泥酔亭の成り行き日記

カテゴリ: 原発

20161021222913073とても現実のこととは思えないような、あの東日本大震災から6年が過ぎた。
いまだに12万人以上の人たちが、不自由な避難生活を送っているという。
無理にでも幕引きを図りたい政府は、4月までに大熊、双葉両町と、南相馬、浪江、富岡、飯舘、葛尾5市町村の帰還困難区域を除いて解除する。
そんなことをされなくても、帰りたいのはやまやまだ。
あの原発事故さえなければ、とっくに多くの人たちが故郷に戻っているはずだ。

その原発といえば、"アンダー・コントロール"どころか、収束とはほど遠い有りさまで、処理費用、倍賞も当初8兆円といわれていたが、今では21兆円を超えるという。
賠償の2,5兆円のうち2,4兆円は「昔から原発の電力を使ってきた」という理由で、新電力を含めて電気料金に上乗せされる。
そんなことをいわれて「なるほどもっともな話だ」と思う国民はいるんだろうか?
しかも仮に20兆円を費やしても、事故が収束する見込みはない。
i_up01_leftないどころか、どのようにしていいかだれもわかってはいないのが現実だ。

で、この北海道もなにやらいろんな理屈を付けられて、2度も大幅に電気料金が上げられた
泊発電所を再稼働させれば利益が出るはずだから、そうなったら値下げさせていただく」といっていたが、それもいつのことやら・・・。
いざその時になっても「思ったほど利益が出ないので、今のところ値下げは見送りたい」と言わないとは限らない。

しかしいまいちよくわからないんだが、震災の後、今まで電気を湯水のように使ってきたことを反省して、国民全体の流れとしてみんな節電に精を出した
永井龍雲s高田渡sks値上げやれ24時間の自動販売機がムダとか、パチンコ屋のネオンがよくない、ご家庭もLEDにしろだのいろいろと節約した。
で、思うのは、節電するとなにがどうなるってんだべか?
みんなが節約した電気ってのは、どこかに貯めておいて必要なときに使えるものなのか?
節電すると、電力会社は得するのか?
家庭としては、毎月の電気料金が安くなってありがたいが、電力会社の方は売上が下がるんで「値上げ」ってことになる。
ってことは、国民は値上げしてもらうためにせっせと節電してるってことなのか?

泊の原発は今のところ再稼働までいつまでかかるかわからない。
値上げしっぱなしの電力会社から、新電力会社に乗り換える人も増えている。
新電力の方も、その流れがいいものだから、「再稼働しないほうがありがたい」といっている。
ってことは、またもや利益が少なくなった電力会社は値上げするんでないのか?
20140917022347
原発から出るゴミの処理も決まっていない、なにかあったときにも対処する方法がない
だけど、再稼働しなきゃ会社は保たない
どっかおかしくないべか?この図式・・・。
高校中退者の脳みそじゃとても理解できんわ。
ま、家計のために節電はするけどね。


IMG_20160509_193441月日の経つのは早いもので、あっという間に2月になってしまった。
1月は、懐かしい顔にもたくさん会えたし、常連さんとも新しい年を喜び合った。
が、年賀状を出した先から一通の手紙が届いた。
奥さんの名前で書かれたその手紙には、「主人は一昨年の12月に急逝いたしました」と書かれていた。
となり町から時々来てくれていた人で、音楽が好きな明るい人だった。
持病があったので、あまり飲みに出ていないものと思っていた。
なんでも検査の時に、心臓血栓と腎臓がんが見つかり、治療していたという。
経過も良好で通院することになり、自宅に戻ってきていた時に急性心筋梗塞で、あっという間に亡くなったという。
享年64歳
今の時代では早過ぎる死といえる。
あらためて、人の命のはかなさを痛感した。

th-hi-00237no04m[1]それにしても、ここ数年まわりではこんな風な突然死が多い
自分の周りだけかもしれないが、心臓であったり脳であったり、老若男女問わず突然死んでしまう人が多い。
それとならんで難病にかかる人も多い気がする。
自己免疫性疾患といわれる自分の免疫が自分自身を攻撃する病気が多い。
「全身性エリテマトーデス」「ギランバレー症候群」「重症筋無力症」「クローン病」「バセドウ病」・・・。
どれも原因はわからず、決め手となる治療法も見つかっていない。
ふだん健康な人でもある日突然発症するから恐い。
原因がわからないので、予防のしようがないのも恐い。
治療法が確立されていないから、完治しないのがまた恐い。
マスクをしてようが、手洗いうがいをしてようが、禁酒禁煙をしようが、ウォーキングをしようが病魔はおかまいなしに襲ってくる。

TKY201103240468ある人は突然死や難病の原因を原発事故の放射能のせいだといっていた。
またある人は、そういう人たちのことを「放射脳」だといって笑った。
チェルノブイリやスリーマイルの事故があった時は、あれほど騒いでいたはずなのに、今同じ国内で依然として放射能が撒き散らかされているのに、何事もなかったように暮らしている。
本当のことはどうなんだろうか?
マスコミなどに頼らずひとつひとつ、自分で真実を見つけていくしかない。

少なくとも我が国のトップが胸を張って世界中に宣言した「福島は完全にコントロール出来ている」ということが間違いだということだけは確かだ。
もっとも「福島」の部分を「日本国民」に入れ替えれば別だが。
index

841be2c041e3b88305928e989bec7d85

A-ZFPyYCMAA-5Wy原発をバカスカ作ってきた自民党が返り咲いたおかげか、電力関係も再稼働を含めて強気な発言が増えている。
このあいだも、広瀬東電社長が「福島第一原発から新たに放射性物質が放出されているのではなく、一度拡散したものが雨風で動いている状態だ。避難区域外の賠償を今年8月分までで打ち切る」と発言した。
そのうち、御用学者とマスコミに手を回して、安全宣言を出し住民を帰還させるつもりに違いない。

原発推進者にいわせれば、多少の?リスクはあっても、ほかの発電方法はコストがかかりすぎるので、原発が必要だという。
規制委員会がいくら活断層の危険を指摘しても、自分たちの損失を考えたらおいそれと廃炉に舵取りはできない。
そこで、推進派は、天然ガスや石油は、輸入なのでコスト高という理論を展開する

futu_tech_seki_inde01_lが、しかしどのマスコミもほとんど取り上げないが、そこらへんをクリアする発電技術が開発されている
それは「クリーンコールパワー研究所」が研究している「
超臨界圧石炭火力発電システム」。
HPの説明によれば「石炭ガス化複合発電は、石炭をガス化し、C/C(コンバインドサイクル発電)と組合わせることにより、従来型石炭火力に比べ更なる高効率化を目指した発電システムです」ということだ。
くわしいことは、HPにわかりやすく説明されている。

このクリーンコールパワー研究所は福島県いわき市にあり、北電をはじめ全国の電力会社9社が株主になっている。
この画期的な発明により、国内の石炭だけで100年以上の発電需要をまかなえる計算になるという。
実験はすべて成功のうちに終了し、来年の四月には実用化される。
さっそくインド、ポーランド、インドネシアから受注が来ているという。
二酸化炭素の排出量従来の20%減であったり、燃焼効率も抜群なので国内にある『クズ炭』も利用できるといいことづくめ。
pic_dp_summery

ってことは、もしかすると芦別の炭鉱にももう一度出番が回ってくるかもしれない。
asibetu10



やっぱりやるとは思ってはいたが、ここまで国民を舐めた発言をするとは思わなかったわ。hanntai1
何がって?あの野田メタボ野郎の大飯原発再稼働容認会見!

いくら政治家の言葉が軽くなったとはいえ、これだけはっきり人命のかかっていることを、舌先三寸のしかも完全に論理破綻している会見をいけしゃあしゃあと言い切るとは。
あきれるを通り越して薄ら寒くなった。
こりゃ完全に狂人の域だわ。
日本は気違いの独裁者の手で滅びに向かっているとしか思えない。

ただ怒りにまかせて書きなぐっても仕方がないから、ちょっと軽く頭を整理してみる。
Twitterにも書いてあったことだが、日本の国土は世界の0.07%。
この日本に世界の全火山の7%があり、 そこで全地震の10%が起きている。
そして、ここに世界の原発の13%があるという現実。
そして、そこで未曽有の原発事故が起きて、現在も収束していない。(ドジョウの頭の中では違うらしいが)。

今回の福島原発事故でハッキリしたことは、今までの安全対策では事故を防げない、事故に対応できないということだ。

ましてこの大飯原発ときた日にゃ「防波堤かさ上げなし」「免震重要棟なし」「非常用発電装置分散なし」「水素除去装置なし」「住民避難計画なし」のおそまつさ。

hanそのことには一切目をつむったまま、あのドジョウ野郎は
福島クラスの地震・津波が来ても、事故を防止できる対策と体制は整っている。
万が一すべての電源が失われる事態でも、炉心損傷に至らないことが確認されている。
実質的に安全は確保されている、と断言した。

これがキチガイでなくてなんなんだ?
しかも「国民の生活を守る」のが判断の基軸と言い放ち、「仮に計画停電を余儀なくされ、突発的な停電が起これば、命の危険にさらされる人も出ます。仕事が成り立たなくなってしまう人もいます。働く場がなくなってしまう人もいます」と恫喝とも取れる発言まで飛び出す始末。
このバカ野郎は、福島の事故で生命の危険に晒されている人達の前でも同じ発言をできるのか?

「電力価格が高騰すれば、ぎりぎりの経営を行っている小売店や中小企業、そして、家庭にも影響が及びます」ともいったが、小売店や中小企業の皆様は消費税増税や電気料金値上げのほうが影響でかいんだわ!
官僚の作文を棒読みするだけの空気人形。
オツムの中にも脂肪が詰まってらっしゃるらしい。
すみやかに引退して、しかるべき治療を受けたほうがイイ!

「あらゆる恐怖の中でもっとも恐るべき恐怖は狂気にとりつかれた人間である(シラー)」
まさにこの言葉を実感しているわ!
gen


いやはやアズミのライブが終わってからこっちドタバタしていて気がついたら、もう3月も終わり。azumi1201
まさに「光陰テポドンのごとし」ですな。
外の雪も順調に溶けて、そろそろ花の便りも聞こえて来るかと思っていたら、今日明日と大荒れで北海道は吹雪くところもあるという。
今年の春は足踏みがお好きなようだ。

いくら陽気が良くなっても、暦の上に春が来ても、我がニッポンは長い氷河期に突入していくようだ。
「高速は無料にします」
「授業料はいりません」
「子どもにおこづかいあげます」
「天下りは根絶します」
「財源は心配いりません」
「五年間は消費税は上げません」

misyuどれひとつとしてまともに出来もしないくせに、のうのうと「政権与党」を名乗っている素人詐欺集団。
マニフェスト破りというより、完全な詐欺行為じゃないか。
この連中が復興を遅らせ、庶民の生活を今以上に苦しくさせ、既得権益者がうまい汁を吸う(権力者たちだけに)素敵な社会を着実に作り続けてくれている。
なんともとんでもない連中に政権を預けてしまったものだ。
かといって、野党はどうかというと、これまたなんとも頼りない。
前門の虎後門の狼・・というより、犬の糞と猫の糞。
どっちがいいといわれてもなぁ・・・。

瓦礫問題ひとつにしても、地元で処理できないだの、復興の妨げになっているだのいっているが、地元としては、それ以前にやってほしいことが山のようにあるといっている。
しかしどんな要望をしても、役所の厚い壁に阻まれて、一歩も動けない。
しかも瓦礫問題は利権まみれで、調べれば調べるほど胡散臭い話のオンパレードだ。
たとえば「ただちに健康に影響が出るものではない」発言の枝野幸男の父親は、北関東地区の産廃業者のドンだという。
gareki

知恵を出せば地元でも処理できるというのに、がれき処理の広報予算だけで15億を計上している。
そういや昨日の新聞にも一面を使って、綺麗事が載せられていたわ。
原発関係者の中では「廃炉と除染で何十年も食える」とうそぶく連中もいるという。
それにがれき処理が乗っかれば、どれだけの金が動くことやら。
15

そうなりゃ国民の健康なんざ考えていられない。
もう一発デカイでもくりゃ、この国も少しは目が覚めるんだべか・・?

このページのトップヘ