泥酔亭の成り行き日記

カテゴリ: 読書

sakeいまでも連載しているかはわからないが、「酒の細道」という漫画がある。
作者はラズウェル細木といって、ほかにも何本かグルメ漫画を描いている。
タイトルにもある通り、俳句が趣味の酒好きな主人公が、様々な場面でいろんな酒を飲んでいく。
そしてラストシーンで一句。
よく考えると、吉田類の「酒場放浪記」も同じパターンだ。

単行本には作者の酒にまつわるエッセイも載っている。
あるときそこに「池波正太郎の食のエッセイが大好きだ」というようなことが書いてあった。
池波正太郎といえば「鬼平犯科帳」「剣客商売」などで知られる国民的大作家だ。
その頃は、池波正太郎のエッセイなんてのは見たこともなかったので、どんなものなのか読みたくてたまらなくなった。
しかし、今のようにネットで探すということもできない時代だったので、本屋へ行っては池波正太郎の棚を探していた。

ikeで、最初に見つけたのが「食卓の情景」
これがまた抜群に面白かった。
それから続けて「むかしの味」「散歩のとき何か食べたくなって」と手に入れた。
健啖家で知られた池波正太郎は、酒もイケるけど甘いものもイケる。
和洋中なんでもイケるし、大量にイケる。
とんかつを肴に熱燗をのむ場面なんてのもあるが、池波正太郎が書くと、とんかつの脂身を熱燗がスーッと流していくのが目に浮かんでくるようだ。
店のチョイスも素晴らしい。
構えの大小、歴史、伝統なんてところでは一切判断しない。
料理をつくる人、それを運ぶ人、接待する人、そしてそれらを全部含めた店の佇まい。
心の持ちよう
、それを大切にしていたようだ。

なにしろ文章に品があって、どんな食べ物、店を取り上げても、こちらの食欲を刺激する。
たとえば「私が映画の試写があった日の帰りなどに、[たいめいけん]に立ち寄り、二階の一隅の椅子にかけて、先ず、帆立貝のコキールと、ほどよく焼けたパンとで、ビールをのむとき、いい知れぬやすらぎをおぼえる」なんてのを読むと、今すぐにでも真似をしたくなる。
この文章を書いた頃の池波正太郎は五十代後半
今の自分とほぼ同じぐらいの年齢かと思うと、その差に愕然となる。
まさに大人と子供ほどの違いがある。

ああ、いつになったら池波正太郎みたいな粋な大人になれるものやら・・・。
一生涯無理だろうな・・・。
410_M


5_3854055230「甲賀忍法帖」「魔界転生」など奇想天外な小説で知られる山田風太郎に「人間臨終図鑑」という奇書がある。
これは古今東西923人の臨終の様子をつづってある異色作だ。
十五歳で死んだ八百屋お七から、百二十一歳で死んだ泉重千代まで、没年齢順に分類して書かれている。
図書館にあった文庫本は、全三巻に分かれていたが、一巻がずっしりと分厚い。
ネットもない時代に、よくもここまで調べたものだ。

これを読んでいると、「人と生まれたからにはだれにでも必ず死は訪れる」ということを再認識させられる。
財産があろうと、信仰心があろうと、無残な死を遂げる人も多いし、極悪非道な人生を送っても長寿で安らかな死を迎える人もいる。
まさに「老少不定 われや先 ひとや先 遅れ 先立つ人は元のしずく 末の露よりも繁しといえり(蓮如上人)」だ。

人によっては臨終の言葉も書かれていて、それもまた面白い(不謹慎か?)。
たとえば勝海舟は、「胸が苦しいからブランデーを持ってこい」といって、それをクイッとあけると、ひっくり返って、その二日後に「コレデオシマイ」と言って死んだという。
ゲーテの「もっと光を」なんかより、ずっとイカしている。
高杉晋作の「おもしろきこともなき世を面白く・・」もいいが、司馬遼太郎の「俄(にわか)」のモデルで明治の侠客「明石家万吉」の「ほな いてくるでぇ」もすごい。
まるで近所へ煙草でも買いに出かけるような調子だったという。
title-752

山田風太郎は生前中島らもとの対談で、一連の奇想天外な作品について「いや、徹頭徹尾無意味な小説を書こうと、十年か十五年書いていたら、それにしても無意味だと思ったもんだから(笑)」と答えている。
かなりユニークな人だったようだ。
対談した中島らもも、自分で予想していたように、酔って階段から落ちて死んだ
いまはこういう奇天烈な人たちは、ほとんどいなくなってしまった。
311a002d6a190708c9fb8519e7b855ba

toshibadb近ごろは電子書籍が、なかなかに幅を利かせてきている。
小説や漫画、グラビア雑誌や週刊誌まで様々なジャンルのものを読むことが出来る。
かなり整理したのだが、わが家には大量の本があふれかえっている。
その点、電子書籍は何万冊あろうと少しも場所を喰うことはない。
おまけにタブレットひとつあれば、どこへでも持ち出せる。
使いようによっては、えらく便利な代物だ・・・・が、根っからのアナログ人間なのか、どうにもなじまない。
少しは使わせてもらっているが、やはり本は紙に限る

13257105_546389102215732_1600252287_nで、どんな本を読んでいるかというと、これがまったくのノンジャンル
ちょっと興味があればどんな本にでも手を伸ばす。
好奇心だけは人一倍なので、なにか気になることがあるとすぐに関連の本を探す。
おかげで、茶の間、枕元、トイレ・・etcと、あちこちに本が散らばっている。
しかも、分裂症か?ってぐらい統一性のないセレクトだ。

たとえばいま読んでいるのは、俳優の山崎努の書いた書評「柔らかな犀の角」
さすが名優ともなると、様々なジャンルの本を読んでいるし、文章にも味がある。
その山崎努が大ファンだという池澤夏樹の「アトミック・ボックス」
日本で原子爆弾製造が計画されていたというミステリーだ。
そしてなぜかサトウハチローの伝記「ぼくは浅草の不良少年」
「サウス・バウンド」や「空中ブランコ」ですっかり好きになった作家、奥田英朗のギリシャ・オリンピック観戦記「泳いで帰れ」
「ユリイカ」は、輝く知性とユーモアに惚れこんだロシア語同時通訳の米原万里の特集。

142486_n芦別出身で現在となり町の赤平市でロケット開発をしている植松努はマダムの同級生
彼の「NASAより宇宙に近い町工場」は、まっすぐな人柄が文章にもよく出ている。
森繁久彌と勝新太郎の対談が秀逸な、文藝春秋ムック「スターの肖像」石原裕次郎の若いころのエッセイや小津安二郎の映画論なども載っていておもしろい。
池上彰の的を得た質問のおかげで、難解な生命科学がすっと頭に入る「生命のしくみ」もおもしろい。
身も蓋もないタイトルにひかれて借りてきた津原泰水(つはらやすみ)の「音楽は何も与えてくれない」もタイトルと裏腹に音楽に対する愛情のあふれた本だ。
話題の本だけあって、読み始めるとぐいぐい引き込まれるユヴァル・ノア・ハラリの「サピエンス全史」
37人の文士を食という視点から探る嵐山光三郎の「文人悪食」

これらの本を片っ端から、同時進行で読み進めている。
さっぱり頭に入ってないのも無理ないわ。
こういう活字中毒を「目乞食」というらしい・・・。
なにかほかに言い方ないのかね?
P_20170507_131611_1


子供の頃は自他ともに認める?マンガ少年だった。sim
読むのはもちろん、ノートの余白、チラシの裏、はては地面にまで漫画を描き散らかしていた。
人並みに近所の悪童たちと外で遊んだりもしていたが、やはり好きなのは漫画を読んだり描いたりすることだった。

きっかけは何だったかよく憶えていないが、一番古い記憶は小さな頃クリスマスのプレゼントで買ってもらった一冊の漫画。
hqdefaultその名も「スーパー・ジェッター」。
一千年先の未来からやって来た知恵と力と勇気の子だ。
愛車?「流星号」に乗っかっては、世界に仇なす悪人どもを痛快にやっける正義の少年だった。
そこから先は月刊、週刊を問わずマンガを読み、アニメを見ては、マンガを描きまくっていた。

たしか小学四年生頃、少年ジャンプで「手塚賞」という漫画賞ができた。
賞金はなんと100万円
それで一気に未来の夢が漫画家になってしまった。
imge09f546ezik2zjちなみに「妖怪ハンター・シリーズ」「西遊妖猿伝」などで現在もひとつのジャンルを築いている鬼才「諸星大二郎」のデビューも手塚賞入選作の「生物都市」だった。

それから様々な紆余曲折、七転八倒、多事多難、五里霧中、悪戦苦闘を経てなぜか今の飲み屋稼業を生業としているが、酒、音楽と並んで今でも読書が大好きで、ジャンルを問わず乱読している。
さきほどふとネットを見ていたら、こんな宿屋の記事が載っていた。
なんと「泊まれる本屋」、その名も「BOOK AND BED TOKYO」。
今のところ1700冊の本がおいてあるという。
池袋西口から徒歩一分ほどのビルの中にあるというから、治安は別としてアクセスはいい。
P3220457

今度東京で泊まるんなら迷わずここだな!

 

102400=sなにがきっかけだか忘れたけど、近頃井上ひさしにハマっている。
なぜか今までほとんど読む機会がなくて、死んだ時も「ああ、吉里吉里人とかモッキンポットのなんとかって書いてた人だっけか」ぐらいにしか思わなかった。
あの「ひょっこりひょうたん島」の脚本を書いていたというのも、そんなニュースで知ったぐらいだった。

なにしろ学生時代は、猛烈なマンガ少年だったので、普通の人達が読んでいたような文学なんぞには、ついぞ手が伸びなかった。
おかげでマンガにゃ無駄に詳しいが、文学の方はさっぱりダメという大人が一匹出来上がった。225x225-75
その反動か、いい歳になってからは活字中毒のように色んな本を読みだした。
フィクションも好きだが、一番好きなのはノンフィクション・・っていうか人物伝
「本当にこんな人間がいたってか?」というスケールのでかい人間の話を読んでいるといつも胸が熱くなってくる。

おそらく井上ひさしを読むようになったのも、追悼番組でいろいろとエピソードを聞いたのがきっかけなのだと思う。
538263b7dec33fcdc64682f5af13d44dそしてアノ有名なひとこと「むずかしいことをやさしく,やさしいことをふかく、深いことをゆかいに、ゆかいなことをことをまじめに」を聞いたのが、興味をもったきっかけのような気がする。
やさしいことを、ことさらに難しく言い立てるのがさも賢いかのように中味のない言葉を並べ立てる連中の多い中、この井上ひさしのひとことはグサっと刺さった。

昨日読み終えた絶筆「黄金の騎士団」もテーマとしてはかなり難しいものだが、リズムもよくユーモアも利いていながら、深いところはコレでもかというほど掘り下げられている。
中身のことを書こうと思っているうちに、つい長々と書いてしまった・・・。
とにかく時間があればぜひ多くの人に読んでもらいたい一冊だ。
霊界通信でもいいからだれか続き書いてくんないかなぁ。

_AA300_

このページのトップヘ