったの三ヶ月ほどでこの世を去った。
68歳のあまりに早すぎる死だった。
あまりに突然の事だったので、いまだに実感がまったくわかない。
ほとんど毎日のように、ディランのカウンターに座っていたので、まるで同居家族のようだった。
秋ごろに尿の調子が悪く、出づらかったり、頻尿だったりするといっていたので、てっきり前立腺や腎臓の病気だと思っていた。
かかりつけの病院で検査してもらったが、どうにもわからないので、札幌の病院で診てもらったところ、結果はまさかの肺がん・・・しかもステージ4だという。
若い頃はヘビースモーカーだといっていたが、もう何年も煙草は吸っていない。

NHKで特集をしていた「プレシジョン・メディシン」という治療法に望みをかけて、北大に転院しようとしていた矢先に亡くなってしまった。
今年のはじめに一度手紙が来て「飯もうまいし、まったく死ぬ気がしません」と書いてあったので、知らせが入った時は愕然としてしまった。
913a48c3a2164f61d74bf7f31af178bc

メールで送られてきた「酒求め 雪の向こうに 赤い窓」という一句が辞世の句になってしまった。
自宅から夜歩いてくると、通りのむこうにディランの窓は赤く見えるといっていた。
返句に「主待つ 湯割りグラスも 淋しげに」と送った。
あれから毎日、カウンターのいつもの場所でウイスキーの湯割りが、主をき待っている。
合掌・・・。
tm_P1040065

2014kakuteiposter3月の一大行事、確定申告も先日無事終了。
今年は去年のように年度をまちがえて!打ち込むこともなく、至極順調に終えることができた。
この場所に移転してもう17年にもなる。
それを機に申告も青色にし、専用ソフトを買い込んで申告するようになった。
最初の頃はちんぷんかんぷんだった会計用語も、少しずつネットで調べたりしているうちに、なんとなくわかるようになってきた。
以前のように電卓を脇において、いちいち数字を書き出していた頃とは、段違いに楽になった。
次々と数字を入れていくだけで、きちんと仕分けも計算もしてくれる。
なんとも便利なものだ。
それにしても、この複式簿記という便利なものはだれが考えだしたんだべね?
やっぱりユダヤ人あたりだべか?

ってなことで、すぐに調べられるのがネットのいいところ。
9c1860d7e92d52aaa0e9a76e48143372「簿記の歴史と前提」なるHPによると、「13世紀から15世紀イタリアの自由都市(ベニス・ゼノア・フローレンスなど)の商人が、地中海貿易で栄えた頃に発達した会計技術(ベニス式簿記法)」が始まりらしい。
するってえと、「ベニスの商人」の悪徳金貸しシャイロックも複式簿記だったんだべかね?
ま、なんにしても今年も無事に申告が終わったのは、めでたいめでたい。

陽気もだんだん良くなってきたし、雪解けも進んで春もすぐそこまで来ている。
申告終了を祝して、温泉一泊の旅とでもしゃれ込むか。

onsen!top

このページのトップヘ