泥酔亭の成り行き日記

カテゴリ: 病気

酒飲みにとってのバロメーターともいえるγ.GTP
若い頃からのたゆまぬ積み重ねにより、順調に右肩上がりの成長を続けてきた。
それでも二十代の頃は、いくら飲んでも異常値にならず、「俺の肝臓もたいしたもんだ」と調子に乗っていたが、三十代頃から100の壁を突破して数値はつねに三桁をキープするようになった。
で、そのうち百いくつだったのが、二百の壁を飛び越えてここ数年は三百を超えるようになっていた。
ganmagtphyou

γ-GTPちなみにこのγ.GTPというのはなにかというと、肝臓がアルコールなどを分解するするときに作用する酵素のことで、GTPとは「グルタミル トランス ペプチターゼ」の略
肝臓はなにもアルコールの分解だけが仕事ではなく、食べ物の消化を助ける胆汁酸を作ったり、元気のもとであるグリコーゲンを作ったり、アンモニアを尿素に変換したりとじつに多方面の活躍をしている。
しかも別名「沈黙の臓器」といわれるように、めったなことではグチもいわなきゃふてくされもしない。
労働者の鏡のような存在だ。

supportで、このγ.GTPはそのがまん強い肝臓の声なき声が、血液の中から聞こえてくるメッセージってわけだ。
アルコール分解や薬剤など、原因は様々らしいが、この酵素が異常に分泌されて血液中に漏れだすのがγ.GTPの数値になる。
ちなみに女性と男性は正常値が違っていて、女性は30以下、男性は80以下となっている。
なもんで、三桁を超えるってのはまちがいなく異常であり、それが三百を超えるなんてのは、言語道断!!
ウコンをのんだり、ヘパリーゼでしのいだりできる範囲を超えている。

ちょいと控えめにしてみるかってんで、心持ち晩酌を少なめにしたせいか、昨年の健康診断では396だった数値がなんと!!146に下がっていた
ついに肝臓バブル崩壊か?と、マダムの受診のついでに血液を採ってもらったら、243・・・・
なんとも微妙な数字だった。
これからまた上がり始めるのか、それとも下がっていくのか?と、ひとまず様子を見てこのあいだ二月の採血の結果を聞きにいった。

797ae187d52724ab2073fe7512b85aa7-246x200で、結果はというと初の四百代突破!!
見事なV字回復・・・。
おまけにだいたいセットで上昇する尿酸値も8.4
こいつも7を超えると異常値で、その先には地獄の痛みを伴う通風発作や透析などが待ち構えている。
ふだんは温厚な先生もさすがに、「尿酸値の薬を出します!! お酒は控えてくださいね!!」と、強めに注意された。
赤の他人の健康をここまで心配してくれて、仕事とはいえなんともありがたいことだ。
この気持ちを踏みにじっちゃ男がすたるってんで、本日から生まれ変わった気持ちで節酒に励みます!!

でもなぜ・・断酒といえなかなぁ・・・。
20160625161635

251551960去年はとても親しいお客さんが、3月と11月に亡くなった。
享年はどちらも六十代の後半
今の日本では早過ぎるといえる年齢だ。
そしてどちらも死因はガンだった。
方や肺がんと方や食道がんだったが、二人とも入院して三ヶ月も経たずに亡くなってしまった。
仮にIさんと、Hさんとしておくが、二人ともとても親しくしていただき、Iさんなどはほとんど毎日通いつめてくれた。
あまりに突然の訃報だったので、実感のわかないまま今日まで来たが、今ごろになって不在がかなりこたえてくる。

もはや国民病ともいえるガン。
二人に一人はガンになるご時世だとか。
新しい治療法も続々と発表されるし、民間療法も百花繚乱のにぎわいだ。
・・が、ガンの方もなかなかに手強く、いまだこれといった決定打は見つかっていない。
現場にいる医師たちも、なんとかしたいという思いはあっても、どうにもならないというのが本当のとこだろう。
treatment_1_01

lif1712300009-p2「AERA」という雑誌が今年、医師たち553人に行ったアンケートがある。
Q1の「特にかかりたくないと思うガンは?」は「第一、二期」「第三、四期」ともにすい臓がんがトップ。
理由は「効く薬がないから」「治療がしんどい」「現時点で有効な治療手段がない」だった。
で、選ぶ治療法のトップは、心身の苦痛を和らげる緩和ケアが56%
次いで化学療法の16%放射線と化学療法の併用が15%とほぼ同じ割合。
意外にも手術は8%だった。
年齢や体力、進行状態などにもよるだろうが、体にかかる負担のわりには効果が期待できないということなのだろう。

いくら文明が発達しても、人間が永遠に生きるような日が来ることはない。
またいくらなんでもそんなに生きた日にゃ誰だって退屈してしまうに違いない。
限られた寿命だからこそ、この世界が素晴らしく感じられるのかもしれない。
亡くなってしまった人の分までなどと大仰なことは考えないが、健康でいられる「いま」を楽しみ、故人を思い出すのが一番の供養かもしれない。

今でも店をあけると、ふたりがドアを開けて入ってくるような気がする。
ホントに来たら怖いけど・・・。

shimi_faceいつ頃からかは憶えてないけど、右の肩甲骨の下の脇よりのあたりに、1.5cm程度のの焦げ茶色のアザがある。
鏡で見ないとわからないようなところなので、ふだんは気にもとめてなかった。
それがこのあいだ風呂に入っている時にぐうぜん手が当たったら、なんとなく表面がざらついて、盛り上がっている気がする。
以前はただのシミのようなものだったので、こんな風にはなっていなかったはずだ。

そのときふと、以前芦別にいた外科医の言葉が蘇った。
一緒に酒を飲んでいる時に、「なんのガンが怖いっていって、メラノーマが一番怖い」と言っていた。
u4DSY_2B「メラノーマ」とは皮膚がんの一種で「悪性黒色腫」ともいう死亡率の極めて高いガンだ。
その外科医の話では、「下手にいじるとあっという間にあちこちに転移して、手に負えなくなる」という恐ろしい代物だ。
体中のどこにでも出来て、傷みもかゆみもないから、気がついた時には手遅れということが多いらしい。

さてそうなって、ネットで色々調べてみると、どれもこれもが当てはまるように思えてくる。
どう考えても何十年も前からあるので、それが今ごろになってメラノーマになるなんてことはあるまいと調べると、7、8年前からのシミがある日メラノーマに変わっていて、気がついたらステージ4でした!なんて、恐ろしい書き込みもある。
勝手な思い込みであれこれ考えていてもしかたがないので、総合病院の皮膚科で診察してもらうことにした。

g154820ネットによると検査と言っても、「ダーモスコピー」という拡大鏡のようなもので、見るだけなので時間もかからず痛みもないらしい。
朝早く起きて「生前贈与」「身辺整理」「遺言状作成」「各種保険申請」「辞世の句」etc...など色々なことを考えながら病院へ向かった。
一週間に2日しか診察日がないこともあって、皮膚科は押すな押すなの大にぎわい。
午前中の予約だけでも100人近い。
「こりゃあ医療費が四兆円突破するのも無理はないわ」なんて考えながら待つこと三時間半。
もうメラノーマも生前贈与もどうでも良くなった頃、ようやく呼ばれて診察開始。
診察一分弱で、結果は無事セーフ。
「大山鳴動して鼠一匹」・・・ただのシミでした。

ま、それにしても疑わしいところがあったら、すぐに専門医に診察してもらったほうがいいね。
なにしろ身に覚えは山ほどあるんだし・・。
_AC_UL320_SR200,320_
中にゃこういうことをいう人もいるみたいですが・・・。

このページのトップヘ