泥酔亭の成り行き日記

カテゴリ: 音楽

Chuckかまやつひろしの思い出にひたるまもなく、今度はR&Rのスーパー・レジェンド、チャック・ベリーの訃報が届いた。
去年、90歳を記念してニュー・アルバムをリリースするというニュースを聞いて、こりゃ100歳まで生きるな、と思っていた矢先の知らせだった。
レコーディングのコメントには、今まで苦労をかけてきた奥さんに捧げるというひとことが添えられていた。
リリースされれば前作「ROCK IT」からじつに38年ぶりのニュー・アルバムということになる。
先日、死因が発表されたが「自然死」となっていた。
大仕事をやり終えての大往生ってわけだ。

38年間、新しいアルバムを出していないので、チャック・ベリーをベスト盤でしか知らないひとがほとんどではないだろうか。
chuck2そうなると、あの同じようなイントロとコード進行でどの曲も同じに聴こえるかもしれない。
代表曲「ジョニーBグッド」と間違えてしまうような曲もたしかに多いが、オリジナルのアルバムを聞けば想像以上にバラエティに飛んだ曲を作っている。
そしてなんといっても、チャック・ベリー独特の「間」、ビート感はだれにも真似ができない。
まさにチャック・ベリーの前にチャック・ベリーなく、チャック・ベリーのあとにチャック・ベリーなしである。
ジョン・レノンが「ロックンロールにもう一つの名前をつけるとしたら、チャック・ベリーだ!」といったのもうなずける。

q1959年14歳のウェイトレスを連れ回し州境を超えたという罪で、懲役5年と罰金5,000ドルという刑を受ける。
懲役は3年に減刑されたが、その後の偏見や不遇で、偏屈な性格に磨きがかかった。
苦労したせいか金銭にもうるさく、契約になければアンコールもしなかった
いつも抱えているギブソンのES-345というギターも、かなり愛着がある愛器なのかと思えば「ギターは毎年買い換える。経費で落とせるからだ」とインタビューで答えているの見て驚いたことがある。
1981年には初の来日をしているが、その二年前には脱税で逮捕されている。
バンドを抱えると金がかかるってんで、ツアーの時は現地のアマチュアを使ったりもしていた。
そのせいか残っている映像を見ると、バンドとしての完成度はかなり低い。
どれもチャック・ベリーの強烈な個性だけで押し切っている。
cberryhail
キース・リチャーズはそんな記録しか残っていないことを嘆いて、きちんとしたものを残しておこうと「ヘイル・ヘイル・ロックンロール」という映画まで制作した。
もちろんその中でも、ライブの真っ最中にキースに「曲のキーを変えたい」といういかにもチャックらしい一コマがある。
なにしろ音楽から生き方、エピソードまで、いまのミュージシャンにはない強烈な個性があった。
映画の中の植木等のような飛びっ切りの軽さと明るさ。
チャック・ベリーが死んだと聞いて、なんだか世の中がいっぺんにつまらなくなった気がする。

ちなみにニュー・アルバム「CHUCK」は、6月に発売が決まったという。


dylanこの場所に引っ越したとき、おびただしい数の本、レコード、CDのほかに大量にあったのがビデオテープ
音楽関係のものも多いし、ドキュメンタリーやドラマ、落語関係やなんやかんやで段ボールに何箱もあった。
落ち着いたらDVDにでもしようと思っているうちに、あっというまに時間が過ぎてしまった。
このあいだ古い写真を整理したついでに、ビデオも整理しようと、少しずつ引っ張りだしている。
が・・なにしろすごい数だ。
ひとまずゴミ袋に3つほどは捨てた

で、残ったものの中で面白いのは、以前ディランでやったライブの映像
あたりまえだがどのミュージシャンも若いし、元気がいい。
ダビングしながら、過ぎた年月の長さを味わっている。
このあいだもふとビデオのタイトルを見ていたら、「ディラン15周年記念パーティー」と書いてあった。
これはちょいと貴重な映像だ。

1998年にミュージック・ハーベストを企画した時に、プロモーションを兼ねて、15周年記念パーティーを思いついた。
場所はスターライトホテルのホール。
当時の市長さんをはじめ、200人近くの人がお祝いにきてくれた。
bonsai余興のメインは藤井康一率いる「ボンサイ・ブラザーズ」
会場の真ん中には、お客さんが送ってくれた国稀「鬼殺し」の一斗樽
2時間の予定だったパーティーは延々4時間近く続いた。
もちろんお客さんはベロンベロン、一斗樽の国稀はきれいになくなっていた。

そのときのビデオをデジタル化したが、いかんせんノイズがすごい。
でも貴重な映像なので、ボンサイ・ブラザーズの部分だけを編集してフェイス・ブックにアップした。
もちろんライブなので、際どすぎてアップできない部分もあった。
それは門外不出として封印しておこう。
ほんの一時期だけ活動していた幻のバンド「ボンサイ・ブラザーズ」の貴重な動画。
ぜひ見てください。

20170302s00041000468000p_thum夫婦そろって風邪をひいていたおかげでほとんど外出をしないうちに、巷は雪解けが進んですっかり春模様だ。
予報でも、このあいだの吹雪で降雪のピークは過ぎたといっていた。
これから一日一日春が近づいてくる。
なにをしようってわけでもないが、なんとなくウキウキした気分になる。

そんなところへ飛び込んできたムッシュことかまやつひろしの訃報
ここ数年、自分に音楽のすばらしさを教えてくれた多くのミュージシャンが旅立っていった。
かまやつさんを初めて知ったのは、スパイダースの頃だったはずだが、初めて意識したのはソロになっての「どうにかなるさ」を聴いた時だった。
白黒テレビの向こうで、ピアノの前に座ったムッシュが作曲をしていて、そのバックに「どうにかなるさ」が流れていた。
一度聴いただけで、メロディがずっと頭のなかに流れ続けていた。

275000次に見たのもテレビで、日曜の昼間、愛川欽也と「キンキン・ムッシュのザ・チャレンジ」という番組の司会をしていた。
その後の「イカすバンド天国」のハシリのような番組で、アマチュア・バンドの勝ち抜き合戦みたいな番組だった。
そのオープニングで、ムッシュがシルクハットにタキシードというスタイルで、オリジナルのロックを歌いながら登場した。
子供心に、まるでミック・ジャガーのように見えてえらく感激したものだった。

同じ頃、ラジオでも「フォーク・ヴィレッジ」という番組の司会をムッシュがやっていた。
こちらは「ザ・チャレンジ」と同じような趣向の番組だが、ジャンルはタイトルにもある通りフォーク・ソングのオーディション番組だった。
そのオープニングにムッシュの曲が流れるのだが、いくら探してもその曲がわからず、今でも聴いてみたい曲のベスト10に入っている。

o0320032013880975916そうしたジャンルを問わないムッシュに対して、一部の音楽ファンは「節操がない」とか「風見鶏」とかいって批判をしていた。
ロックの会場では「フォーク野郎」と野次られ、フォークのライブでは「芸能人!」とののしられ「帰れコール」を浴びせられた。
今から考えると、頭でっかちのお門違いな批判だが、そんな心ない批判にもムッシュは一度も反論せずに、ただ好きな音楽をやり続けていた。
その姿は今思うと、ボブ・ディランにも通じるものを感じる。
エレキ・ギターを持っては非難され、ゴスペルを歌ってはボロクソに言われても、やりたいことをやり通したディランとダブって見える。

ムッシュはいつでもスマートでスタイリッシュだった。
生き方すべてが風流で気負いがなく、粋な人だった。
今ごろはゴロワーズでも吸いながら、大好きなブライアン・ジョーンズとセッションでもしているかも。
サンキュー、ムッシュ!
いつも素晴らしい音楽と人生のお手本をありがとうございました。


P_20161218_21544012/18上富良野のアコースティック・デュオ「シュマリ」のご夫婦が、遊びに来たいというので、楽器のできる人間を集めて、ジャカジャカと適当に遊ぼうということになった。
ってことで、とりあえずライブの常連O氏と、気鋭の青年実業家Nに声をかけた。
O氏はアコースティック・ギター、Nはベースを弾く。
ドラムをセットするのも大変なので、リズム系はジャンベとタンバリンにした。

シュマリの方は、SNSを通じて酒屋のTちゃん夫妻に声をかけ、Tちゃんは音楽仲間の「楽器〜」を誘った。
bonen01「楽器〜」はお向かいに住むビートルズ好きのギター・マニアMちゃんご夫妻を誘い、自分のバンドのボーカルEちゃん夫妻にも声をかけた。
ちょうどその頃店に来ていたE籐くんとHくんに声をかけると、E籐くんはカホンを、Hくんは三味線とクラリネットを持参して、参加してくれることになった。
こちらとしては、当日どれぐらいの人が来るのかまったく把握しておらず、適当にセッションでもしようぜ!というノリだった。

開店してしばらくすると、続々とみんなギターやアンプを下げて、集まりだした。
E籐くんは同じ職場のギター青年N出くんも誘ったという。
で、集まった音楽好きは総勢15人
その中で楽器を弾かないのは4人だけというミュージシャン過密状態だ。
P_20161218_221433

P_20161218_223328とくに曲も決めていないので、最初はダラダラと音合わせなどをしていたが、ここは主賓である「シュマリ」に先陣を切っていただくことにした。
さすがライブに慣れているだけあって安定の演奏で会場を和ませてくれた。
お次は、エピフォンのエレアコを持参したN出くんの登場。
なにやら秦基博?のヒット曲らしいが、昨今の流行り歌はしらないのでよくわからなかったが、透明感のある歌声に女性陣はうっとりと目をうるませていた。
で、今回のダークホースHくんは、三味線を抱いて登場
「会津磐梯山」「秋田ナット節」などで、会場を沸かせに沸かせた。

そして満を持して、楽器〜、Eちゃん、Mちゃんの即興トリオで、クリスマス・ソングなんぞを小粋にご披露。
遅れてやってきたベースマン・Nもベースを弾くより、ふだんのストレスを発散させるように、シャウトしている。
とまぁ、そのあとはセッションのようなライブのような、宴会のようないろんな楽器と笑い声の響くよくわからない時間が過ぎていき、真夜中を過ぎてようやく解散。

それにしても、よく笑い、歌い、飲みまくった夜だった。
次の日、参加していたみんながSNSで「忘年会」と投稿していたが、あれは忘年会だったのか?
ま、行き当たりばったりのいかにもディランらしい年の瀬の一コマだった。

P_20161218_235420

bob16日の遠藤ミチロウ・ライブで、いちおう今年のライブも終了した。
ゆっくりと紅葉でも・・なんて思っていたら、昨日の早朝どでかい落雷とともに冬がやってきた。
まだ根雪にはならないが、急に冷え込んで、冷たい風が吹き荒れている。

さて、ミチロウさんのライブでも話題にのぼったが、ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞した。
音楽家では初めての受賞らしい。
当然、あちこちから非難の声が上がっている。
ミチロウさんいわく「漫画家が芥川賞取ったようなもんだ」。
たしかにいくらつげ義春が漫画の世界に文学的表現を持ち込んだといっても、芥川賞なんか受賞したら、作家はじめ評論家あたりに袋叩きにされるべね。
つげ
ま、ディランは別にほしがってたわけでもないようで、まったく連絡が取れないらしい。
するとまたまわりは「自分にふさわしくないから人前に顔を出せないんだろう」とか「身の程を知ってるなら辞退すべきだ」などといってる。
bob2ま、それはそれとして、受賞が決まった時はテレビでも速報が流れたようで、知り合いの寿司屋の親方からマダムに「ボブ・ディランノーベル文学賞受賞おめでとうございます」とメッセージが届いた。
するとほどなく道新の支局長から電話が来て、コメントをもらいたいという。
といっても、こちらはただのファンなので、「すごいですね」というぐらいしかない。
次の日の朝刊には「音楽における詩の可能性を広げた」なんて、しゃれたコメントが載っていたが。

そのあともいろんな人から「おめでとう」メールがたくさん来たが、ディランの名前を三十有余年、無断借用しているだけなので、なんといっていいのやら・・・。
すると翌日の昼過ぎ、チャイムとともにSTVテレビまでやって来た。
3時間ほどああでもないこうでもないと、いろいろ撮影して最後にコメントを撮られたが、どうせカットされるだろうと思い、ダラダラとしゃべっていたら、うまいことつなげてそれらしく放映されていた。

bob3  その夜はいろいろなお客さんから、「おめでとう。まぁ飲め」と、受賞に便乗させていただき、たいそうごちそうになった。
受賞特需も一日で収束し、世間もあっという間に静かになった。
若い頃から賞賛と同じぐらい非難されているディランにとっては、今さらガタガタ言われても柳に風と聞き流していることだろう。
エレキギターを持てば「裏切り者」といわれ、タキシードを着てライブをすれば「ラスベガスのショー」といわれ、作品と関係のないところで、さんざんグダグダ言われてきた。

なんのインタビューか忘れたが、ディランがこう言っている。
「なにも変わらない。詩を書き曲を作り、アルバムを作って、ステージで歌うだけだ」。
ディランがずっとやってきたのは、今も昔もこのことだけなのだ。

このページのトップヘ